domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

棒ノ折山でゴルジュを楽しむ。

a0138134_14314611.jpg

西武線飯能駅からバスで1時間弱、さわらびの湯で下車して棒ノ折山を目指しました。
棒ノ折山は奥武蔵と奥多摩の境にある山。

ガイドブックやウェブでよく紹介される、
ゴルジュと呼ばれる景色が有名なところです。

ゴルジュとは…狭く切り立った岩壁に挟まれた谷。日本ではノドや廊下などと呼ばれる。ノドを意味するフランス語。
ちなみに、前に参加したモンベルツアーのガイドさんによると、日本で使う登山用語はフランス語やドイツ語が多いそうです。

沢筋を一人で登るのは少し怖かったので、とあるサイトで同年代の女性を募集。
メールのやりとりでしっくりきた方とご一緒しました。
好きなことに関しては際限なく発揮される行動力は健在です。
もの凄い人見知りな性格は趣味の世界では発揮されぬよう…。

a0138134_14415296.jpg

9時に飯能駅に集合してバスに乗り、10時過ぎにさわらびの湯着。
そこから名栗湖を経由して登山口へ。
関東地方の水不足が懸念されていますが、名栗湖の水位もかなり低そう…。

連休の初日のためか人もそれなりにいらっしゃいました。
無理をしないペースが合言葉でしたので、後ろから人がくると「お先にどうぞ」を繰り返し、最後尾を行きました。

登山口からは杉の林に入ります。
左側を流れる川から聞こえてくる水音に癒されつつ登っていくと、沢の登場です。

a0138134_1454095.jpg

迫ってくる岩肌、水を含み緑に輝く苔、流れる水。
生命力に満ちた、みずみずしい景色にすっかり魅了されました。
人里からそう遠くないところに、こんな大自然が息づいていることに感動です。

滑らないように気をつけながら、浅い沢を渡ったり、岩をつかんで登ったり。
さらに鎖を使いよじ登ったり…。
自分の体力に自信がないので、かなり慎重に。

大きな黒いカエルに出合ったりしながらの、
ワクワクドキドキの沢歩きを経て、
林道を渡り後半は山の道を進みます。
先ほどまでの景色とは打って変わって、水を感じる要素のない森…違う楽しみが始まります。
けっこう急だったり、苦手の木の階段があったりで私にはハードでした。

帰りのバスの時間が気になったので、頂上手前のゴンジリ峠でお昼を食べて下山することに。
あともう少しでしたが、無理は禁物。
a0138134_157373.jpg

下山はこんなかんじの木の根が張り巡らされた坂をえんえんと下る道。
ほんと、いつ終わるのか? と思うくらい続きました…。
完璧に足に来ている状態で転ばないように注意しながら下りるのはこれまたハードでした。

若者はスイスイとハイキング感覚で行けると思うのですが、
運動不足の老体にはこたえる今回の登山。
それでも変化に富んだルートを楽しめる魅力的な山でした。

紅葉の時期、今度は頂上を目指したいと思います。

本日のログ。
a0138134_15412682.png
コース。
a0138134_15414940.png

[PR]
# by alexcorgi | 2017-07-16 15:10 | 山・ハイキング | Comments(0)

夏のハイキングギア。

a0138134_9151073.jpg

登山ウエアというとチェックのシャツ?
確かにショップに行くとその手のものが締める割合が多いです。

一応購入してみたものの、着ていてどこか落ち着かない、借り物のような居心地の悪さがある…。
いうことで、好みのものを探したら、いつのまにかいつも通りのボーダーをはじめネイビー一辺倒になってます。
周りのカラフルな山ガールさんたちに比べて、ものすごく地味な山おばさんですが、落ち着きます。

帽子はノースフェース。麦わら帽子ぽくて気に入ってます。

そして…ついに短いパンツにタイツという避けていた世界に突入。
膝ケアのためにCW-Xのスポーツタイツを使ってみたく、合わせて黒の短パンを。といっても膝上丈の地味〜なものをセレクト。
が、まだ恥ずかしくて履けずじまい…。
自意識過剰です。

ハイドレーションなど便利グッズも少しずつ増えてます。



[PR]
# by alexcorgi | 2017-07-12 09:21 | 山・ハイキング | Comments(0)

ラグビー代表戦。

a0138134_15225155.jpg

世界3位のアイルランドとの試合を見てきました。
試合前、起立して国歌斉唱。
君が代には思い入れはまったくありませんが、なぜか昂ぶり熱くなる気持ち。
W杯だと歌いながらなく選手もいるのが、
なんとなくわかる、これからはじまる試合への溢れる気持ち…。

が、結果は35-13での敗戦でした。

集中した守備で、よくこの点差で抑えたという気持ちもありますが、
圧倒的に強い相手に対して最後にミスをしてしまう詰めの甘さも目立ちました。
強い相手にミスを連発したら…それは勝てるわけがありません。
a0138134_15253047.jpg

今回ロック陣に負傷者が続発して、1回限りの助っ人して呼ばれたトンプソン・ルーク。
代表引退を表明している彼が、ジャパンの危機的状況を救うがごとく先発したわけです。

で、かなり救われてました。
ひたむきで力強いタックルは、新参者の私の心さえ揺さぶるのですから、
ずっとジャパンを見続けてきた方にとっては押して知るべし…。

a0138134_15382277.jpg

ここ3戦で久しぶりに代表に復帰したリーチも本当に頼もしかったです。
彼がいるのといないのでは違うチームになってしまうくらい。

よく言われる「今の代表はエディさんの遺産を食いつぶしているだけ」という言葉。
スーパーニワカの私でも、2015年の戦士たちの存在の大きさをひしひしと感じる今日この頃です。

立川の怪我が早く治りますようにとか本気で思いました。

さらに…
小野選手はかえって来ないのかな?
松島のセンターは違う気がする…。
真壁の怪我の具合はどうなんだろう。
畠にも戻ってほしい。
流君にはまだジャパンの9番は荷が重い…。

なんて、気が付けばサンゴリアス目線で見ている私でした。

ラグビーのことはまだまだ分からないことだらけですが、
昨日のジャパンの闘う心だけは理解できました。
でも、それを体現していたのは15年の戦士たちのような。

自国開催のワールドカップまであと2年。

頑張れ、日本代表!

[PR]
# by alexcorgi | 2017-06-25 15:53 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

フェアトレードの小物たち。

a0138134_13285296.jpg

友人が働くシャンティは、アジアの子供たちへの教育支援などを行うNGO。
そのシャンティが運営する「クラフトエイド」は、
1985年にタイ東北部のラオス難民キャンプ内で作られた手工芸品を日本で紹介したことから始まったそう。

タイ、カンボジア、ラオス、アフガニスタンの女性生産者たちが、
それぞれの伝統技術を活かして手作りした製品が揃っています。

今回は写真の二つを購入しました。

ミニ・ポシェットは、リス族のお品。
とても素敵なブルーグレーのスエード生地に、リス族のクラフトの特徴である重ね縫いが アクセントに。
a0138134_1353337.jpg

こんな風にスマホを入れるのにぴったり。
ラグビー観戦時のチケットフォルダーとして、
美術館や博物館での鑑賞時のメモ入れとしても使えそうです。
日ごろネイビー系の服ばかり着ているので、手持ちのどんな服にもぴったりです。124.png

もこもこのキーフォルダーは、ミェン族の民族衣装についている赤いモコモコの襟がモチーフなのだそう。
バッグの中でさがしやすいけっこうな大きさで、コロンとしたフォルムがかわいい子です。

[PR]
# by alexcorgi | 2017-06-18 13:30 | お買いもの | Comments(0)

新緑の上高地 後編。

a0138134_2335084.jpg

明神館の前を通り、次なる目的地徳沢へ。

少し山の中へはいるのかと思っていたら、
静かで穏やかな森の中を、木漏れ日を浴びながら進む行程でした。
それもそのはず、上高地は大正池から横尾まで前後10km、幅最大約1kmの堆積平野なのだそう。
起伏が無いから川は穏やかに流れ、森が広がっているのですね。
平らな土地だから、陽の光が均等に当たって明るい雰囲気もあります。

もののけ姫の森のような苔むす景色もありました。
水を含んだ苔が輝いていました。
a0138134_0382279.jpg

緑と水が織りなす眩いばかりの美しい世界を堪能。
a0138134_0392958.jpg

道すがら左側に見え隠れするのが明神岳。
a0138134_23265311.jpg

途中広い河原から臨む堂々とした姿。
この河原、ものすごい勢いで風が通り抜ける場所でした。

明神から約1時間あまり歩くと、明るく広々とした草原が現れます。
a0138134_0424673.jpg

徳澤園の前のキャンプ場です。かつては牧場だったとか。
この標高でこの抜け感!
なんだか秘密の場所に来たようで心弾みます。
事実、ここまで来るのは登山目的の方がほとんどのためか、
河童橋周辺の喧騒とは違いとても静かな空間が広がっていました。

こちらが井上靖の小説「氷壁」の舞台にもなっている徳澤園。
a0138134_0435143.jpg

朝からなにも食していなかったので、名物のカレーを。
a0138134_0445012.jpg

テラスで明神岳と新緑を眺めながらの食べる贅沢。
食後にはカプチーノも飲んでゆっくり。
目の前には小川がながれています。
a0138134_0462218.jpg

ここで1日ボーっとしたい…そんな素敵な場所でした。

穂高登山の入り口、横尾まではここから1時間とのことでしたが、帰りが心配なので途中の新村橋まで。
a0138134_0474467.jpg

下が見える、揺れる…かなり本格的な吊り橋でした。

あいにくニリン草の最盛期は終わっていましたが、ところどころに可憐な高山の花たちが。
a0138134_0532670.jpg


帰りは徳沢ロッジでまたお茶を…。
a0138134_0545227.jpg

いつか泊まりで訪れたい徳沢です。

帰りの道すがら、サルの行列と出会う。
a0138134_0553793.jpg

こんな感じで100mあまり、つらなるサルとすれ違うドキドキの体験でした。

ゆっくりと元来た道を戻り、河童橋へ。
雲一つない空と穂高のコントラストが息を飲む美しさです…。
a0138134_0582395.jpg

晴天の上高地では誰もが名カメラマンになれます。
a0138134_059121.jpg

上高地は7度目ですが、今回が最高のお天気だった気がします。

後ろ髪を引かれつつ、16時15分発のバスで帰路に…。

次は紅葉時期!
早くも次の予定を心に刻んだ最高の1日でした。

この日歩いた距離はなんと24km!
平坦な道でしたが、流石に次の日は脚が痛い…。

[PR]
# by alexcorgi | 2017-06-14 01:01 | 山・ハイキング | Comments(0)