カテゴリ:ひとりごと( 237 )

美しきこと。

a0138134_23505162.jpg

スポーツファンであり、大のサッカーファンの私に
ラグビーという新たな扉を開けてくれたラグビー日本代表さんたち。

気が付けば、オールブラックス戦と共に
日本代表の全試合ライブで見ていました。
それもかなり肩入れしながら。

3つの勝利とたった一つの敗北。
中3日のスコットランド戦の唯一の敗北のため、
ほんの少しトライ数がた足りなかったため…日本は3勝したのに敗退しました。


試合前の君が代で感極まって無く姿。
サッカーファンには新鮮でした。

ノーサイドのスピリット。
ONE FOR ALL,ALL FOR ONEの精神。
清々しいまでの無私のコメント。

試合後、涙で言葉をつなげなかった五郎丸選手。
本当に信じていたのでしょうね、ベスト8に行けると。
そう思えるような努力を払ってきたのだと思います。

ひたむきさが、信じる力が、そしてなによりも不断の努力が奇跡と言われた勝利を呼び寄せ、
それに満足せずにさらなる高みを目指す姿はとても雄々しくて、とてもピュアで、
すれっからしのサッカーファンはかるい嫉妬とともに、羨望のまなざしをむけ、
勝手に完敗した気持ちです。

とて美しいものを見せてもらいました。

4年後は日本でワールドカップ開催です。
2002年に発揮したホスピタリティをいま再び!


そして、まったくジャンルは異なりますが2人の日本人のノーベル賞受賞。

9月と10月は、日本もまだまだ捨てたものじゃない?
なんて思わせていただきました。

背筋の伸びた、深いまなざしの日本人。

美しい日本、っていうのはこういうことですよ、誰かさん。

彼らは選ばれし民でありますが、
同じ日本人として、とても誇りに思います。

ほんの少しくらいは、背筋を伸ばさないと…なんて多くの人に思わせてくれた気がします。

いろいろと絶望的なこの国の状況に、憂いてばかりもいられませんね。

さあ、とりあえぶは明日から現実に戻りお仕事です。
[PR]
by alexcorgi | 2015-10-13 00:19 | ひとりごと | Comments(0)

8月15日。

a0138134_22253514.jpg

8月15日という日の意味が、どんどん薄れていく昨今だと思いますが、
自分の中ではせめてこの日は多くの犠牲のことを考えようと思ったりしています。

母は、戦争の記憶が少しでもある最後の世代でした。

当時、父親(私の祖父)の赴任先の愛知県豊橋市で遭遇した空襲の話は、
ある時期まで、夏休みの定番の話題でした。

母の足の付け根に残るやけどの跡は、空襲で火だるまになった母を
長姉がころがして消してくれて、幸い命は助かったけれど
残ってしまったと何度聞かされたことか。

そういえば広島の原爆のことを描いた「はだしのゲン」も無理やり読まされました。

そんな戦争の話のなかで、
日本がアジアでしてきたことの話は出なかったような…。

母だけでなく、日本は「加害者の側面」をあまり語ってこなかった、
と思ったのは大人になってからでした。

そんなところが、今の近隣諸国との軋轢に関係するしているのかと思ったり。

とはいえ、初めて行ったニューヨークで、
私が日本人だとわかるとおもむろに突き飛ばしてきたお隣の国の人たち──。
その恐ろしい体験以来苦手なのですけれどね、どちらかというと。


選挙にはきちんと毎回行くけれど
政治とは一定の距離を保ちたい私ですが、
これだけはなんとなく声に出していいたい気分。

駄々っ子のような薄っぺらい人が、我が国を代表していることを憂います。

日本はどこに向かわされるのか、
そんなことを思った終戦の日でした。
[PR]
by alexcorgi | 2015-08-15 22:33 | ひとりごと | Comments(0)

ツクツクボウシの鳴き声。

a0138134_19383845.jpg

人間というのは、いろいろなことに慣れたり、忘れたりする生き物なのだなぁと。
猛暑にさらされていた体がそして心が、
33度を涼しくて過ごしやすいと感じることに驚いています。

いろいろなことに慣れたり、忘れたりしないと
人間の生活は恐ろしく窮屈で困難でしょうしね。

少し涼しくなると「秋だな」なんて思うのは、生きてきた時間の蓄積と記憶によってですが、
頬を撫でる風やツクツクボウシの鳴き声にも秋の気配を感じてます。

前にも書いた覚えがあるのですが、
父がよく「ツクツクボウシが泣き始めたら、晩夏」だという発言をしてました。
それはもう…毎年8月の暑さが小休止した日に交わされる
我が家の夏の風物詩のような父娘の会話で、あれから幾多の年月がながれ、
父は他界したのに、いい年した私は毎年ツクツクボウシの鳴き声に父を思っています。

涼しさを感じたので、今日はアイスではなくて
一時嵌っていたコーヒーゼリーを思い出したようにつくってみました。

エスプレッソをさらに濃い目にいれてつくった、かなりビターな大人の味。
ミルクとハチミツをかけていただくとおいしいです。
[PR]
by alexcorgi | 2015-08-09 19:48 | ひとりごと | Comments(0)

コンデジ。

昨日、打ち合わせでソニーを訪れました。

前から気になっていたハイエンドコンデジ「RX100」のタイアップのお仕事。
実際に触らせていただいて、その質感、佇まいに猛烈に欲しくなった私。

そのまま、有楽町のビックカメラへgo!!!
最新モデルは8万円也。

さすがに「考える時間」を設けました。

思えばオリンパスPENの時も仕事で初めて触れて、
その晩にアマゾンでポチしてしまいました。

危険危険・・・・。

昨年のイタリア旅行でマイクロ一眼を破損して以来、
すっかりカメラから遠ざかっていましたが、もともとはカメラ大好きの身の上、
購入に向けて猪突猛進状態になる自分をスタバに入って「どうどう」と諌めました・・・。

で、スマホで情報収集。

「ほかの選択肢は?」とか、どう考えても“買う前提”なところがダメダメ状態。

すると…ハイエンドコンデジ(っていってもミドルクラスだと思いますが)の中で
結構な人がおすすめしている、中には「コンデジはこれを持っておけば間違いなし!」
なんてご意見もあったのがキャノンの「パワーショットS120」でした。

ふと頭をよぎった春先に姪っ子とネズミ帝国に行くために購入したカメラ。

そう言えば買った、確かに買った・・・・
おまけに確かキヤノンだったはず…。

いつになく冷静になり、取り敢えず家に帰って見てみました。

a0138134_22183296.jpg

手に入れていたじゃない、その超おすすめカメラを、私・・・。

8万というコンデジにしてはお高い出費を
勢い余ってするところを、思いとどまった自分を褒めたい。

で、カメラをいじってみると、後ろをぼかすF値の設定などもできる、
コンデジにしては優秀な一台ということが、今更ながらに判りました・・・。
a0138134_22424458.jpg

レンズの付け根のダイヤルをくるくる回していろいろ調整できる!
AUTOだけじゃないマニュアル撮影の楽しみも満喫できます。

オマケにWi-Fi対応で写真も飛ばせることが発覚。

さっそく枯れたアジサイを撮影。
a0138134_22433129.jpg

細部の再現性もあるし、奥行きも出てます。
すごいすごい、後ろがぼける一眼のような写りです。

君の実力をまったく知らずに放置しておいてごめんなさい。

さすがにきっとページのギャラより高いSONYさんは諦めます・・・。

代わりにお財布買おうかとか考えている、ダメダメな自分でした・・・。

[PR]
by alexcorgi | 2014-12-03 22:35 | ひとりごと | Comments(0)

生還・・・・。

しれっと再開してみました・・・・。

忙しい日々から開放され、腑抜けになってます。

忙しいだけでなく、とても難しい日々でした。
自分の人間力のなさ、懐の浅さ、交渉力のなさなどを痛感しました・・。

いつになったら達観できるのか・・・。

歩きながら、空の両親とアレックスに話しかけること多々。
上を見ながらぼーっとあるく腑抜けおばさんをみたら、それは私かも・・・。

ぼちぼちですが、再開するかもしれません。

明日は、知人の知人のイタリア人(つまり知らない人)を鎌倉へ案内。
友達の友達は友達だ、的な発想で押し付けられましたが、
そもそも君と私は友達じゃないから!
とか、毒づく私。
もちろん、心の声のみ・・・・。

疲れた心と体にイタリアンはちょっとトゥーマッチすぎて軽く憂鬱入ってます。
[PR]
by alexcorgi | 2014-09-20 14:41 | ひとりごと | Comments(2)

grazie mille!!

arrivederci e grazie!!!

今まで、ありがとうございました。

またいつか、再開するかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。
[PR]
by alexcorgi | 2014-06-13 22:27 | ひとりごと | Comments(2)

半年です。

a0138134_22392612.jpg

早いもので、父が他界して半年が経ちました。

大好きだった和菓子を供えて、お参り。

その後はもちろん和菓子をいただきました。
[PR]
by alexcorgi | 2014-03-12 22:36 | ひとりごと | Comments(0)

合格祈願お守り。

a0138134_17213455.jpg

姪っ子の高校受験用に、湯島天神のお守りをいただいてきました。

東京では「湯島」か「亀戸」か・・・というくらい学問の神様としては有名なところなので、
中学受験と思しき親子連れから現役高校生、親や親戚一同などなど・・・
いろいろな方が一心に祈っていました。

姪っ子2号は、松本○志という伝統校を目指しているそうです。

生徒会長にして吹奏楽部長、
誰の血を引いたのかは不明の、完璧な内申を有する姪っ子2号。

受験する学校は、当日の試験が肝なのだとか。

おっとり体質で、のびのびしすぎだったり、おまけに自称「チキン」とのこと・・
おばとしては心配です・・・。

が、本人と両親はのほほんとしています・・。
受験生という緊張感がどこからも感じられません。


神社には絵馬が鈴なり、みなさんやることをやってあとは神頼み、です。
a0138134_17301520.jpg


頑張れ全国の受験生‼
[PR]
by alexcorgi | 2014-01-12 17:31 | ひとりごと | Comments(0)

父のアルバム。

a0138134_2232428.jpg

納戸の片づけをしていたら、古い古いアルバムを発見しました。

18歳で鹿児島から上京してきた父が、
東京での生活を収めたアルバムです。

多分、少なかったはずのお給料を貯めて購入したであろうコートを着て、
少しかしこまって、背伸びをしてポーズをとる10代の父。


手書きで一言がさりげなく添えられていたり、
レイアウトも考えて写真が貼られています。

ページの中心には「上野の先輩」と書かれた写真が。
写っているのは、西郷隆盛の銅像です。

さすが鹿児島人・・・。
西郷さんは郷土の誇りとして外せないのでしょうか?

故郷を忘れられない父の心情が容易に想像できます。

そういえば…先日、父と母が亡くなったというお知らせを
父の年賀状リストの方にお出ししましたと書きましたが、
鹿児島時代の同級生からお電話をいただくことがあります。

これが・・・バリバリの鹿児島弁で、半分以上理解不能です…。

「お墓はどこにあるのか?」という質問を理解するのに
5分かかったりしています・・。

私のあまりの理解力のなさに、
「あんたは、こっち(鹿児島)で育ってないの?」と言われても・・・。
東京生まれの東京育ちの上、鹿児島に行ったのは4,5回のみなんです・・・。

そのディスコミュニケーション具合に、日本は広いのだと改めて思ったり…。

父の名前を君付けで呼ぶご高齢のご婦人に微笑ましさを感じたりしています。

この夏は、両親とアレックスを送り、
死というものがあまりにも身近になってしまい、
まるで染み込むように自分の一部になっている気さえします。

人間誰しも明日生きている保障はない。
そんなことは頭では理解していても、
自分とは遠い出来事だと思っていた・・・。

そんな昔にはもう戻れないのだと今更ながらに感じています。

私が相次いで両親を、そしてアレックスを失ったことを知った年上の男友達は、
掛ける言葉がないと、私に電話できず、
出張先の海外から時差も考えずに私の友人に電話をしてきたそうです。

「私は大丈夫ですよ」と自分から連絡するのもなんなので、
そのままにしてあります・・。

一方、昨日は17歳年下の女友達から、お悔やみメールをいただきました。
ボローニャ時代に知り合った聡明な彼女の礼を尽くしたメールは、
どこか乾いた印象をうけました。
彼女のご両親はまだ50代ですからね・・・。

メールの終わりに当たり前のように添えられた、次の「ボローニャ会」いつにします?
の一言が、日常に連れ戻してくれるようで、
逆にうれしかったりしました。

彼女の死とは無縁な日常が、私にとっても救いになったとでもいうのか・・・。

なんて、重いことを書いていますが、
来月の4日からは9年ぶりにイタリアに行ってきます。

それも18日間も。

もう寒い季節ですが、北を中心にゆっくりしてこようと思います。
[PR]
by alexcorgi | 2013-10-17 22:33 | ひとりごと | Comments(2)

父の友人。

a0138134_1755255.jpg

父と母が亡くなったお知らせを出したら、
父の友人の方がお線香をあげに来てくださいました。

多分、私が生まれた頃から知っている方で、
30年ぶりぐらいの再会です。

甲府で購入してきたお茶請けをお出しして、
2時間余り思い出話を・・・。

結婚する前の父とはスキーや温泉にも行ったそう。

とても若く見えた父は、父親になってからも仲間内で「万年青年」と呼ばれていたそうです。

お酒もタバコも飲まず、吸わず。
女性問題もまったくない真面目な父だったそうです。

それは娘から見てもそうでした。

スキーや温泉の話は、私の知らない父の青春時代のことで、
当たり前に父にも青春を謳歌した時代があったのだと、なんとなく嬉しくなりました。

そういえば甲府で、こんなものも購入しました。
a0138134_1834535.jpg

桔梗信玄餅はいろいろ種類があったのですね!

こちらはプリン。

要冷蔵のため限られた店舗でしか入手できないそう。

柔らかい和風プリン、美味でした。
[PR]
by alexcorgi | 2013-10-15 18:06 | ひとりごと | Comments(0)


イタリア、読書、海外ドラマ鑑賞、欧州サッカー観戦が好きなもの。最近はハイキングとラグビー観戦も…。タイトルは伊語で「明日は素敵な日になる」という感じです。


by alexcorgi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
コーギー・アレックス
読書・映画・音楽・アート
お食事・飲み物・スイーツ
食器・ティーカップ
ひとりごと
お気に入り
インテリア・雑貨
暮らし
イタリア/イタリア語
カルチョ/スポルト
お仕事
おでかけ・お散歩

山・ハイキング
ダイエット
お買いもの
リモージュボックス
コスメ・美容・アロマ
ステイショナリー
海外ドラマ
介護
ごあいさつ
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

フォロー中のブログ

海外ドラマをもっと見ようよ!
ルーマニアへ行こう! L...
= WE'RE HERE...
自由気ままに♪
Because the...
Piccoli Pass...
Happy Day
英国屋台
flying together
ミンミンゼミ
晴れたらいいね♪
tabikago
♪Allegro mod...

最新のコメント

こんばんは、またもお邪魔..
by chako at 23:56
chakoさん こ..
by alexcorgi at 22:19
こんばんは、またもお邪魔..
by chako at 23:51
chakoさん こ..
by alexcorgi at 21:23
こんばんは、ご無沙汰して..
by chako at 00:01
ブゥオン・ナターレ!! ..
by alexcorgi at 21:20
こんにちは、またもお邪魔..
by chako at 09:50
chakoさん い..
by alexcorgi at 12:58
こんばんは、またお邪魔い..
by chako at 18:40
chakoさん い..
by alexcorgi at 22:03

リンク


second me

(ジャックラッセルテリアのLinnちゃんのページ)

日伊文化交流協会

(がっちゃんさんのイタリアに関するページ)

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ミラノの華麗なる貴族コレ..
from dezire_photo &..
ミラノの華麗なる貴族コレ..
from dezire_photo &..
お花を飲もう♥ ニワ..
from ルーマニアへ行こう! Let..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
スポーツ

画像一覧