domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ステイショナリー( 63 )

アマゾンのリーガルパッド。

a0138134_18381580.jpg

リーガルパッド・ジュニアサイズのストックが無くなったので、
初めてAmazonのものにしてみました。

ウインターセール中ということで、12冊で700円あまり。
リーズナブルでした。

今まで、オフィスデポ、ミード、伊東屋のものを使ってきましたが、
クリーム色が一番薄いアマゾン製。
色では
アマゾン<オフィスデポ<ミード<伊東屋
の順。
伊東屋は山吹色のような濃さです。
ミードはケイの幅が広く、けいせんが薄い感じでした。

方眼タイプより横罫タイプが好みなこともあり、
ケイがきちんと書かれているAmazonは比較的好きです。

黒のフォルダーを使っているので、ヘッダーと色があっていい感じです。
a0138134_18412041.jpg

つらつらと考え事をしながらそれを落とし込んだり、
アイデアを練ったり、企画を考えたりのお供として、
メモ帳としても使っています。
裏写りもしますが、もともと表面しかつかわないメモなので気になりません。
1冊70円くらいというのもバンバン使えてよいところです。

そして、ついつい一緒に購入してしまったのがこちら。
a0138134_1847861.jpg

7.5×7.5の正方形の付箋をメモ帳として使うためのフォルダーです。
いつでもどこでも思いついたことをメモ。
あとでノートに張り替えたりして使っています。
a0138134_18514513.jpg

中はこんな感じになっていて、書いたものを挟んでおけるスペースもあります。

元々はエルメスの小さなタイプを使っていましたが、
こちらはたくさん書けて良さそうです。

[PR]
by alexcorgi | 2017-01-15 18:49 | ステイショナリー | Comments(0)

CANSAY nu board /ヌーボード 新書判.

a0138134_19435945.jpg

携帯できるノート式のホワイトボードとして、知る人ぞ知る存在のヌーボード。
ずっとA4サイズを使っていたのですが、新書版が出ていたので購入してみました。
上部がリングになっているタイプなので、
タテ開きでも横開きでも使えます。

なんとなく頭の中整理したいときは、考えを書き出すことが一番。
そして、湧いては消えるちょっとした考えを書き写すには、
すぐに消せるホワイトボードは便利な存在です。

いつも使っていたA4サイズがじっくり考え事をするときのお供だとしたら、
親書サイズのこちらは、todoメモや思い付きを書き記す、
とりあえずの備忘録的な役割を担ってくれます。

いつでもどこでもサッと出して使える携帯性のよさ、
単なるメモ以上の情報量を書込める感じの絶妙のサイズ感。
ちょっとした考え事のお供にはぴったりな感じです。

さらに、ついているペンがとても書きやすかったので、みてみたら…。
a0138134_19441844.jpg

ドイツの文具メーカーステッドラ―製でした!(手前の水色のものです。奥は普通のフェルトタイプ)
0.6mmとホワイトボードマーカーにしてはペン先が細く,
紙に書くような書き心地を体感できます。
誤って擦っても消えないけれど、付属のイレイザーを使うと消えるところも◎。
さすがはステッドラ―。
a0138134_1944368.jpg

今年の秋は久しぶりのイタリアに行きたい!
何処に行く?

なんて一人で考えながら綴る楽しさ。
残しておきたいときはスマホでカシャとしてエバーノートに。

「秋にイタリアに行くぞ!」気分を盛り上げてます。
[PR]
by alexcorgi | 2016-03-20 19:41 | ステイショナリー | Comments(0)

ロールテープ。

a0138134_11381866.jpg

貼って剥がせる、メモックのロールテープの15ミリバージョンを伊東屋で発見。
本当は3本入りのプラスチックホルダーに入っていたのですが、
25ミリ幅のケースに2本入れたらぴったりだったので、
持ち歩き用に使ってます。

小さ目のスケジュール帳やノートには、幅の狭いこのタイプが便利です。

蛍光色系なので、ぱっとのーとを開いたときに目が行きます。
ですから、重要なことを書きとめるにもピッタリ。
付箋と違って好きな長さに切って使えるところも◎。

付箋の利用率はかなり高かった私ですが、
このロールテープを知ってから、すっかりシフトしてます。

a0138134_11433658.jpg

使い方は、ファイルごとの名前を書いてラベルとして使用したり、
直接書き込みたくない資料にメモを書き込んだり…マーカーの役目も果たします。
さらに仮止めのマスキングテープとしても使えます。

付箋と違ってペラペラしないので使い勝手は抜群。
資料を読み込みながら、ピシッ、ピシッと切って貼ってます。

使い方いろいろの優秀君です。

で、読み込んでいる資料のお仕事がこちら…。
a0138134_11482225.jpg

シングルモルトウイスキーの聖地・スコットランド、アイラ島にある
「ラフロイグ」という蒸留所のウイスキー。

これが…ロックで飲むと正露丸のお味がします…。
かなりクセが強いウイスキーですが、ハイボールにすると意外にスッキリ。

さ、久しぶりの週末の太陽ですが、
室内でお仕事お仕事…。
[PR]
by alexcorgi | 2015-09-12 11:51 | ステイショナリー | Comments(0)

To Do付箋。

a0138134_2233378.jpg

手帳がクォバディスのビジネスになってから使っている付箋です。

「たしかto do付箋がどこかにあったはず」と、探して発見!
A6の手帳にちょうどいいサイズで、タスクも15個とたっぷりかけるので便利に使ってます。

緊急なこと、今週やらないといけないことはweeklyに,
1カ月くらいのうちにやりたいことはmonthlyに、
思いついたことをなんでも書いています。

粘着力も結構あって、スケジュール帳と一緒に使うにおすすめの付箋。

ただ、あまり文具店でも見たことが無く…。
伊東屋などでまとめ買いしていましたが、Amazonでも発見!
これで使い切る心配をしなくてすみます。
[PR]
by alexcorgi | 2015-09-01 22:43 | ステイショナリー | Comments(0)

STABILOのペンが書きやすい。

a0138134_13391501.jpg
質実剛健で遊びや色気が無いドイツサッカー(あくまでも昔のイメージです)が苦手な私ですが、
こと筆記具になると、気がつけばドイツだらけ。

ペリカン、モンブラン、ステッドラー、ラミーの万年筆やペンをはじめ、
ファーバーカステルの色鉛筆など…。
その真摯なつくりに惹かれることが多いのかもしれません。
ペンに色気は必要ありませんしね…。

写真はワークデスクの掃除をしていて発見したスタビロの水性ペンのブルー。
こちらもドイツ製でした。
久しぶりに使ってみたら、そのなめらかな書き心地にはまってしまい、グリーンとレッドも追加しました。

ペンを選ぶ基準は、
書き心地、書きあがった字、インクの色などいろいろとありますが、
私にとっては「思考をさえぎらない」ことも大切な要素。

つらつらと書き込んでいる時にストレスがかからない、
脳から指先が直結している感じ、というと大げさですが、
自分の感覚にしっくりくるペンは心強い相棒だと思います。

0.3というペン先なのですが、日本でいうと0.7くらいの感覚。

細かい漢字を書く民族と流れるようなアルファベットを書く民族の差なのか、
細字に対する繊細さはありません。

故にスケジュール帳にこまごまと書き込むのはいつも通りの消せるフリクションの0.38か0.5ですが、
そのほかはこちらのかなりの頻度で使っています。

私の仕事はテストの採点をする小学校の先生、もしくは赤ペン先生なみに赤ペンを使います。

大量のゲラ(印刷前の校正紙)に赤を入れて、購入したばかりのフリクションペンを1日で使い切ったこともあるくらい。
リズムよく仕事をこなすには、赤ペンの書き心地は重要な要素なので、そんな時に活躍しています。

ロディアの紙質ともとても相性がよくて、考え事をそのまま記入できるような書き心地がとてもお気に入り。
人間工学で考えられたデザインも手に馴染んで疲れません。

リサイクルに対する意識がとても高いドイツなのに、使い切りってところだけがマイナスですが…。

[PR]
by alexcorgi | 2015-08-23 14:06 | ステイショナリー | Comments(0)

最近の手帳 2015年夏現在。

a0138134_15472654.jpg

ようやく暑さもひと段落して、秋の気配がそこはかとなくただよい始めたばかりですが、
文具店の店頭には来年の手帳が並びはじめました。

そんな気の早い空気に包まれてか、
ひっそりとアップしている手帳のエントリーを見てくださる方がいつもより多い今日この頃。

手帳ジプシーを自認している身ですが、
実は今年に入って3冊目の手帳という…。

恥ずかしながら最近のお気に入りを。

といっても、この手帳カバーを気に入って、
それに合うクォバディスのビジネスになったという
相変わらずの物欲大王の恥ずかしいお話です…。

深い森のようなグリーンの革のカバーは、
英国のレザーメーカー、エッティンガーのもの。

1934年、ロンドンで創業したブランドで、
英国王室御用達の栄誉を授かっているとか。

英王室御用達のステーショナリーといえばスマイソンが有名ですが、
このエッティンガーもチャールズ皇太子や
前首相のブレア氏のお気に入りとして知られているのだそう。

馬具に使うブライドルレザーをメインに採用しているので,
丈夫で美しい光沢を持っています。

中はというと・・・・。
a0138134_1091795.jpg

開くたびにちょっと気分が上がる、鮮やかなイエローです。

左側がクォバディスのバーチカルタイプ の「ビジネス プレステージ」。
右はロディアの13。
このふたつ専用のカバーなんです。
贅沢ですね…。

刻印が輝いています!
a0138134_10103215.jpg
ロディア13のカバーを探していて、
見つけたのがエッティンガーのもの。
早速伊勢丹へGO! したら…スケジュールとメモを同時に使えるこちらがあって、
ルックスも手に収まる感じの佇まいも気に入って、
お得意の「これをお願いします」しました…。
ロディアカバーを購入するつもりが、スケジュール帳まで換えることになりました…。

ロディアメモ帳といえば、使ってましたよね…こんなに…。
a0138134_10112445.jpg

サイズの小さなものから10、11、16です。
10と11は小さすぎて、本当にメモをとるためのもので、
いうなれば、短い情報など「点」を記入する存在。
一方A5サイズの16は仕事で使ったり、
頭の中を整理するために使用したり、
さらにはアイデアを練るように使う──点→線と発展して「面」として使う場面で力を発揮していました。

その二つのいいとこどり! ということで少し前から使っていたのが13.
携帯性に優れ、サッと出せる利便性があり、
さらにある程度の書きでがある。
メモとしてはもちろん、
思いついたことや、気になったことなどをなんでも記入していました。
a0138134_10122781.jpg

といういわけで…お気に入りには、お気に入りのカバーを!
といういつも通りの、いらぬこだわりを発揮してこんな結果になりました。

今のところすこぶる気に入ってます。

ってセリフ何度書いたか忘れましたが…。
メモ帳とスケジュール帳が一緒になるのは
やはり便利です。


それにしてもやはり好みが男性的。
購入したのは伊勢丹のメンズ館。

女性ものの売り場より居心地がいい私です。
[PR]
by alexcorgi | 2015-08-22 10:13 | ステイショナリー | Comments(0)

水彩色鉛筆。

a0138134_21541027.jpg

小さな頃からいわゆる絵心っていうものがなく、
でも憧れだけはあり、サラサラっとさりげなくスケッチする人をうらやましいと思っていました。

いつか、なんて思ってうん十年。
まずは道具を揃えるというお得意の行動にでました。

比較的ハードルの低そうな水彩色鉛筆をアマゾンでポチ。
先日知人のお子様へのお土産に購入してみたら、とてもよさそうだったので
自分用にもドイツファーバーカステルの36色を購入してみました。

小学生の時来の色ととりどりの鉛筆にちょっとワクワク。

いつの日か景色や小物をスケッチできたらと、
こんなのを揃えてみました。
a0138134_21573966.jpg

とりあえず少し独学しようと、イラスト本。実は数冊ポチ.... 。
そして、小さなスケッチブック。

水彩色鉛筆は普通の色鉛筆としても使うこともでき、
水を含んだ筆でなぞると水彩絵の具をぬったようになります。

ちまちまっとしたものを描くだけで、
楽しくて夢中になれます。

へたくそなのは言うまでもないですが、それでも楽しい。

恥ずかしながら、先日の白秋工場のポットスチルと樽を描いてみたり…。
a0138134_2202149.jpg

友人Oちゃんに見せたら・・・・ひとこと「洋ナシ?」…。

道のりは長く険しいようです。

いつの日か、旅先スケッチを実現させたいものです。

そういえば、昨年東京案内をしたアッティリオがお土産と一緒にくれたカードです。
a0138134_22104288.jpg

ミラネーゼの彼が書いたミラノの大聖堂。

さりげないお礼の言葉を添えてくれました。

さらに水色のペンでカタカナで
ミラン
と書いてありました。

グーグル翻訳さんでmilanoと入れたら出てきたそうで、
意気揚々と書いてくれたよう。

同じユヴェンティーノだとわかって大盛り上がりのあとに、
「ミラノじゃなくて、これでは宿敵ミランだ!」と教えたら・・・。

大きな手で一生懸命ンの点の部分を消してました003.gif
[PR]
by alexcorgi | 2015-05-19 22:04 | ステイショナリー | Comments(0)

カモフラ好き。

a0138134_16492845.jpg

気が付けば、3カ月も更新してませんでした。

一応仕事はしつつ、というか仕事しかしてなかったので
ブログ書くためにPCの前に座る、なんてことがまったくありませんでした。

といっても、ユーヴェの試合を見たり、アメドラ視聴はしっかりしてました。

ようやく春を迎えブログを再開しようと思いつつ、
ここのところの花冷えですっかりまたも心が凋んでしまいました・・・。

で、景気づけとばかりに久しぶりに藤巻百貨店でポチ発動。

冬の間に活躍したウールのアヴォカのペンケースの代わりに
カモフラ柄にしてみました。

一足早く衣替えっていうやつ?

相変わらず、どうでもいいものに対するこだわりは捨てられません。

ナイロン地のこの子、けっこう入ります。
a0138134_16554244.jpg

ペンを10本くらい入れて、テープや付箋まで押し込んでも余裕です。
でも、けっこうコンパクトで、悪目立ちしないところは◎。


奥の方に写っているのは最近お気に入りのヤマトのメモックロールテープなるもの。
付箋みたいにペラペラしないので、書類や手帳にペタペタ貼るにとても便利。
またいつもの揃えるクセを発揮して、こんなことに。
a0138134_1712079.jpg

イエローもあります。
[PR]
by alexcorgi | 2015-04-11 17:06 | ステイショナリー | Comments(2)

最近のノート、更新・・・。

a0138134_16141220.jpg

最近のノートを先日アップしたばかりですが、
「塩化ビニールがちょっと安っぽくていや」という心の声が届いたのか?

プレゼントでいただいたITO-YAのノートパッドです。

ダークブラウンのエンボスレザーが好みのど真ん中。
a0138134_1617143.jpg

内側の趣のあるブルーの布張りとの組み合わせもとても素敵です。

ロディアの16サイズがぴったりなA5サイズ。

活躍してくれそうです。
[PR]
by alexcorgi | 2014-11-16 10:12 | ステイショナリー | Comments(0)

最近のノート。

a0138134_14444155.jpg

考え事をするときのお供のこのノート。
マルマンのニーモシネシリーズのひとつです。

中はというと・・・。
a0138134_1446346.jpg

こんな感じでA5のノートパッドがセットされています。

今まで使っていたリーガルパッドジュニアサイズと比べるとこんな感じ。
a0138134_1447236.jpg

横幅がかなり違います。

仕事に使っていたのに、どうどうとユヴェントスのシールが貼ってあるところはご愛嬌・・・。
誰からも指摘されずにスルーされ、ちょっと寂しかったのですが・・・・。

このシリーズのよいところは、A4を半分に折ってファイルポケットに収納できる点。
リーガルパッドだと4つ折りにしなくてはいけなかったのですが
半分に折って楽々収納可能に。

さらに、そのファイル部分ポケット部分が5つあるタイプにしてみました。
a0138134_1451720.jpg

これだとプロジェクトごとに収納できるので、とても便利。

肝心の書き心地もスラスラとペンが流れるようで滑らか。

カフェでつらつらと考え事をしたり、企画を練ったり……
そんなとき思考を邪魔しない書き心地です。

カバー部分は、ちょっとチープなプラスチック製。
同じ仕様で、モレスキンの表紙みたいな素材が出たら、
少し高くなっても買うのに・・・そう思える私です・・・。
[PR]
by alexcorgi | 2014-10-08 14:55 | ステイショナリー | Comments(2)