domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

新緑の鐘撞堂山へ。

a0138134_20354989.jpg

少し寝坊したけれど、とてもいいお天気だったので、東武東上線の終点、寄居駅から歩いて行くことのできる
「鐘撞堂山」へいってきました。
山と呼ぶにはおこがましいような標高330m…。
しかし、頂上からは関東平野を一望できる素敵なところでした。
頂上には見晴台やベンチもあり、おにぎりを食べたりコーヒーを飲んだり、ボーっとしたり…。
青空と緑を満喫しました。
a0138134_20342319.jpg

こちらは鐘撞堂山の名前の由来にもなった頂上にある鐘撞堂。
戦国時代に鉢形城の物見山だった場所で、
異変を察知するとここで鐘を撞いて知らせたそう。
a0138134_2025833.jpg

町と反対側には秩父の山が広がっていました。

1時間ほどゆっくりしてから、円良田湖を目指し下山。
a0138134_2041281.jpg

木漏れ日さす新緑に囲まれた緩やかな下り坂をウキウキしながら下ります。
a0138134_20415688.jpg

山の中にひっそりとたたずむような湖では太公望たちが釣り糸を垂れていました。

次に目指すは秩父鉄道の波久礼駅。
a0138134_2044268.jpg

山つつじをくぐり、5百羅漢を愛で…。
a0138134_20444693.jpg

のどかな里を歩きました。

a0138134_20365923.jpg

今回のハイキングは、アップルウォッチでログをとってみました。
走行距離は12キロ、20,000歩のハイキング。

途中「最寄りの駅は?」とsiriに訪ねながらの旅でした。

青い空と生まれたばかりの瑞々しい緑のコンビネーションは
いつみても美しく、小さなパワーをたくさんもらった気がします。

[PR]
by alexcorgi | 2017-04-30 20:47 | 山・ハイキング | Comments(0)

準決勝の相手はモナコ。

a0138134_2223710.jpg

CLもいよいよ準決勝。
ユーヴェの相手はモナコに決まりました。

若くて勢いのあるチームだと思いますが、
今のユーヴェはたとえどこが来ようとも臆することなく戦えるはず、そんな風に思います。

2年前のベスト4では、口の悪いサッカーファンに3強1弱なんていわれ方をしました。
欧州ではすぐにこんな画像が作られ、あっという間に拡散されつたところからも
当時の世間の目とユーヴェの立ち位置がわかります。
a0138134_22375730.jpg

レアル、バルサ、バイエルンというメガクラブは3頭のライオンに例えられ
狙われるか弱きシマウマがもちろんユーヴェ…。
他チームは、準決勝でユーヴェと当たりたいと堂々と口にしていました。

結果としては、準決勝でレアルを破り、こんなコラ画像が出回ることになりましたけど…。
a0138134_22393329.jpg

が、窮鼠猫を噛む的な扱いをされた記憶が…。

その後バルサに敗れ、準優勝で終わったとき、
多くのユヴェンティーノは悔しさを感じるとともに「よくやった」と心の底から思ったもの。
B落ちから10年弱、ようやくここまで戻って来た、そんな感慨が胸をしめ、
全力で戦った選手を讃えていた気がします。
あの時ユーヴェは、明らかに挑戦する側にいました。

あれから2年。あの時の悔しさをバネに、
本来いるべき場所である欧州のトップの座に、挑戦を受ける側の立場に戻りつつあるユーヴェ。

昨年夏のメルカートで、らしからぬ大盤振る舞いをしてイグアインを獲得し、
ライバルローマからは中盤の要のピャニッチを迎えたりしました。

ディフェンスはトップレベルだけれど、フォワードは…。
そういう文脈で語られることの多かった前線部分の積極補強を目の当たりにして、
フロントは本気でユーヴェを欧州の中心に据えたいのだと感じたものです。
さらにアタッカーだけでなく、サイドバックにダニ・アウヴェスを迎えたり、余念のない補強に欧州での地位確率への強い思いも感じました。

が、願ったからといって、選手を揃えたからといって、目標が実現できるかは別のお話し。
なんて冷静に思ったりもしていました。
事実怪我人が多くてリーグ戦で躓くこともありましたしね。

が、ユーヴェの欧州プロジェクトは着々とその歩を進め、
ビッグイヤーという目標に手が届きそうなところまでやってきました。
選手のまなざしからも、どうしてもCLで優勝したいという気迫のようなものを感じます。

そして、気がつけば周りの景色も少し変わっていました。
2年前のベスト16「ユヴェントスごときに負けるわけがない」
なんてことを心無いドルトムントファンに言われて憤慨していた頃には思いもよらなかった賞賛が各方面から…。

曰く、芸術のような守備、欧州最高の盾、ベスト4の中で一番バランスがいい、
優勝候補はユヴェントスだ…などなど。

ずっと虐げられてきた(勝手にユヴェンティーノは思ってます)ので、
褒められると居心地が悪く感じるのも事実ですが、
愛するチームが褒められるのはやはりうれしいもの。

しかし、目標はまだ先です。
あと3つ勝って、是非ともビックイヤーを掲げてほしいと切に願っています。

Forza Juve,fino alla fine!!!

[PR]
by alexcorgi | 2017-04-21 23:11 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

ユーヴェ、ベスト4進出!!!

a0138134_621145.png

2年前の決勝と同カード。
あの時はあきらかに挑戦者だったユーヴェですが、今回はどうどうと渡り合い
自分たちの哲学を貫き、持ち味をいかんなく発揮。
したたかな戦いぶりで、トータルスコア3-0で勝利しました。

2試合を通じてバルサに得点を許さない。
あのカンプノウでバルサを沈黙させる。
守備というのもひとつの強固で美しい❝剣❞なのだと、
あらためてユーヴェに教えてもらった気がします。
ほんと、素晴らしい集中力、強い勝利への欲求、ゆるがない確固たる意志を感じる試合でした。

3-1でバルサの勝利、勝ち抜けはユーヴェ。
なんて予想していたのですが、
ある意味、相手に一番ダメージのあるスコアレスドロー。
ユーヴェは、ユーヴェらしく極上の引き分けを演じて見せました。
まさに老獪なユーヴェ。

アッレグリと選手に拍手!

a0138134_6425321.png

みんなお疲れ様! ユーヴェの守備前の陣形はとても美しかった。
あなたたちは我々の誇りです。

イグアイン、相変わらずでした…次、がんばれ!
がんばってもらわないと困る…。
クアドラ、ビックゲームに強い?
ケディラ…次節いないのは辛い…でもクラ王子が頑張ってくれるはず。
アウヴェス、いろいろな意味でありがとう。
クラ王子がベンチ外だった理由は不明…。

それにしても倉敷さんと水沼さんのテンションがだんだん下がっていくのも面白かったです。
相変わらずみんなバルサがお好きなようで…。

P.S.勝利の後にみんなでディナー。
a0138134_10091768.png
いい顔です。

[PR]
by alexcorgi | 2017-04-20 06:43 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

アップルウォッチを購入してみました。

a0138134_2302031.jpg

ガジェット好き、さらに時計好きを自認する身ですが、
今迄あまり触手が動かなかったアップルウォッチ。

ハイキングをするようになり、GPSウォッチを買おうと思うにもお高すぎて断念。
そんな時、「私が行く低山レベルなら、これでいいのでは?」なんて思い至り
❝アップルウォッチ 登山❞で検索。
結果、GPS機能装備はもちろんのこと、歩いた距離やカロリー数なども計測でき、
スマホを出さずとも手元で地図の機能も使える。
おまけけに心拍数も計ってくれるとか…。

俄然ほしくなり、アップルストアへ。
ケースの色をシルバーとゴールで迷いに迷い、汎用性の高さでシルバーをセレクトしました。
シリーズ2の 38㎜を購入。

a0138134_2313217.jpg

元はホワイトバンドだったのですが、それだとスポーティ過ぎ、
おまけに白すぎて悪目立ちするため写真のぺブルを追加で購入しチェンジしました。

これがすごくいい! 赤味が少し入ったグレージュ系?
肌馴染みもいいですし、落ち着いた色合いのため、
カジュアルにもベーシックスタイルにも合いそうです。
無駄な自己主張がないところも◎。
ファッションアイテムとしても優秀です。

早速アップルペイに登録して、クイックペイでお買い物してみました。
会社に行く途中にコンビニでコーヒーを購入したり…。
最初はちょっと気恥ずかしかったのですが、時計で“ピッ❞でお買い物終了。便利です。
仕事の合間にちょっとコンビニまで、そんな時も手ぶらで行けます。

ほかにもSiriに「16時に電話リマインド」なんて話しかけると、
その時間に手元で“ブルッ”して教えてくれたりします。

最初の気恥ずかしさに慣れると、いろいろ便利に使えそうです。
ちなみに本日は11000歩歩いておりました。
週末に山で使ってみようかな…。

動くのが楽しくなる時計です。

話は変わりますが、腕に巻かれたミサンガは友人のメキシコ土産。
しっかりあみこまれ、結構丈夫そう。
身に着けてから1カ月余りたちますが、まったく劣化してません。
人生初ミサンガ。いつ切れるのか、興味津々です。こちらも。

[PR]
by alexcorgi | 2017-04-19 23:20 | お買いもの | Comments(0)

桃源郷 ユガテで桜三昧。

a0138134_21342663.jpg

埼玉県、飯能市にあるユガテは山の中に佇む桃源郷と言われているとか。

お友達ご夫婦とワンちゃんと、3人と1匹は、
西武線の東吾野駅から、山間の集落を歩いて桃源郷を目指しました。

春爛漫、花と緑に溢れたのどかな景色が広がります。
a0138134_2136177.jpg

福徳寺を過ぎ、山に点在する桜を楽しみました。
a0138134_2143086.jpg

花、緑、川のせせらぎ、日常から離れほっと一息できる長閑な空間が広がっています。

途中少しだけ山に分け入り、杉林の中を登っていくと、
急に視界が開け、花と緑に彩られた素敵な場所が待っていました。
a0138134_21442118.jpg

見事な枝垂れ桜が艶やかな姿をみせて、
a0138134_21445850.jpg

まるで美しいカーテンのようでした。

周りを山に囲まれた盆地は、山間の隠れ里のよう。
色とりどりの花が咲き乱れ、ゆったりとした時間が流れていました。
a0138134_21464527.jpg

不思議な場所、ユガテです。
a0138134_21471921.jpg

桜もさまざま。
a0138134_21503246.jpg

そして本日も山専ボトルで、コーヒー。
a0138134_2151059.jpg

練乳をたっぷり入れて糖分補給。

山を降りてから、クルマで鎌北湖に周りました。
a0138134_21515896.jpg

紅葉のシーズンに錦に染まっていた場所は、ほんのり桜色に。
今日はルナちゃんも一緒でした。
a0138134_21531919.jpg

帰りは川越をまわり、名物の茶そば。
a0138134_21535843.jpg

a0138134_21541599.jpg

充実の一日でした。

[PR]
by alexcorgi | 2017-04-15 21:54 | 山・ハイキング | Comments(0)

ユーヴェ、ファーストレグ勝利!

a0138134_804891.jpg

ベスト4をかけたCLのバルサ戦ファーストレグ。
ホームで3-0で勝利しました。


全員のインテンシティが高く、魂のこもった試合をしてくれたユーヴェ。
もうそれだけでうれしくなります。
a0138134_895775.jpg

ディバラ、美しい2つのゴールでまさに宝石のような輝きを見せてくれました。
本日のクアドラさんはよい方のクアドラさん。
マンジュキッチは相変わらずFWなのに自陣ペナルティエリアで大活躍。
アウべスさんが、たのもしく後輩ネイマールをしめる姿に拍手喝采。

ジジは相変わらずどっしりとユーヴェを支え、
ボヌッチはきちんと守りで責務をこなし、
キエはゴールまで披露。
ユーヴェご自慢のディフェンス陣は見ていて気持ちのいいものでした、相変わらず。

アレックスサンドロは目立たずも要所で力を発揮し、
ピャニッチ、ケディラも落ち着いたプレイをしていました。
ゴンザロさんは悪くないけれど、相変わらずビッグゲームでは点を獲れないお人でした。

ファーストハーフはよかったものの、セカンドはすこし押されていたような…。
押されて守りに入った結果の敗戦は、昨年のバイエルン戦セカンドレグの苦い記憶。
アッレグリユーヴェの課題だと思います。

ホームでの3-0の勝利は、普通だったらベスト4への切符獲得のようなものですが、
忘れてはならないバリ×バルサの戦い。

4-0をひっくり返したバルサですからね…。
とはいえ、ユーヴェの守備はパリとは一線を画するものだと思ったりも。

守ろうとしない、それがセカンドレグのキーワードだと思います。

FORZA JUVEEEE!!
[PR]
by alexcorgi | 2017-04-12 08:29 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

赤いiPhone。

a0138134_1083753.jpg

iPhone6を2年半使用して、そろそろ買い替えを…なんて思っていたところに赤が出たので、
購入してみました。

鮮やかな赤というよりは、深い赤です。
ケースはホイールの黒などスタイリッシュなタイプがお似合いだと思うのですが、
そうすると赤黒でミラノの某チームのようなので却下。
透明タイプにしました。

a0138134_10103245.jpg

今まで使っていたゴールドと違い自己主張具合が半端なく…。
ガジェットであること以前に“私は赤いiPhoneです”と自己主張しているかのよう。

iTune経由でデータの移行はサクサクできたのですが、
あれ!? キャリアメールが無くなっています。
[PR]
by alexcorgi | 2017-04-11 10:13 | お買いもの | Comments(0)

ご額学習向けラジオ。

a0138134_12171623.jpg

新たな年度に、錆び付いたイタリア語と全くダメな英会話の勉強を少しでもしてみよううと思い、
形から入る習性を発揮して、ソニーの予約録音対応ラジオを購入してみました。
NHKのラジオ講座用にです。

ICレコーダーとしても使えるこちらは、スピーカーに指すことのできる小型ラジオ。
予約録音機能がついていて
a0138134_12271691.jpg

こんな風に外して持ち運びができます。

電車の中で聞いてみようかと。隙間時間に勉強しようかと…。

もう15年以上前にイタリア語の学習を始めたとき、
イタリア文化会館に週1で通いつつ、ラジオのイタリア語講座の入門編を聞いていました。
ラジオ講座のダイアローグを毎日30回音読、さらに聞きながら会話を書き写していました。
今考えると、スピーキングとディクテーションをやっていたのですね。
さらに講座の中で理解できないところは、イタリア文化会館の先生に質問。
こうと決めた時の集中力はある方なので、
半年終えたころにはかなり進歩した実感がありました。

NHKの講座が役に立ったと思うのは、
今でもそのとき覚えた会話がスッと口から出てきたりすること。
実際イタリアの語学学校に通っていた頃、覚えた慣用句を使ってバリスタと会話したら、
「よく勉強しているね」と感心されたことも。
NHKの語学講座は真剣に聞けばかなり有効な語学学習手段だと思います。

で、春開講の英会話とイタリア語の応用編を1週間聞いてみました。
30回音読するような根性はもう持ち合わせていませんが、
電車でダイアローグを聞いて、家でそれを口にしてみたり…。
気長に続けてみたいと思います。

ちなみにイタリア語講座は、応用編のみを聞いています。
今期は美術をテーマにしたお話。
この講座のイタリア人の先生の写真をみて、どこかで会ったかしら?
と思ってプロフィールを読むとボローニャの語学学校でよく郊外学習に連れていってくれた先生でした。

元々東洋美術に興味のある彼は語学校で知り合った日本人の女性と結婚。
そのため彼の日本語が女性っぽかった印象がありました。

彼が見せてくれた日本語学習の古い本の例文に
「眼鏡のたまがとれた」という日本語があり、
「今どき❝たま❞なんて誰も言わないし、そんな例文を覚えてどうするのか」と思ったことが…。
生きた語学学習って難しいと思った記憶がよみがえりました。
[PR]
by alexcorgi | 2017-04-09 12:58 | イタリア/イタリア語 | Comments(0)

春の鎌倉散策。

a0138134_216868.jpg

1日お休みがとれたので、思い立って鎌倉へ。
藤沢から江ノ電の乗って、車窓に広がる海を楽しんで長谷で下車。

果たしてここは日本なのだろうか?
そんな風に思えるほど、いろいろな言葉が飛び交う喧騒のメインストリートから離れると、
坂を上ったさきで桜が出迎えてくれました。

最初に訪れたのは1274年に建立されたとされる光則寺。
長谷寺から鎌倉大仏に行く途中にある山に抱かれたお寺です。

日本人でも訪れる人はまれなのか、ひっそりとした境内で聞こえてくるのは
風が木々の梢を揺らす音と鳥のさえずりのみ。
ゆっくりと深呼吸したくなる、そんな場所でした。
a0138134_21153031.jpg

普通は桜が散るころに咲き始める花海棠(はなかいどう)が、
あざやかに咲いていました。
a0138134_21174886.jpg

お寺の方によると、満開前の今が一番美しいとか。
バラ科の植物らしい、華やかさと艶やかさ。
ちょっと色っぽい花だなと思っていたら、楊貴妃の湯上りのほんのり染まった姿が
花海棠のようだと例えられていたのだとか…納得です。

a0138134_2117840.jpg

花の寺には、さまざまな花が咲いていました。
このお寺、手作り感がそこかしこに合ってとても居心地のよい場所でした。

a0138134_21215017.jpg

久しぶりに大仏様も参拝。

そして、海へ。
a0138134_21223499.jpg

砂浜を歩くのなんて何年振りか…記憶にないくらい昔のような気がします。
晴れ渡った空と、そよぐ風、あたたかな日差し…。
麗らかで、長閑で、穏やかで静かなお散歩日和でした。

由比ガ浜から鎌倉駅の方角に歩いている途中で、本覚寺に吸い込まれると
見事な枝垂れ桜が咲いていました。
a0138134_2125449.jpg

さらに山のふもとに向かって歩くと、大きな山門が。
妙本寺です。
a0138134_21344128.jpg

鎌倉の桜はまだ3分咲きくらいなのですが、こちらは満開。
御朱印をいただいたときに伺った話だと、
今日は年に一度の桜日和だとか。
a0138134_21391224.jpg

ちなみにこのお寺は、花海棠のお寺として有名で、
その花の下で、一人の女性を巡って絶縁状態になった小林秀雄と中原中也が再会した場所なのだとか。

桜は週末に満開になる聞いていたので、海を見に行くつもりで訪れた鎌倉でしたが、
そこかしこで偶然にも花に出会えた今回の鎌倉散歩。

とても美しく素敵な1日でした。
[PR]
by alexcorgi | 2017-04-04 21:45 | おでかけ・お散歩 | Comments(0)