domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

おとぎ話完結! レスター優勝。

a0138134_61525100.jpg

2位のトッテナムがチェルシーと引き分けたため、
レスターのプレミア優勝が決定しました。

それにしても、チェルシーのアザールのゴールはスーパーゴラッソでした。

昨シーズン降格争いの渦中にいたレスターの、まるでおとぎ話のような優勝です。

シーズン序盤には、得点もするが、失点も多く。
「調子がいいのは最初だけでしょう」なんて思われていたレスター。
多くの人が、そのうちほかのチームが対策を始めれば徐々に落ちてくる…
なんて思っていた中、しぶとく上位を維持。

年を越えて、さすがに息切れするのでは? 
なんていう周りの予想を軽くいなして、さらには1-0の手堅い勝利を重ねてみせたレスター。
しかし最終コーナーを曲がるころにエースが出場停止という打撃が…。
それでも勝ち点を積み上げていったところはさすがです。

泥臭く直線的な自分たちのサッカーを貫き、とうとう手にした栄冠。

GKのシュマイケルからヴァ―ディへと放たれたボールが一直線にゴールへつながる。
セリエではあまりお目にかかれないそのまっすぐさは新鮮でした。

それにしても、初めての優勝を意識して硬くなって自滅したり、
終盤にきても息切れしなかったのはさすがです。

セリエは、序盤中盤は4,5チームが優勝を争っていたけれど、
それが終盤ユーヴェとナポリの一騎打ちに。

ユーヴェ以外のチームは、ナポリも含めて大事なところで取りこぼすなど、
精神的脆弱さを露呈したように感じます。

いわゆる勝者のメンタリティというものの欠如…。
そこがユーヴェとほかのチームとの差だと思うのですが、
レスターにはそんなものをも越えた不思議な“力”が備わっていたように思います。

他チームファンにとってレスターは、夢を与えてくれる
「2番目に好きなチーム」になっていたのでは。

事実、今日はチェルシーの選手もファンも、
レスターのおとぎ話の完成を後押ししていました。

自分たちの監督でもあった『ラニエリのためにやってやろう!』
なんて手書きの文字も見えました。

サッカーファンなら思わず応援したくなる、
滅多にお目にかかれない奇跡のようなプレミア制覇。
語り継がれるであろう物語の目撃者になれたことに感謝です。

おめでとうレスター&レスターサポの皆さま。

そしてそのストーリーの主要途上人物に日本の岡崎がいる…。
マンチェスターユナイテッドの時の香川と違い、
主要メンバーとしてのプレミア制覇。
ドイツからイングランドに来たときは、
まさかこんな歓喜が待っているなんて思わなかったはず。

岡ちゃんおめでとう!!

そして、一時はユーヴェの監督だったラニエリ。
ラニエリやデルネリがベンチにいると、
「うちがプロビンチャになった気がする」…なんて思っていてごめんなさい。
初の優勝おめでとうございます。

さ、寝ます。

追記

ラニエリの穏やかで信頼の置ける人柄の賜物か、
みんながSNSで祝福の言葉を寄せていました。

ユーヴェ、アッレグリ、デルピエロ、ピルロ、ブッフォン、マルキージオ、デチェーリエ、ボニー、キエ‥etc.

そしてほとんどの欧州のクラブチームも。

サッカーに関わる人にとって、特別な瞬間だったのでしょうね…。

次の試合、チャンピオンとして相手チームのアーチでホームに入場する姿を楽しみにしています。

[PR]
by alexcorgi | 2016-05-03 06:36 | カルチョ/スポルト | Comments(0)