domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

ラグビー、死闘。

a0138134_10279.jpg

準々決勝以降すべてライブで見ているほど嵌ってます。
ラグビーワールドカップ。

どれくらい嵌っているかというと、先日プレミアの試合を見ていて、86分という表示に「ロスタイム長いな」何て思ったほど。
暫くして、あ、90分だったサッカーは…と、はたと気づきました…。

昨日はユーヴェの勝利で気を良くして、仕事があるのにラグビー観戦。
途中で眠るつもりが、あまりに濃い試合内容に最後まで見てしまいました。

全員が力の限りを尽くした死闘、でもいうのでしょうか。
血だらけ満身創痍なマッチョマンたちは、
アドレナリン過剰で痛覚を失った? と思えるほど。
鼻血を流してふらふらしながらも前に進みます。

格闘技ではないのに、格闘し。
紳士のスポーツなのに、野蛮。でも決して野卑じゃない。

サッカーのプライドをかけての『一対一』とはまたちがう、
プリミティブで、でも真摯な尊厳をかけた闘い。

オーストラリアの選手の消耗が心配です。

一方こちらは一日前に決勝進出を決めたオールブラックス。
a0138134_1113248.jpg

リッチー・マコウは決勝に出られるのでしょうか?
ラグビーってあまりパスがつながってトライするというイメージがないのですが、
オールブラックスだけは別。
あのダン・カーターのおしゃれなパスからのトライは鳥肌ものでした。
サッカーのスペースに出すパスと一緒、仲間を信じなければ出せないパス。
思わず夜中に立ち上がってしまったほどエキサイトしました。


ところで、ラグビーはJスポーツでみているのですが、
その解説の方やアナウンサーが結構な頻度で言及するのが気力や心の充実についてのこと…。

オールブラックスは、技術も一流なら、今回は精神的にも充実していると。

その辺はサッカーではあまり聞かない表現です。
「今回のドイツ代表は精神的に充実している」
なんて話はあまり語られるのを聞いたことがありません。

スキャンダル後のイタリア代表が結束している、という話ならよく聞きますが。

それくらい心技体の心の部分の作用も大切なスポーツであるということですね。
裏を返せばそれくらい「繊細」なとこもろあるということ?

アマチュア色が未だに残る部分も関係しているのでしょうか?

そういえば、日本だけでなく国家を謳いながら涙を流す選手をよく見るので
調べてみたら・・・。

ラグビーはホイッスルと同時に決死のタックルをする、
いきなりギア全開のスポーツなので、試合前から集中して気分を高めないといけないのだとか。

涙には、集中した結果と、それを開放する作用があるのだと書いてあって、
なんとなく納得しました。

サッカーの場合、最初は試合に入っていない人もいますが、
ラグビーのあのぶつかり合いをそんな状態でやったら大けがの元ですよね。

オールブラックスとワラビーズ。
因縁の対決の決勝戦が大いに楽しみです。

[PR]
by alexcorgi | 2015-10-27 01:22 | カルチョ/スポルト | Comments(2)
Commented by yuuco at 2015-10-29 00:40 x
はじめまして。
alexcorgiさんの言葉・文章が好きで以前からよく拝見させていただいておりました。
ラグビーW杯決勝、本当に楽しみですね!サッカーとの試合の入り方の違い、とてもよく分かります。私は普段Jリーグを観ることが多いので最初どころか前半いっぱいフワフワしている選手を見ることも。。。
なかなかユヴェントスの試合を観ることがないのですが、alexcorgiさんのブログを知ってから機会があると応援しています。
これからも更新楽しみにしています。
Commented by alexcorgi at 2015-10-30 00:06
yuucoさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。
思いつくままに書いてる駄文にお付き合いありがとうございます。

ラグビーの決勝、本当に楽しみです。
オールブラックス×ワラビーズ。
まさに頂上決戦ですね。お隣国ですし、プライドをかけた戦いになりそうで
ワクワクします。

ユヴェントスは…少しでも興味を持ってくださる方が増えると
とてもとてもうれしいです。

不定期のテーマ性ゼロのブログですが、
今後ともよろしくお願いします。