domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

サンウルブズの船出。

a0138134_13252696.jpg

世界屈指のラグビーリーグといわれる『スーパーラグビー』。
そこに日本チームとして参加したサンウルブズ。
その初戦が秩父宮でありました。

今回初めてバックスタンド側の席にしてみたのですが、
春の兆しをはらんだあたたかい日差しが直撃し、思わずダウンコートを脱ぐほど。

そして約1カ月ぶりの秩父宮は、トップリーグののどかな雰囲気とは打って変わった
少し張り詰めた緊張感がありました。

サンウルブズはいわば日本代表チーム。
その船出をその目で見ようと集ったラグビーファンは2万人余り。

入口で一人ひとりに渡されたサンウルブズのタオルマフラーを
控えめに振りながら応援する初めての体験。

私のようなニワカ初心者の割合はいつもより低め、
周りの皆さんも“見る目”のある方が多いようでしたが、
タオルマフラー応援体験はそんなファンにとっても初体験のようでした。

いつもなら、ピッチとの間に適度な距離を保つラグビーファンも
時々は熱くなって、客席のあちこちで赤いタオルマフラーが揺れていました。

ここ、秩父宮がサンウルブズのホームだと実感したのは後半最初の敵陣ゴール前でのスクラム。
1度目、2度目と、ライオンズに押されスクラムは崩れ、
次に崩れたらペナルティトライもあり得るかなという状況…。

バックスタンドの前の方の、日の丸を纏った男性がいきなり立ち上がって客席を鼓舞。
それにこたえて地鳴りのような手拍子が秩父宮に広がりました。
そして、サンウルブズフォワード陣は耐えボールはサンウルブズに。

それまでずっと劣勢だったスクラムは、一番大切なときに結果をだしたのです。
それは選手と観客席が一体になった瞬間のようで、胸が熱くなりました。

こういうのが生観戦の醍醐味だと、久しぶりに思い出したとても素敵な幸せを実感。

サンウルブズの航海は始まったばかり、
これからも見守り続けようと思います。

とはいえ目の前で繰り広げられる“真剣勝負”に、
サッカーのそれを重ねてしまい、
ヒリヒリするような緊張感をはらんだ真剣勝負なら、
やはりサッカーのそれの方が好きだと、
改めて気づいてしまった瞬間でもありました。
[PR]
by alexcorgi | 2016-02-28 14:58 | カルチョ/スポルト | Comments(0)