domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

新緑の上高地 後編。

a0138134_2335084.jpg

明神館の前を通り、次なる目的地徳沢へ。

少し山の中へはいるのかと思っていたら、
静かで穏やかな森の中を、木漏れ日を浴びながら進む行程でした。
それもそのはず、上高地は大正池から横尾まで前後10km、幅最大約1kmの堆積平野なのだそう。
起伏が無いから川は穏やかに流れ、森が広がっているのですね。
平らな土地だから、陽の光が均等に当たって明るい雰囲気もあります。

もののけ姫の森のような苔むす景色もありました。
水を含んだ苔が輝いていました。
a0138134_0382279.jpg

緑と水が織りなす眩いばかりの美しい世界を堪能。
a0138134_0392958.jpg

道すがら左側に見え隠れするのが明神岳。
a0138134_23265311.jpg

途中広い河原から臨む堂々とした姿。
この河原、ものすごい勢いで風が通り抜ける場所でした。

明神から約1時間あまり歩くと、明るく広々とした草原が現れます。
a0138134_0424673.jpg

徳澤園の前のキャンプ場です。かつては牧場だったとか。
この標高でこの抜け感!
なんだか秘密の場所に来たようで心弾みます。
事実、ここまで来るのは登山目的の方がほとんどのためか、
河童橋周辺の喧騒とは違いとても静かな空間が広がっていました。

こちらが井上靖の小説「氷壁」の舞台にもなっている徳澤園。
a0138134_0435143.jpg

朝からなにも食していなかったので、名物のカレーを。
a0138134_0445012.jpg

テラスで明神岳と新緑を眺めながらの食べる贅沢。
食後にはカプチーノも飲んでゆっくり。
目の前には小川がながれています。
a0138134_0462218.jpg

ここで1日ボーっとしたい…そんな素敵な場所でした。

穂高登山の入り口、横尾まではここから1時間とのことでしたが、帰りが心配なので途中の新村橋まで。
a0138134_0474467.jpg

下が見える、揺れる…かなり本格的な吊り橋でした。

あいにくニリン草の最盛期は終わっていましたが、ところどころに可憐な高山の花たちが。
a0138134_0532670.jpg


帰りは徳沢ロッジでまたお茶を…。
a0138134_0545227.jpg

いつか泊まりで訪れたい徳沢です。

帰りの道すがら、サルの行列と出会う。
a0138134_0553793.jpg

こんな感じで100mあまり、つらなるサルとすれ違うドキドキの体験でした。

ゆっくりと元来た道を戻り、河童橋へ。
雲一つない空と穂高のコントラストが息を飲む美しさです…。
a0138134_0582395.jpg

晴天の上高地では誰もが名カメラマンになれます。
a0138134_059121.jpg

上高地は7度目ですが、今回が最高のお天気だった気がします。

後ろ髪を引かれつつ、16時15分発のバスで帰路に…。

次は紅葉時期!
早くも次の予定を心に刻んだ最高の1日でした。

この日歩いた距離はなんと24km!
平坦な道でしたが、流石に次の日は脚が痛い…。

[PR]
by alexcorgi | 2017-06-14 01:01 | 山・ハイキング | Comments(0)