domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

にわかじゃなかった!?

a0138134_21482974.jpg

イラク戦、なんとか勝ちましたが、ホームの試合としては消化不良。

欧州組はシーズンが始まったばかりという状況を差し引いても、
選手のコンディションがまちまちで、
チームとして呼応し合っていない感がありあり。

川島に助けられた試合でした。

それにしても・・・本田が旅人系の俺様にならないことを願うばかりです・・。

ウッチーがいないので、少しだけテンション低めの飼い主です。

岡崎、マヤ、清武は顔つきが変わったなあと、しみじみ思う。
より精悍に、より厳しく男らしく。
気持ちの持ちようで顔つきが劇的に変わる、
その若さに垂涎の眼差しを向ける老飼い主・・。

そういえば、先日納戸から資料を出した時に
みつけたものが!

「にわか日本代表ファン」を自認している飼い主ですが、
実はそうでもなかった?

こんな物が…。
a0138134_2148478.jpg


1999年の日本代表や2000年のシドニー五輪予選の
試合パンフレットです。

シドニー五輪の予選は本山、稲本、中田浩二が好きで
国立に行ってました、けっこう。
たぶんもっとあるはず、探せば。

今観ると、小笠原とか、宮本とかその後の日本を支えた選手の顔が。

そうそう、その時代に遠藤を初めて観て
槙原敬之を最初に観たときとおなじ感想を抱いた記憶が…。

「この顔、放送禁止レベル005.gif」(失礼)

遠藤、あの頃より確実にいい男になっています。

1999年は、ユヴェントスファンであっても、
熱狂的と言えるほどのアッズーリファンではまだなかった飼い主。

日本代表の試合、生で観戦してたんですね。
サッカー好きとして。
チケットもすぐに獲れたし、その頃。

そして、こんなものも発見!

a0138134_2150434.jpg

生まれて初めて見たトヨタカップのパンフレット。
93年のものです。
この時に飼い主のイケメンセンサーが働いて
マルディーニファンにならなくて本当によかった。

そのセンサーは96年のデルピエロを見た時に
劇的に反応! 振り切れました、針。

それ以来、ユヴェントスファンです。
ほんと、93年に間違ってミランファンになっていなくてよかった。

バレージやパパンに反応しなかったことを褒めたい(?)

その選手のプレイはもちろん「顔」も含めた雰囲気が好きというのも
けっこう大切な要素だと言い訳をする飼い主・・。

デル・ピエロを好きになり、ユヴェントスを好きになり
今では誰が来ようと出て行こうと
ユヴェントスファンの飼い主。

そういえば仕事でお会いした、某有名スポーツライターさんも言ってました。

「マリオ・ケンペスがあんなにかっこよくなかったら、
これほどサッカーが好きにはならなかった」と。

男性ですらそれなら、女性はなおさらね!

さあ、お楽しみは終わり。
仕事に戻ります。
[PR]
by alexcorgi | 2012-09-11 21:51 | カルチョ/スポルト | Comments(0)