domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

新緑の上高地 前編。

a0138134_2303173.jpg

つい3日ほど前に母の愛した尾瀬を訪れたばかりですが、
今度は私の一番好きな上高地に。

天気予報とにらめっこして、土曜の夜の深夜バスに乗ることに。
通勤電車では爆睡できるのに、長距離の飛行機では一切眠れない…そんな私の無謀な選択…。
案の定ほとんど眠れぬまま5時に大正池に到着しました。

夜明けまもない大正池は静寂に包まれ,まるで色のない世界のよう。
a0138134_2363120.jpg

それでもワクワクは抑えられず、足取りも軽くハイキングスタート。

天気予報では朝の気温は一桁台とのことだったので、冬の装備で行ったのですが、
手袋を忘れて後悔するレベルの寒さ…。
それもそのはず、木道が凍ってました。
a0138134_2372586.jpg


大好きな岸辺のない川と、それを取り囲む新緑に心躍り。
a0138134_2391887.jpg

エメラルドグリーンに光る水に歓喜!
a0138134_23115226.jpg
「なんてきれいなの!」と、思わずこぼれた、ありきたりすぎる素直な感想。

寝てなくても寒くても、湧き上がってくるような感動が優って、気分も上がるというものです。
大好きな上高地に早くも魅了されっぱなしでした。

清らかで透明なのに碧く見える、その神秘的な色合いはいつまでも眺めていられそうなくらい素敵でした。

だんだんと日が昇ってくると、景色も一気に色を帯びてきます。
新緑と水の碧が織りなすハーモニーに、幸せな気分に。
a0138134_23154392.jpg

河童橋に着くころには、日差しが少し眩しいほどに。
何度訪れても残雪の穂高の圧倒的な美しさに言葉を失います。
a0138134_2320781.jpg
間近に迫る雄大な山と、高地とは思えないほど豊かな水量をたたえる梓川。
自然の作り出す息をのむような完璧な光景です。

大正池から河童橋までゆっくりゆっくり歩いたのでこの時点で7時。
まだまだ人が少なくて静かな上高地。
反対側の焼岳は日の光の中に佇んでいました。
a0138134_23211850.jpg

名残惜しいですが、次の目的地明神池へ向けて出発。
穂高に向かって左岸を行きます。
新緑の木々の溢れるエネルギーを感じながら進む木道。
a0138134_23233581.jpg

こちらは途中の岳沢湿原。
a0138134_059578.jpg

雪解け時期の豊かな水が作り出す光景。
a0138134_23242498.jpg

生命の源である水の見せる様々な表情にうっとり。
a0138134_232857.jpg

ゆっくりゆっくり新緑を楽しみながら歩きました。
この時間は歩いている人は、宿泊者か朝5時着のバスに乗って来た酔狂な人だけ。
ほとんどの時間❝誰もいない❞状態を贅沢に楽しめました。
a0138134_23321853.jpg

朝の静謐な空気を存分に感じて、明神池到着です。
a0138134_23325541.jpg

ゆっくりと休んで、次なる目的地徳澤へ。
明神橋を渡り反対の岸へ。
明神橋の周辺は川幅も河原も広く、標高1500mの世界とは思えない抜け感があります。
a0138134_23381275.jpg
日差しが高くなってくると雲が消え、澄んだ空が広がっていました。
青空に映える明神岳です。
a0138134_23413344.jpg

次の目的地の徳澤へは3,4kmとのこと。
上高地は7度目ですが、ここから先は私にとって未知の世界。
❝山を登る人の場所❞だと思って、今まで分け入ったことがありませんでした。

少しだけ山(といっても丘のようなところばかり)に触れるようになったので、
今回初挑戦してみようかなと…。

どんな世界が待っているのか?

詳しくは後半で…。

[PR]
# by alexcorgi | 2017-06-12 23:45 | 山・ハイキング | Comments(0)

はるかな尾瀬♪

a0138134_21581530.jpg

母が大好きだった尾瀬。
なんども誘われたけれど、機会を逃し続けて結局一緒に行けなかった場所に行ってきました。

東京からだと新幹線やバスを乗り継がなくてはいけないので、
今回はクラブツーリズムのツアーに参加。
新宿を7時に出発し、一路鳩待峠を目指します。

本州最大の湿原──そんな知識しかない私…。
尾瀬ヶ原へは出発地点の鳩待峠から1時間以上歩くことをバスの中で知りました。
それも下りなのだと…ということは、くたびれた復路が登りだという…。
またしても上高地のような、平らな遊歩道を想像していた学習能力ゼロの自分を反省…。

10時半に鳩待峠に到着し、各自出発。往復4時間のハイキングスタートです。
a0138134_22265856.jpg

標高1500メートルあまりの位置にある尾瀬は、未だあちこちに雪が!
さらに芽吹いたばかりのやわらかな葉が、曇り空の下でも美しく輝いていました。
新緑好きにはたまらない光景です。

a0138134_22292288.jpg

しばらく行くと水芭蕉が可憐な姿を見せてくれます。
写真などで見たことがある尾瀬の景色が広がっていました。

歩くこと45分あまりで、湿原の入口・山の鼻に到着。
帰りは90分かかるといわれたので、とりあえず尾瀬ヶ原を30分歩いて戻ろうと決めていざ湿原へ。
a0138134_22351854.jpg

正面に雪をかぶった燧岳(ひうちだけ)。高地に広がる湿原の木道を歩きます。
a0138134_033216.jpg

目の前の燧岳は、湿原の向こうに堂々とした姿を見せていて、
この山に登った母はすごいな~と改めて思いました。
a0138134_223837.jpg

あいにくの曇り空だったのですが、白樺の新芽はまるで静かに発光しているよう。
東山魁夷のブルーの世界?
絵画のような、夢の世界のような…現実感が失われるくらい幻想的で美しい空間でした。

a0138134_22385944.jpg

雪解けの清らかな水がなみなみとあふれる世界に、
清楚な白い花が似合います。
a0138134_22402580.jpg

「水芭蕉が咲いている♪ 夢見て咲いている水のほとり♪」の歌そのままの景色。
が、尾瀬はまだ春を迎えたばかりです。

90分歩いたところで、後ろ髪を引かれつつ回れ右!
来た道を集合場所まで戻ります。
a0138134_22422194.jpg

途中の川。雪解けの水を集めた透明な水がキレイでした。

帰りは登りなので90分かかるといわれたため、急いで歩いたら…なんと60分かからずに到着。
集合時間まで40分以上ありました…。

今度は駆け足でなく、ゆっくりとフリーで訪れたいと思った尾瀬。
で、さっそく来月のニッコウキスゲの時期の予定をたてようとしている自分にびっくり!

母が愛した理由が少しだけわかった気がします。

[PR]
# by alexcorgi | 2017-06-07 22:44 | 山・ハイキング | Comments(0)

外秩父、丸山へ。

a0138134_21281639.jpg

私が行くような低山は、梅雨から夏にかけてはシーズンオフなのだそう。
虫が多いことと、体力を奪う暑さがその理由なのだとか。

そういえば昨年7月の夏日に秩父を巡礼中、山越えで倒れそうになったのを思い出しました。
無謀な行為だったんですね…。

ということで、夏前最後かもしれない低山へ。
先日の城峰山で1000メートル越えを体験して、少しだけ自信がついたので、
かねてより行きたかった外秩父の丸山に行ってきました。
標高は960メートル。

西武線の芦ヶ久保に到着したのは8時半過ぎ。
ここは駅から直接登れる山がいくつかあるためか多くの登山者がいました。

a0138134_21385959.jpg

駅を出て、アスファルトの道を登っていくと、武甲山が!
秩父の山を登っていると、いろいろな場所から武甲山を見ることができるのですが、
こんなに間近で見るのは初めて。
削られた斜面が痛々しい異形の山になっています。

a0138134_2148060.jpg

新緑が眩しい道を登って行きます。
今回は一人なので、休憩を多めにとりながら…。
a0138134_21501196.jpg

花を愛で、緑と空を感じてゆっくりと。

登り始めて2時間と少し、丸山頂上に。
山には不釣り合いのコンクリートの展望台がありました。
登ってみると…。
a0138134_21545684.jpg

ほぼ360度の眺望が臨めます。
武甲山や遠く甲武信岳などとともに
a0138134_21563395.jpg

奥には雪を抱いた八ヶ岳が見えました。
反対側には、男体山、赤城山が。
a0138134_21575188.jpg

ゆっくりお昼とコーヒーブレイクをして、大野峠経由で芦ヶ久保駅を目指します。
緩やかな山道を下って快適だったのですが、大野峠を越えたあたりから、
今までとは違うゴロゴロした石が多くなり、へっぴり腰になりスピードダウンする私です。
下りは苦手です。

20人くらいの人に軽やかに追い越され、みるみる皆さんの背中が遠くなります。
a0138134_2232954.jpg

沢を越えたりしながら、休み休み…。
途中やっぱり膝が痛くなり、少し不安を感じつつもなんとか無事に駅に。
a0138134_229855.jpg

歩いた距離は12キロ。獲得標高は623メートル。城峰山こえです。
a0138134_22112082.jpg

駅から時計回りで歩いたのですが、下りで心拍が上がってます…。

夏の間は標高が高いところか、沢沿いの道をハイキング?
また新たな楽しみを追加したいと思います。

[PR]
# by alexcorgi | 2017-06-03 22:13 | 山・ハイキング | Comments(0)

ユーヴェいろいろ…。

a0138134_21541771.jpg

Non sono riuscito a trattenere le lacrime, questa volta proprio NO!
Perché l'anno scorso non ero presente, perché questo scudetto è il sesto di fila, perché ogni scudetto è importante come il primo, perché festeggiarlo insieme a VOI è sempre qualcosa di unico e magico!! Siamo nella storia, fino alla fine forza @juventus

涙を抑えることはできなかったよ、今回はとくにね。
昨シーズンはこの場所にいることができなかったから。
6連覇を達成したから。
どのスクデットも初めてのあのスクデットと同じように大切だから。
そして、みんなと一緒にお祝いできることが奇跡のようだから。

僕らは歴史を築いている。
最後の最後まで、フォルツァ ユーヴェ。

--------------------------
みたいなことをFBにあげていたクラ王子です。
ファンのコメントもあたたかくて…。

「サヨナラの涙かと思ってしまったよ。
違ってよかった。クラウディオ、あなたこそが❝ユヴェントス❞だ」

「ジジ、キエッリーニ、プリンチピーノ。
セリエBを知る選手は少なくなってしまったけれど、
クラウディオはいつの時代もユーヴェのバンディエラだ」

なんて感じでした。

一方…。
a0138134_2262977.jpg

ボヌッチの長男のロレンツォ君は、出てきた時からご機嫌斜め…。
何しろ彼のアイドルはトリノのベロッティですからね。
ユーヴェのユニを着せられて不服だっとか?

イタリアのサイトでも皆さんそう思っているようで…。
「この子がトリノのユニを着て登場しても誰も文句は言わないよ」なんてものから、
「いい案がある! ユーヴェがベロッティを獲得しちゃえばいい」なんてものまで。

ボヌッチ自身もインテリスタの家族の中で育った、
ただ一人のユヴェンティーノだった記憶が。
いくら愛するバッボ(父)がユーヴェの中心選手でも、
小さなロレンツォ君の心までは変えられませんね。

a0138134_22103492.jpg

こちらはピャニッチの息子を抱くディバラ。
同じポーズで決めてます。

ケディラ、マンジュキッチ、イグアインは独身?
ケディラはいつも美しい彼女をとっかえひっかえしてるイメージですが、
イグアインとマンジュキッチは?

a0138134_22133861.jpg

イグアインはディバラのことがかわいくてしょうがない感じがそこかしこに。
そんなことを思うのは私だけではないらしく…。
a0138134_22142881.jpg

カップを消してこんなカットが上がる始末。

昨日は思いっきりお祝いをして、そして英気を養ってさらなる勝利を目指してほしいと思います。


そういえば今シーズンの主要リーグの優勝監督はすべてユーヴェに縁があります。
プレミア コンテ(元ユーヴェ選手であり監督)
ブンデス アンチェロッティ(元ユーヴェ監督/ただし、ユーヴェでは優勝できず迷将扱いでした)
リーガ  ジダン(元ユーヴェ選手)
でした。
[PR]
# by alexcorgi | 2017-05-22 22:17 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

ユーヴェ、6連覇達成!

a0138134_294552.png

ユヴェントススタジアムが完成してから始まった勝利の歴史に、
今年も新たな1ページが加えられました。
前人未到のセリエ6連覇達成です。

ホームでの勝利で祝うスクデットは格別でした。
a0138134_2202751.jpg

マルキージオ、セレモニーで男泣き…。
昨年前十字靭帯断絶の大怪我をおって優勝セレモニーにも参加できず、
復帰後もなかなかトップフォームに戻れず苦悩したクラ王子。
苦難の道に思うところがあったのか…ユヴェンティーニなら彼の涙にウルウルきたはずです。
a0138134_2254227.jpg

6連覇の偉業をにかかわった6人です。
序盤CLの登録から外されたリヒト、
彼にとっても感慨深いシーズンだったのでは。

a0138134_02451799.jpg
コッパイタリアで復活していたスリーショット。
真ん中に王子がいないとね!

ダニアウヴェス、イグアイン、ピャニッチ、ベナティア、リンコンなど初めての人もおめでとう!
a0138134_2284218.jpg

アウヴェスやイグアインはバルサやレアルで経験済だけれど、
ピャニッチたちは初めての美酒を存分に味わってほしいです。
表彰式には2000年生まれのモイーズ・キーンなどもいました。

これで2冠達成です。
シーズンの仕上げはカーディフで!

まだまだ旅は続きます。

[PR]
# by alexcorgi | 2017-05-22 02:29 | カルチョ/スポルト | Comments(0)