domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

お正月の楽しみ第2弾。

a0138134_23552428.jpg

ユーヴェの試合もないお正月のお休みに、
じっくり、どっぷり、たっぷりとラグビーに浸かっています。
相変わらずのめり込み易い性格は今年もきっとなおることはないでしょう。

トップリーグがないので、高校生の選手権、花園をはじめて真剣に見ています。

そして…「五郎丸日記」、
「ラグビーワールドカップ2015 日本代表の軌跡(ブルーレイ)」、
ラグビーのルールガイドの本も入手。

筋金入りの根性無しの私は、
自分では成しえない“スポーツを極めた人”になみなみならぬリスペクトを抱いています。

常人には到底到達できない地点へ昇りつめた人が見せてくれるひたむきさや集中力、
真摯な姿勢に必要以上に心を揺さぶられてしまいます…。

とくにそれが一つのボールを仲間と運ぶ競技だとことさら。

日本×南アフリカ戦は、ハードディスクに録画して、
すでに10回は見ていると思うのですが、保存版ってことで購入しました。

このブルーレイ、秀逸なのが、堀江・山田・稲垣のパナトリオが試合を見ながら語る副音声!

当事者たちがその場の状況や思いを解説してくれます。
それもチームメイトで気の置けない関係のためか、かなりざっくばらんに。

堀江選手、よくしゃべります。
とてもクレバーで自分の言葉でいろい状況を説明してくれます。
この人は思考を言語化することがすごく上手だと思います。

山田選手、ほんとご自分が大好きさんだと…で、声が小島よしおそっくりです。
途中から小島よしおの顔が浮かんできてしまって困るくらい…。

稲垣選手、あのいかつい外見からは想像できないとてもソフトな声と話し方です。

試合中の考え、そこまでの道のり、
彼らがほかの選手をどう思っているかなども垣間見られますし、
4年間の練習は実は練習で無く「訓練」だったこと…など
試合ではわからないジャパンの裏側にも少し触れられた気分になれます。

「マニアック」解説と題されている通り、
ラグビー用語満載のため、ルールを勉強して一通りわかった気になっている
初心者の私には理解不能なことが多々ありましたが…。

五郎丸選手の本と合わせて読むと、
違う角度からの視点も味わえます。

私をはじめ多くのニワカさんたちが「ラグビー日本代表」に惹かれたのは、
彼らが時代を切り開く、歴史を塗り替えるという目的のために
いろいろなものを犠牲にして歩いてきた道が尊いものだからだと思います。

私がユーヴェを好きな理由のひとつにも、
選手が(とくに生え抜きのクラ王子などが)、ユーヴェの選手であることに
もの凄くプライドや誇りを持っていることです。

何かを誇れて、そのために戦える選手は
ほんとうに美しいなあとブルーレイ見ながら襟を正す気分です。

今年はなにかひとつ、きちんと継続してやりたいと思う元旦の日。
やり直しイタリア語? 英会話?
それともほかの何か?

とりあえずラグビー生観戦は続きそうです。
[PR]
by alexcorgi | 2016-01-02 00:14 | カルチョ/スポルト | Comments(0)