domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

山ギアが増えてます。

a0138134_10322895.jpg
乗鞍に行く前に、本格的な登山靴を購入。
ショップに行き、足のサイズや形を考慮して選んでもらいました。

骨盤の歪みから、膝に負担が掛かっていたそうで…膝の痛み原因がわかって一安心。
それを矯正するための中敷もセットしてもらいました。

まだ乗鞍と高尾山しか行っていませんが、
今の所悩みだった膝の痛みから解放されてます。
靴全体が足を程よくホールドしてくれて、前の靴のように中で足が遊ぶことがないため、下りもスイスイ歩けます。

やはり靴選びは大切だと今更ながらに思うのですが、
実はこれは夏のアルプス仕様。
お店の方も「高尾山で履くのはちょっと…」と苦笑いしてました。
となると、低山メインの登山靴を購入したほうがいいのか…悩むところです。

a0138134_10414171.jpg
そしてザックの方も、日帰りから夏の一泊にも使える33リットルをゲット。
グレゴリーの女性用・ジェイドです。
今までの街中でも使えるものと違い、至る所に配慮が行き届いてます。
ショルダーと腰ベルトはソフトで体に優しい感じですし、背面のメッシュは通気性がよく汗の不快感が軽減されます。
背負い心地もグッド!

蛍光色やピンクなどは避けたいと思っていたら、
靴もザックも黒とグレーという超地味仕様になりました。
a0138134_10435096.jpg
中身も充実して来ました。
1人登山が多いので、何かあった時の備えは一応…。

上下に分かれた雨具、ヘッドランプ、コンパス、地図、ファーストエイドキット、一人用簡易テントツェルト、エマージェンシーシートなどこの趣味にはまらなかったら縁遠いグッズ達です。

グローブやアームカバー、ナルゲンボトルもさらに増えてます。
ザックの中の整理整頓のため、小分けの袋も大活躍です。

格好とグッズのみ一人前になってます。

[PR]
by alexcorgi | 2017-08-30 10:31 | 山・ハイキング | Comments(0)

ユーヴェ、2戦目も勝利!&オールブラックス!


a0138134_13373427.jpg
2戦目は、ジェノアとのアウェイ戦。
開始早々オウンゴールで1点を失い、
さらには今週もまたしてもビデオ判定でPKを献上。
今回は得点を許したユーヴェです。

開始6分余りで2-0のリードを許すなんて久しぶりのことのような。
ジェノアのスタジアムは、もう勝利したかのようなお祭り騒ぎです。
が、このクラスの相手にそのまま敗れるようでは…と思っていたら、まずはディバラで1点。
こういう先行された試合の中で、10番が得点し周りを鼓舞する。
これです、ユヴェンティーノが望んでいたのは。
開幕戦もそうでしたが、ディバラの存在感が増しています。
ユーヴェの10番を着けることの意味を分かっています、ディバラ。

ジェノアの選手もホームの後押しを受けて、勇気をもってプレーしていました。
昨年も苦戦したこのスタジアムは、ユーヴェにとって鬼門のようでもありますし…。

が、ビデオ判定で今度はユーヴェにPKが与えられてディバラが決めて追いつきます。
久しぶりにユーヴェに現れたハンサムな10番としてもファンの絶大なる人気を誇るディバラです。
後半、クアドラさんのゴールも決まり、
試合終了間際にはディバラが決めて本日トリプレッタ‼!!
2ー4で勝利しました。
a0138134_13370140.png
ユーヴェにきて初、セリエでも初のハットトリックだそう。
途中出場のマテュイディ、さらにはベンタンクールもすぐ試合に入っていました。

一番上の写真のディバラの右隣のベンタンクール。
ユーヴェではお馴染みのウルグアイ産の20歳の彼。
将来が楽しみな存在です。

心配なのは、後ろですね…。
試合終了後、もう一人の10番候補だったのベルナルデスキと。
a0138134_13372155.png
ディバラ、ベルナルデスキ、ベンタンクール…ヤングユーヴェの面々をみると、明るい未来を感じます。


余談ですが、今節の審判のジャージが、何年か前のデルピエロが居た頃のピンクジャージのようで…懐かしかったです。

a0138134_13554065.jpg
続いて録画しておいたチャンピオンシップのオールブラックス×ワラビーズも観戦。

速くて鋭くて激しくて、私がいつも見ているラグビーとは別のスポーツのようです。
オールブラックスのパスワークを見ているだけでもうワクワクが止まりません。

そして、なんなのでしょうサッカーとの佇まいの差は?
無骨で男臭くて、でも紳士な感じ
思い当たるのは選手の動きでしようか。
ラグビーの方がキビキビしてます。
倒れてますが立ち上がる、速やかに次の行動に移る…そんなところが違うのかなと。

試合は…先週ホームで敗戦を期したワラビーズのインテンシティが非常に高く、
さらにやることなすことがハマリ、一時は17点リードも!
しかしながらホームでの負けは許されない王者が底力を見せて勝利しました。
見てる方まで熱くなる、いいゲームでした。

2019年には是非とも生で見たいオールブラックスです。

ラグビーと言えば、金曜日はもちろん秩父宮でした。
a0138134_14082785.jpg
サントリー、前半のうちにマットギタウと松島のトライなどで試合を決め、後半はダメダメでした。

[PR]
by alexcorgi | 2017-08-27 13:43 | カルチョ/スポルト

真夏の高尾山。


a0138134_23231316.jpg
毎日毎日、飽きもせずに雨が降る不穏な8月。 
週末も悪天候のことが多く、山登りはご無沙汰気味。
お盆の千畳敷も結局登山はできずじまいだったですし…。

先週の土曜日、起きたらくもりだったのでどうしても山に行きたくて近場の高尾山へ。
暑い時期なので、6号路・琵琶滝コースをセレクトしました。
川の傍らを登り、滝の横を抜けていく道です。
川を渡ってくる風が少しひんやりとしてこの季節には気持ちのいいコース。
a0138134_23324418.jpg
途中河原に下りることもできます。
とはいえ、蒸し暑い日でけっこうバテバテ。
多めに水分を取り、ゆっくり進みました。
a0138134_23383203.jpg
コースの途中には、沢を登る箇所もあり、テンションが上がります。
棒ノ折山の時も思いましたが、浅い川の中を行くのは、
冒険しているみたいで好みです。

いつもの1号路〜薬王院とは趣の違う、自然を満喫できるコース。

頂上直下は苦手な階段が続いてうんざりもしましたが…。
そこはマイペースに、休み休み上りました。
a0138134_23401234.jpg
さすがに頂上も人が少ない夏の午前中の高尾山。
おにぎりを食し、霞がかかったような山の景色をボーッとしながら楽しみました。

a0138134_23424778.jpg
帰りは吊り橋のある4号路で。
夏の低山は濃い緑に包まれて、むせかえるような、息苦しいような‥なんだかもっさりとした雰囲気です。
a0138134_23513890.jpg
途中を足をつったので、すこしふあんになり帰りはリフトに乗ってらくちんに。
こういう逃げ道のある山は私にはありがたい…。

下山後、ソフトクリームを食べてから温泉に。
お風呂上がりのビールも飲んで、さっき頂上でおにぎり食べたのに、お刺身天ぷら定食をいただきました。
登山と温泉後の食事は何故美味しいのでしょう?

充実の1日でした。

[PR]
by alexcorgi | 2017-08-23 23:49 | 山・ハイキング

セリエA 2017-2018シーズン開幕。


a0138134_18113841.jpg
セリエAの新シーズンが開けました。
ユーヴェは毎年のように主力が抜けての開幕を余儀なくされ、
今年こそは主力そのままで+αという状態を期待していたのですが…。
ボヌッチがミランに行くという想像もしなかった展開に、正直ショックを通り越して呆然としました。

守備の要だったボヌッチ、子供のころから熱狂的なユヴェンティーノだったボヌッチ。
出場停止の時、熱狂的なファンの集まるクルバに行って一緒にユーヴェを応援していた彼を思い出すと言いようのない悲しみに襲われます。
その彼がCLにも出れないミランに行くというのは、きっといろいろな事情があったのだと思わざるを得ません…。
赤と黒の縦じまを着た彼にはいまだに慣れなくて、まるで悪い夢でも見ているようです。

が、そんな感傷に浸ってる間にもユーヴェの補強は進み、ベルナルデスキ、さらに開幕間際にマテュイディもやってきました。
ユーヴェとは移籍市場で因縁のあるフィオやPSGからの獲得です。
バイエルンから移籍して来たドウグラス コスタもいましたね。
ネトが抜けてしまったキーパーにはアーセナル(ローマ)からシュチェスニーを獲得しました。

さらに、昨年欠番だった10番をディバラが背負うことに、彼はユーヴェの10を背負うことの意味をきちんと解っていると思います。というか、そう思いたい…。

なんだかんだで中盤から前の層はかなり厚くなっているような。それに引き換え…大丈夫か最終ライン。

ボヌッチとアウヴェスが抜けて、今のところの補強がデシリオのみというのが不安材料です。

セリエの放送の解説陣は、開幕からしばらくはユーヴェから去った人のことを
まるで他チームに奪われたような言い方をして、その穴をことさら大袈裟に語るような気がします。
テヴェス、ヴィダル、ピルロの時や、昨年のポグバの時もずっと言われ続けうんざりしました…。
もちろん今期はボヌッチとアウヴェスの居なくなった最終ラインの不安を必要以上に繰り返していました。
そんなことはね、ファンが一番わかっています。
そして、ショックは受けたけれど、長いリーグ戦を戦う上ではそこまでは気にしていないのがユヴェンティーノたちであることもお伝えしたい。

で、肝心の昨日の試合ですが、カリアリ相手に3-0で勝利!
それもマンジュキッチ、ディバラ、イグアインという獲るべき人が得点しての。

途中、セリエ初のビデオ判定によるPKがカリアリに与えられ、ひやっとしましたがジジがセーブ!

今年は開幕から何試合かは格下相手ばかりなので、ゆっくり調整してほしいと願うばかりです。
a0138134_18260319.jpg
今回はベルナルデスキの出番はなし。
ユーヴェに久しぶりにやってきたイタリア産のファンタジスタ。
大事に育ててほしいと思います。
それにしてもこの写真の彼はルックス的にもクラ王子の後継者になれそうなイケメンぶり。
タトゥーの多さが気になりますが‥。
クラ王子はプレシーズンからの好調を開幕戦も維持。
中盤で試合を締める姿は頼もしいばかりでした。

今年はほかのチームも積極補強を敢行し、ナポリはその熟成度を高めています。
いつもより厳しいシーズンになると思いますが、
FORZA JUVEEE,FINO ALLA FINE!!

余談ですが、カリアリには我らがタリズマン・パドインがいます。
交代の時はユヴェンティーノからは万雷の拍手。
さらに「パドイン〜」の合唱も!
あいかわらずの愛されっぷりです。
ボヌッチがユヴェントススタジアムもとい、アリアンツスタジアムに来たら、みんなどんな迎え方をするのでしょう…。

[PR]
by alexcorgi | 2017-08-20 18:31 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

2017 トップリーグ開幕。

a0138134_07315358.jpg
私にとって3度目のラグビーシーズンが始まりました。

S席を取ったら、一列目の選手席の通路を挟んだ隣。
横を見ると…。
a0138134_07342945.jpg
こんな感じで控えの方達が!

第1試合は、リコー×NTTコム。
黒いジャージのリコーが意外に善戦。
隣の選手たちが繰り広げる応援と、溢れてしまう素直な感想にリコーへの好感度アップ!
鍛え抜かれた体軀は、シンプルなポロシャツ姿でもかっこいいこと…。

a0138134_07383832.jpg
コムのナキが1人気を吐くものの、リコーが逃げ切りました。

そして第2試合はお目当のサントリー。
田村やカークが入ったキヤノンとの戦いです。

いました、マット・ギタウ!
a0138134_07404405.jpg
オーストラリア代表キャップが100を超える名選手。
意外に小さくてびっくりしますが、随所に流石のプレイを披露していました。

1試合目とは明らかに違うスピードと激しさ、
鋭いサントリー健在です。

a0138134_07425442.jpg
さすが開幕戦、選手の気迫も体力も溢れている感じが素晴らしい。

あいにくキヤノン側だったのでこんな方達がお隣に。
a0138134_07443992.jpg
負けているからか、先ほどのリコーの方達に比べて静かでした…。

32-5で、サントリーは危なげなく勝利。

激しくぶつかる様を久しぶりに目の当たりにして、
今年もワクワクを体験できそうな気がしました。

週末は山かラグビーか?
悩むところです。


[PR]
by alexcorgi | 2017-08-19 07:31 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

千畳敷へ。

a0138134_19142780.jpg
お盆休みを利用して長野県・駒ヶ根市の千畳敷カールへ。
1日目はカール周辺を散策。
あいにくの曇り空でしたが、やはり何度来ても感動する雄大な景色。
前回の紅葉時の趣とは違う緑濃い景色も生命力溢れて素敵でした。
散策路はサンダルやウォーキングシューズの方も多くいらっしゃるのですが、そんな人にも後れを取る重装備の私。
本当にお恥ずかしい限りでした。
a0138134_19435160.jpg
カールには200種類もの花が咲きているのだとか。
a0138134_19441617.jpg
こんなユリや。
a0138134_19440855.jpg
変わった形の美しい紫の花も。
つかのま天上の楽園を満喫しました。

今回の旅、本来の目的は誰でも登れるアルプスシリーズとして
先日の乗鞍に続き木曽駒ケ岳に登ることでした。

が、2日の朝、早起きしてバスとロープウエイを乗り継ぎ7時に千畳敷に到着すると、そこは土砂降りと霧の世界…。
スマホで天気予報とにらめっこするも、くもり予報はことごとくはずれ、雨足は強まるばかり。

雨で滑る、霧で見えない…初心者には危険…と判断して登山は諦めふもとに下りてきました。

とはいえ、19時のバスまで何をしよう?
友人と二人とりあえず温泉へ。
ゆっくり温泉を楽しみ、食事をしても有り余る時間…。
近くのお寺「光前寺」に行くことにしました。
a0138134_20055799.jpg
光前寺は、860年に本聖上人により開基された古刹。
枝垂れ桜と光苔で有名なところだそう。
苔の生育に適しているのか、いたるところに瑞々しい苔が。
a0138134_20062395.jpg

こちらは昔より伝わる霊犬早太郎伝説の犬の像。
a0138134_20064776.jpg
雨に煙るお寺は風情がありました。
a0138134_20083642.jpg
今回は残念な結果でしたが、また行きたい千畳敷カールです。
それにしても今年の夏は雨ばかりです…。
a0138134_00223473.jpg

駒ヶ根ということで、名物のソースカツ丼もしっかりいただきました。

[PR]
by alexcorgi | 2017-08-16 19:51 | 山・ハイキング | Comments(0)

エコバッグ。

a0138134_10385688.jpg
久しぶりにエコバッグを購入。
とても薄くて軽い、でもとてもしっかりした作りの
扱いやすい優秀君です。
畳んだ時もコンパクトだから、カバンの中に入れてもおくにも便利です。
a0138134_10401828.jpg
相変わらずのストライプ・ボーダー好きとして、
こちらを。

小さな方は長距離移動のバスなどで、
細々とした必要なものを入れて
座席のフックに掛けておいたりするのにも使ってます。
取り出しやすくてよいです。

大きい方は日々のお買い物に。
2リットルのペットボトルを2本入れてもビクともしない丈夫な子です。





[PR]
by alexcorgi | 2017-08-07 10:38 | お買いもの | Comments(0)