domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

サンゴリアス二連覇。

a0138134_20175839.jpg
サンゴリアスは、リーグ戦全勝のパナソニックとの決勝の戦いに2年連続の優勝を決めました。
おめでとうございます🎊
先週のヤマハ戦といい、今回もリーグでの反省点を見事修正してきたサンゴリアスです。
リーグ戦でパナに負けた後の「負けでしか見えない修正点もある」という趣旨の沢木監督のことばを思い出しました。

週末は山にばかり行っていたので、久しぶりの秩父宮。
間違えて明日の順位決定戦のチケット(それもSS!)を押さえてしまい、
気付いた時にはすでに遅し、本日の良い席は売り切れでした。
a0138134_20210963.jpeg
というわけで、久しぶりのバックスタンド観戦。
風もなく、燦々と日差しが降り注ぎ、眩しさを感じながらの観戦でした。

試合はタイトに激しく意地とプライドがぶつかり合うもの。
サントリーお得意の前へ前へのアタッキングラグビーは、パナの硬いディフエンスに阻まれます。
a0138134_20343846.jpeg
しかし、マット・ギタウは相変わらずスペースを見つける才が素晴らしく、松島幸太朗の動きは華麗です。
中村亮士選手の攻守にわたる動きも見ていて気持ちよかったです。

前半をリードして折り返し、
a0138134_20361941.jpeg
後半はパナの激しい攻撃を受けるサントリー。
お得意の規律を発揮し、しのぎきり12-8で勝利しました。

それにしても激しいぶつかり合いの連続には、ヒリヒリとした緊張感が漂っていて見ごたえたっぷり。

昨年は同じカードでノートライ優勝をしたサントリーですが、この2チームは拮抗したロースコアの展開になるよう。
しばらくは二強時代が続きそうです。

これで私の3つ目のラグビー🏉シーズンも終了です。



[PR]
# by alexcorgi | 2018-01-13 20:17 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

モン族とリス族の素敵な手仕事。

a0138134_18530934.jpg
お友達が働く「シャンティ国際ボランティア会」は、アジアの子供達に教育の支援などを行うNGO。
その活動の一環として、アジアのフェアトレードの商品を販売しているのが「クラフトエイド」というプロジェクトです。

今回、モン族の素敵な刺繍ポーチをいくつか購入しました。(プレゼントされたものもあり!)

1番上の、鮮やかな赤に色とりどりの刺繍がされたポーチは姪っ子にプレゼントしようかなと…。
a0138134_08511302.jpg
手前の白いものはL字ファスナーのお財布なのですが、
お友達の真似をしてポイントカードなどを入れています。
地が白だと刺繍の色が映えて可愛さ倍増です。
柄も洗練された感じで素敵💖。
奥はペンケース。直径があり、長い筆も入るので化粧ポーチとしても使えます。
a0138134_08535726.jpg
小さなポーチは、薬やリップ、ハンドクリームを入れて登山に持っていきます。
細々したものを一まとめにできるのでとても重宝してます。
取り出して使うときにテンションも上がりますし。
a0138134_08554270.jpg
こちらの黒いポーチは1年ほど使用したもの。
ティッシュや目薬、御守りなどを入れていつも持ち歩いてます。
クタッとなり、手に馴染む感じに成長、愛おしさが増しています。
赤い方はお友達からいただいたミニL字ファスナーポーチ。
アクセサリーや薬入れにちょうどいい大きさです。
a0138134_08592230.jpg

最後はこちらもプレゼントしていただいたリス族の小バッグ。
細いの布をパッチワークしたのもです。
この渋い色合いも好みです。

刺繍もパッチワークも、布を丈夫にしたりリサイクルしたりする先人の知恵が結実したもの。

一針一針刺したり、継いだりされたものには、作り手の気持ちがこもったあたたかさを感じます。
使ううちに味わいも増し、愛着も増すというものです。




[PR]
# by alexcorgi | 2018-01-10 08:43 | お気に入り | Comments(0)

富士三昧と薬王院参り。

a0138134_11224699.jpg
山のお友達と陣馬高尾縦走に。
冬のこの時期は大気が澄んでいるためか、
道中ずっと美しい富士山を堪能できました。

高尾駅の北口の陣馬高原行きバスは、いつも通りの長蛇の列。
8時10分のバスに乗り、いざ縦走へ。
それにしても人が多いかったです。

前回同様、陣馬高原から登山口を目指し、
青い空に励まされつつ、木の根の道を延々登ります。

そして、登りきったところで迎えてくれたのは美しい富士山。
a0138134_13310398.jpg
陣馬の馬もお正月仕様になっていました。
a0138134_13315521.jpg
八ヶ岳も少し顔をのぞかせ、
a0138134_13323270.jpg
写真では分かりにくいですか、白根山や男体山も!
陣馬山は3回目ですが、この日が1番な景色でした。
先が長いので、程なく出発。
基本はなだらかな尾根道を快調に歩き、景信山着。
a0138134_13340484.jpg
こんな絶景の富士を眺めながらランチタイム。
12時過ぎてもくっきりと富士が見えました。
a0138134_13361654.jpg
こちらはその先の城山からの富士山。
日が傾いてシルエットのようになっています。
a0138134_13372381.jpg
東側の空はまだこんな感じに青く輝いていました。
ここではお汁粉を食べてエネルギー補給し、高尾山を目指します。
今回は階段を避けて巻道し、頂上は踏まずに薬王院へ。
a0138134_13392882.jpg
久しぶりの1号路はやはり華やかで、
高尾山の多様な魅力を満喫。
今回はリフトで下山して温泉へ。
a0138134_13405063.png
コースはこんな感じ。
a0138134_13410626.png
ショートカットしたり、下山はリフト使用でしたが、それでも16キロは歩いていました。

楽しき一日でした。

[PR]
# by alexcorgi | 2018-01-08 11:22 | 山・ハイキング | Comments(0)

冬のハイキングギア、トップス編。

a0138134_13420100.jpg
冬に登山するのはほぼ初めての経験。
昨年購入したパタゴニアのベターセーターや
モコモコのベストは、コンパクトさに著しく欠け、全くもって登山には向かないことがわかり、新しいものを少しずつ揃えています。

まずは上の写真のダウンセーター。
本当はミドルレイヤーと呼ばれる中間着なのですが、低山にしか行かない私はアウターとして着用しています。
ネイビーに明るい水色のファスナーがアクセント。
本当に軽いです、そして暖かいです。
行動中はくるくる丸めて、コンパクトにザックに収納できます。
a0138134_13414881.jpg
さらに、パタゴニアのR2フリースも手に入れました。
こちらはネイビーにレッドのファスナーがアクセント。鮮やかな赤のアクセントが素敵です。
サイズはメンズのXSにしてみました。

パタゴニアフリースの名作と言われるだけのことがあり、ものすごくいいです。
・暖かい、でも暑すぎない
・コンパクトに収納可能
・吸湿速乾性があり汗をかいても不快でない
・からだにフィットして動きやすい
・デザインや色が素敵
・肌触りがよく着心地抜群
・他のパタゴニア製品同様長持ちするらしい

とよいことだらけの優秀くんです。
ただ、パタゴニアだけあって決してリーズナブルではありません。

ということで、Trekkinnいう海外のサイトで購入。
このサイト、日本で買う3〜5割引で購入できます。
通常の郵送を選べば、送料も750円と国内と変わらない価格です。
今回はすぐ使いたかったので、DHLを選択したら、なんとオランダから4日で届きました!

サイズやデザインが分かっているものなら、断然お得です。
日本人に合う小さなサイズは残っていることも多く、ときどきセールにもなっているので便利に利用しています。
パタゴニアはアメリカからは個人輸入できないので、ヨーロッパのサイトから!

パタゴニアコンビのおかげで寒い季節も快適に過ごせています。
a0138134_14071031.jpg
そして、秋から活躍している本来のミッドレイヤー&パーカーがこちら。

左上のノースフェイスのパーカーは、かなり薄手でコンパクトに収納できます。
夏の電車やバス移動中にも重宝しました。

右上は同じくノースフェイスの薄手のジップアップ。
秋から初冬に大活躍してくれました。
現在は左下の、私にしては鮮やかなエメラルドグリーンのマムートとともに、R2の下に着用しています。

ノースフェイスのネイビーは深く端正な色合いで、好みです。

右下は、この他に黒、青と揃えたユニクロ。
生地は肉厚。一枚だけで着てもボディラインが出ないのが嬉しいです。
3枚でノースフェイス1枚にも満たないリーズナブルさはさすがです。

それにしてもネイビーメインの地味色が多い私の山ウェア。

時々鮮やかな色にも憧れるのですが、着慣れないことゆえ居心地が悪そうな気がすること、
帰りの電車の中で周りから浮きそうなことから敬遠してしまいます。

最近は日常着より山ウェアばかり購入しているような…。
普段の生活ではアウトドアウェアは着ないので、もったいないかなぁとも思うのですが…。

そのうち普段着もアウトドアウェアになるのでしょうか?
たぶんそれはないような…。

[PR]
# by alexcorgi | 2018-01-06 13:41 | 山・ハイキング | Comments(0)

大山、山と海と空を楽しむ。

a0138134_22513822.jpg
年の初めには、やはり富士山を拝みたい。
そんな思いから、本日から仕事だったにもかかわらず、
昨日は大山に行ってきました。

新宿から丹沢フリー切符を購入し、小田急線の伊勢原駅へ。
連日の登山だったので、今回はケーブルカーを利用しました。
a0138134_22580410.jpg
ケーブルカー阿夫利神社駅を降りたら待っていたのは、抜けるような青空。
反対側には陽光を浴びてキラキラひかる海が広がっていました。
この時点でテンションはかなり上がってます。
a0138134_23002801.jpg
阿夫利神社にお参りして、いざ出発。
a0138134_23010290.jpg
いきなり急な階段が迎えてくれます。
階段の幅が狭いのと急なのと…結構怖かったです。
a0138134_23014805.jpg
途中、ゴツゴツした岩や階段の多い登りが続き、初詣で阿夫利神社を訪れ勢いで山に登った風の若者が「もうだめ〜辛い」と嘆いてました…それも結構な数の…。
そんな中、大きな声で挨拶しながら軽装でスイスイと登っていく近くの中学の陸上部の子供たち。
若さが眩しかったです。

この日は日差しが強かったので、久し振りに汗をかきかき登ることに。
奥武蔵や奥多摩の杉林とは違い落葉樹が多いため、空が広く感じられます。
燦々と降り注ぐ日差しは眩しいくらいでした。
a0138134_23053335.jpg
途中、くっきりとした富士山が現れ、思わず見とれてしばし休憩。
雪をかぶった富士の均整のとれた美しさは、比類なきものです。

その後は、左手に富士、右手に海、正面に青空を見ながらの登山。贅沢極まりない感じです。

90分ほど登ると山頂に。
阿夫利神社の奥の院があります。
お参りを済ませて、ランチタイム。
a0138134_23150251.jpg
目の前の海と空を眺めながらのおにぎりは格別でした。
a0138134_23170167.jpg
風もなく凪いだ海は、陽の光を浴びて輝き、江ノ島、三浦半島、房総半島、大島が見渡せました。
a0138134_23192461.jpg
反対側には富士山、丹沢の山々、秩父連山が!
a0138134_23200386.jpg
さらに雪を抱いた南アルプスも見ることができました。

山と海と空、自然の贈りものを思い切り享受し、素敵なひと時を存分に楽しみテンションはマックスに。

大山の開放感は、秩父や奥多摩にはないもの。
どちらがよいというのはもちろんないのですが、
魅力的だと思った次第です。

下りは見晴台を経由するコースを選択。
木で作られた階段が延々と続く1番苦手なタイプでした…。

膝が痛くならないように、ゆっくりゆっくり、正面の海と横浜の街並みに励まされながら歩きました。
a0138134_23303176.jpg
見晴台から先は、緩やかな下りでちょっと安心。
長い階段を下ってもそれほど膝が痛くならなかったのは、少し進歩した証でしょうか?

コースタイムで阿夫利神社に帰還。
a0138134_23363154.jpg
御朱印とお水をいただき、ケーブルカーで下山。

絶好の登山日和だったためか、見るもの全てが美しい最高な1日になった今回の大山。
次回は全て自分の足で登りたいものです。
a0138134_23383514.png
距離はそんなにありませんが、獲得標高はそれなりにありました。
a0138134_23393811.png
本日も楽しき山行でした。




[PR]
# by alexcorgi | 2018-01-05 22:50 | 山・ハイキング | Comments(0)