domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

金時山へ。

a0138134_20474263.jpg
金太郎伝説で有名な金時山は、
新宿からバスで登山口まで行けることと、
目の前に雄大な富士山を臨めることから人気の山。

バスタ新宿を7時5分に出発し、渋滞に巻き込まれたため、乙女峠には予定より30分遅れの9時半に到着。
前日の予報では快晴のはずが、あいにくの曇り空…。
乙女峠から見える富士山も霞んでいました。
a0138134_21054070.jpg
乙女峠の登山口から、乙女峠、長尾峠を経て頂上へ向かいます。
火山帯の山だけあって、足元は大小の石や、時に岩もあり結構歩きにくい山です。
いつも思うのですが、初心者向けという言葉の定義の曖昧さ…。
体力さえあれば技術がなくても登れるという意味なのでしょうか。
若さも体力も経験値も無い初心者マークをつけた私には、どの山も結構しんどいのが現実です。
a0138134_21090548.jpg
いつも通り、コースタイムプラス15分くらいで頂上に。芦ノ湖が見えます。

お天気が良いと山頂からは富士山が見えるのですが、残念です。

土曜日のため、山頂は人で溢れていました。

定番の梅干しのおにぎりを食す。
山で食べる梅干しのおにぎりの染み渡るような美味しさは格別。
山専ボトルのお湯で、豚汁とドリップコーヒーも。
塩気とか、甘さが心と体に染み込んで2割り増しの美味しさでした。

少しゆっくりして、金時神社方面へ下山。
苦手の階段に、滑りやすい斜面…相変わらず色々な方に追い越されました。
さらに途中で滑ること二回。
幸い尻餅をつくほどではなかったものの、下りへの恐怖感は拭えません。
コースタイムでは60分で下りられるはずなのに、
なんと100分も!

自分のダメっぷりに唖然ぼうぜん。

実は…一人で行ける山も限られて来たので、
とある登山クラブに入った私。
皆さんについて行けるようになるのか…不安でいっぱいです。




[PR]
# by alexcorgi | 2017-10-01 21:00 | 山・ハイキング | Comments(0)

巾着田〜鎌北湖へ。

a0138134_23352294.jpg
先日、西武池袋線・高麗にある巾着田に曼珠沙華を見に行ってきました。

なんでも500万本もあるそうで、
もちろん日本一の規模だそうです。
a0138134_16274131.jpg
まるで赤い絨毯を敷き詰めたように、
辺り一面を覆い尽くすあやしい紅い花たち。

美しいというより、どこか妖し気で、まるで異世界の入り口のような不思議な雰囲気を醸し出していました。

a0138134_23371031.jpg
お彼岸の頃に咲くから彼岸花とも言われる曼珠沙華。
彼岸という言葉がしっくりくる、この世のものとは思えない空気を放っていました。
a0138134_16322471.jpg
ゆっくりと巾着田を一周して、コスモスを愛で、ハイキングへ。

日和田山〜物見山を経て、北向地蔵へ向かいます。
a0138134_16334449.jpg
前回、崖のような男坂に懲りたので今回は女坂に。
それなりに急登もありましたが、わずか20分で鳥居に到着です。

私が死ぬ思いでよじ登った記憶のある男坂の崖ですが、
あれ? 立ったまま登山パールをつきながら登ってくるおばさまたちが…。
実は大したことなかったのか…自分のダメさ加減をまたひとつ知りました。

日和田山も物見山も山頂はまいてひたすら歩き、北向地蔵へ。
a0138134_16381979.jpg
杉林と赤土の世界が続いていました。

前回とは違う道を行きたくて、この日は、鎌北湖側に下りて、東上線に乗ることに。
a0138134_16395691.jpg
キーンのジャスパーを履いていたので足元は軽め。
調子に乗ってトレッキングポールを使わずに、私にしては早足で下ったら、下山後、膝にきました…。

下り限定だった膝痛がとうとう平地でも…。
いい歳して調子に乗るものではないと思うも後の祭り。
駅までの道をゆっくりゆっくり歩くことに。

とは言え、周りの景色に癒され、元気をもらいながらの道のりでした。
a0138134_16431102.jpg
里山はすっかり秋の気配。のどかで良い感じです。
a0138134_16434545.jpg
秋の澄んだ空と花の組み合わせも素敵でした。

a0138134_16444674.png
調子に乗って歩いた距離は14キロ弱。
巾着田の分も合わせると20キロ近く歩いたことに…。

こんな道のりでした。
a0138134_18135915.png

膝をかばって不自然に歩いたため、ふくらはぎもパンパン。
2日くらい足の痛みと戦いました。

最近、晴れた空を見上げると猛烈に山に行きたくなる病にかかっている私。

土日のた間に平日の仕事を頑張っています。

[PR]
# by alexcorgi | 2017-09-27 16:23 | 山・ハイキング | Comments(0)

ディバラのいる幸せ、ユーヴェ開幕4連勝。

a0138134_10462721.jpg
つい先日、自身初のセリエでのトリプレッタを記録したディバラ。
10番を着けて覚醒した彼が、サッスオーロ戦でまたしてもトリプレッタを記録。
4試合で8得点という驚異のペースでゴールを重ねています。

昨日の試合は、シュートもフリーキックもどれも印象的なものばかりで、この人はどこまで上り詰めるのだろうか?
と、彼の未来にワクワクさせられます。

あふれんばかりの才能と、華麗なプレー、不屈の闘志に加えて華のあるルックス。
そんな彼が愛するチームの選手であることに、
多くのユヴェンティーノは誇らしさや幸福感を感じているのでは?
事実スタンドのユヴェンティーノたちの満足げな笑顔は、愛と誇りに満ちていました。

私はバッジョの時代を知らないので、思い起こすのは我らが永遠のカピターノにしてアイドルであるデルピエロのこと。

その華麗なプレーは、他チームのファンからも羨ましがられる存在であり、
美しいシュートと同様に、若き日の彼は華やかな空気を身に纏いファンを魅了しました。
a0138134_15353858.jpg
ちなみにこちらは若き日のアレとロビー。
少しはにかんだような笑顔もファンにとっては魅力でした。

あー、あの高揚感をまた味わえるのかも… 一人の若者が、真のワールドクラスへ駆け上がる過程をリアルタイムで見て体感できる──そんな嬉しさが込み上げてきます。

そして、希望としては、傍らにはライバルのベルナルデスキがいる…。
a0138134_11040165.jpg
そんな素敵な「storia di un grande amore」をこれから見られることを期待しています。


[PR]
# by alexcorgi | 2017-09-18 10:45 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

筑波山へ&棒ノ折山備忘録。

a0138134_07512411.jpg
連休の初日、台風が来る前に筑波山へ。
2時間も寝坊した上に、つくばエキスプレスの遅延のため、つくば駅に着いた時にはすでに9時半を回っていました…。

あいにくの曇り空。
さらに台風前に登山しようという酔狂な人は少ないのか、比較的空いているシャトルバス。
40分ほど揺られて、筑波神社で下車します。
a0138134_07521797.jpg
お参りをし、御朱印をいただいてからのスタート!

今回は地味にきついと言われる、ケーブルカー横の御幸ヶ原コースで行くことに。
a0138134_07531811.jpg
こんな感じの木の根が張った緩やかな登りからスタートします。
a0138134_07283199.jpg
途中、ゴツゴツした石が連なる箇所もあったりするのですが、先週行った棒ノ折山の不規則な歩幅の登りにくく体力を奪われる階段や木の根が張り巡らされた下りのに比べたら…のぼりやすいぞ、筑波山、でした。

一人なので、ルートファインディングを考えながら、ゆっくりゆっくりゆっくり登ります。

今回初めてチューブで水分補給するハイドレーションを使ったのですが、ザックをいちいち下ろさなくていいので楽!
おまけにこまめに水を飲むことで息があがるのを防げた気もします。

a0138134_07315939.jpg
石を積み上げたような急な階段もありましたが、ところどころ手で石を掴みながらゆっくりゆっくり。
コースタイムより10分遅れて御幸ヶ原着。

a0138134_07355992.jpg
関東平野に鎮座する筑波山では、眼下に田園風景が広がります。
いつもの奥武蔵や秩父とは異なる風景。
ちょうど稲が黄金色に輝く季節故、美しさが増すよう…。

一休みして、女体山へ。
a0138134_14062736.jpg
あいにくのお天気のため、ぼんやりした景色ですが、霞ヶ浦なども見えて、抜け感のいい素敵な光景を目にすることができました。
a0138134_07551441.jpg
一人で怖かったのと、さすがに頂上は混んでいたせいもあり、突端の岩場はパス。

一度御幸ヶ原に戻り、続いて男体山にも。
こんなゴツゴツの石を掴みながらの登りです。
a0138134_07412424.jpg
とはいえ、普通にスニーカーの観光客の人もいるくらいなので、そんなに大変であるはずもなく…。
a0138134_07570406.jpg
頂上には立派な祠も。
こちらでも御朱印をいただきました。

下りには自信がないのと、すでに2時半を過ぎていたため帰りはケーブルカーで。
こんな逃げ道があるのも高尾山と同じで初心者には優しくて良い感じです。

標高は800メートル台ですが、筑波山は日本百名山のひとつ。
乗鞍に続き、誰でも登れる百名山、二つ目のクリアです。
そして、100分登っただけなので筋肉痛などもなし、雨でなかったら今日も山に行きたいくらい余力がありました。


ここからは先週の棒ノ折山、備忘録。
a0138134_19394901.jpg
先週、7月に頂上直下まで行きながら時間切れで諦めた棒ノ折山にリベンジ。

最初は緩やかな登りと記憶していたのですが、
細い道に木の根や石が不規則に配置されていて、意外に登りにくい…。

前回楽しい記憶しかない沢登りも、えっ、こんなに大変でしたっけ? と岩の前で立ちすくむ私。
あまりの怯み具合に、下りてきた男性がルートを支持してくれました。
ここまで来てしまったからには、登るしかありません。
水量も有り、水の中を進むところも。

バテバテで沢を越えると、待っているのは結構な段差の木の階段。
息はあがるし、足は辛いし…もう一度来ようと思った自分の記憶力のなさを呪いました。

この山、整備不足が否めない感じで、土留めの木の階段が、土が流れて木の部分がハードルのようになっていたりします。

階段脇はどう考えても滑りやすそうで、仕方なく階段をまたいで行くと、容赦なく体力が奪われ、足に疲れもたまります。

途中何度も引き返そうと思ったのですが、前を行く同行者のこともあり、這々の体で登り続けました。
不規則階段地獄でした、もう。

頂上直下は地を這うような木の根が張り巡らされていて、また歩きにくい。

が、そろそろ限界という時に視界が開けました。
a0138134_19530848.jpg
頂上にたどりつくと、広がる視界に連なる山々。
a0138134_19534939.jpg
この開放感、幸福感のために登って来たのかも…なんて苦しい記憶が吹き飛びます。

が、この山の本当の苦難は下りにあったことを再認識させられることに。
a0138134_19552795.jpg
急な斜面にむき出しの木の根が張った下りが延々と続きます。
時に段差が50センチくらいもあって、小柄な私にはひょいひょいと行けるはずもなく…。
今度は木の根地獄…。

日没との戦いもあり、痛み出した膝を気にしながらの苦行のような下りでした。

もう少し脚力がついた頃に、また登って見たい棒ノ折山です。

取り敢えず、当分の間はもう結構…という感じでした。


[PR]
# by alexcorgi | 2017-09-17 07:23 | 山・ハイキング | Comments(0)

ユーヴェ、開幕3連勝。

a0138134_14164836.jpg
ユヴェントススタジアム、もといアレアンツスタジアムでのキエーヴォ戦、きっちり勝利して開幕から順調に白星を重ねています。

代表ウィーク明け、さらにミッドウィークのバルサ戦の前のため、ジジにかわりシュチェスニーがキーパーに。

マルキージオ、キエッロ、ケディラの怪我などもあり、いつもとはかなり違うメンツでのスタートでした。

第三キャプテンまで不在だったので、キャプテンはこの方!
a0138134_14220999.jpg
6連覇を体験している唯一の外国人、リヒトです。
2年続けてCL登録から外れたりしている彼ですが、
そのひたむきなプレーと闘志をユヴェンティーノは愛しています。

前半、オウンゴールで先制したものの、勇気を持って攻めてくるキエーヴォに、ちょっと苦戦。

しかし、ディバラの登場でチームは一新!
生き生きと動き始めます。

イグアインが追加点をとり、ディバラも!
a0138134_14263523.jpg
なんというか‥10番を背負ったディバラは、
そのプレッシャーに押しつぶされるどころか、力に変えて凄みさえたたえています。

昨シーズンのバルサ戦ではそのポテンシャルの高さを見せつけたものの、
決勝では輝きを見せられなかった彼。
その悔しさをバネにして昇華させる精神力にも脱帽です。

3-0で勝利。
この試合、ベルナルデスキも初登場。
a0138134_14305652.jpg
ユーヴェの未来とも言える二人のショットにウルウルです。

ミッドウィークはCLのバルサ戦。

FORZA JUVE,FINO ALLA FINE!

[PR]
# by alexcorgi | 2017-09-10 14:16 | カルチョ/スポルト | Comments(0)