domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ユヴェントス ( 208 ) タグの人気記事

ユーヴェ、コッパイタリア優勝。

a0138134_12364239.jpg

ローマのオリンピコでのミランとの試合に勝利し、2年連続の国内2冠を達成しました。
シーズンはじめのイタリアスーパーカップを合わせると3冠です。

優勝してUEFAヨーロッパリーグ出場を決めたいミランの
土壇場の意地やプライドが静かにさく裂?
日本では「ミラン、ユーヴェ相手によくやった!」と思われる試合だと思うのですが、
ユーヴェサイドから見ると…中盤の要であるマルキージオとケディラを欠くと、
こうも機能しないのかとため息の出る内容でした。
中盤の補強は急務です。

延長にもつれ込むも、出てから2分のモラタのゴールで勝利!
a0138134_1242357.jpg

相変わらず大舞台に強いです。
でもガゼッタには「多分お別れのゴール」と掲載されていて、悲しい気持ちに…。
なんとか残る交渉ができないか、それは全ユヴェンティーノの願いな気がします。

苦しい試合のあとのセレブレーション。
お馴染の「マルキージオはここだよ!」シリーズ。
a0138134_12475472.jpg

ドイツ語チーム。
a0138134_1248893.jpg

フランス語チーム。
a0138134_1248258.jpg
お揃いのコッパTシャツ。
無駄にならなくてよかったです。
ミランも作っていたのかしらん?

サッスオーロに特大のおめでとうを!
a0138134_12484859.jpg

歓喜の会長と失意の会長。
a0138134_12491294.jpg

さりげなく持った優勝トロフィーが光ってます、アニェッリ!

長いシーズンはこれで本当に終わり。
序盤の躓きからの力強い復活があった思い出深いシーズンでした。

来年こそはビッグイヤーを!と思わずにはいられません。

みんなユーロやコパアメリカ、オリンピックと忙しい夏を迎えますが、
次のシーズンに素敵な笑顔と溢れる闘志で戻ってこれますように!
そしてクラ王子のリハビリがうまくいきますように!

Grazie ragazziiiiiiii!!

[PR]
by alexcorgi | 2016-05-22 12:52 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

今年もセレモニー。

a0138134_10191877.jpeg

前節、降格の決まっていた最下位ヴェローナに敗れたユーヴェ。
その不甲斐ない戦いぶりにお怒りのアッレグリ。
コッパイタリア決勝前のトリノ市内のバス・パレードを中止にしてまで選手を引き締め、
結果サンプドリア相手に5-0で勝利!

久しぶりにピッチに戻ったキエのゴールに、
皆んな喜び炸裂!
ビッグクラブにはあまりない、家族のような一体感?
ユーヴェって本当によいグループです。
テォフォージは、そんなチームの雰囲気も好きな気がします。

試合後、5年連続のカップ授与式が無事行われました。

運営スタッフも、選手も、もう慣れたもの?
恒例行事のように進むセレモニー。

とはいえ、初めての人も結構いましたね。
a0138134_10263034.jpeg
最終節に2得点を追加して、ユーヴェでの最初のカンピオナートに19点獲得したディバラ。さすがにです。
すべてのコンペティションを合わせると23点。
これはテヴェスの初年度を超えています。

そのかわいい顔もあいまつて、ユーヴェのアイドルになりつつあります。
a0138134_10293459.jpeg
マンジュキッチ、ケディラ、クアドラード、ネト、ルガー二、レミナ…。
皆んなありがとう!
そしてユーヴェでの初スクデットおめでとう。

しかしながら、我らがクラ王子の姿はありませんでした…。
a0138134_10313164.jpeg
ほら、ここに! 一緒に居るよ!
って感じでリヒトがクラ王子のスペースを示してます。
ずっと3人で記念撮影している仲ですからね。
リヒト、ありがとう007.gif

SNSのイタリア人も「プリンチピーノは何処?」って感じで驚きの様子。

リハビリ中で動かさないほうがいいのでしょうね…。
 
一方、カサレスは参加。
最後の姿かな? 寂しい限り…。

当たり前にそこにあった、ストラーリのはじけるような笑顔、
ヴィダルの子供のかわいい姿、ピルロのイケメン長男ニコラ君…。
そんな光景が見られなくて、そのかわりようにチームって生き物だとしみじみ。

昨年、新生児の双子?って感じだったパドインの子供たちが歩いていたのにもびっくりです005.gif

来週はコッパイタリア。

是非とも勝利して2年連続の2冠といきたいものです。



[PR]
by alexcorgi | 2016-05-15 10:18 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

喜び いろいろ。

a0138134_2313261.jpg

5連覇を成し遂げたユーヴェの面々の喜びの様子を拾ってきました。

クラ王子、キエッロ、リヒトはすべてのスクデットにかかわっている3人です。
クラ王子の3は日本風?
みんな嬉しそうです。

ほかにもジジ、ボニー、バルザーリ、
タリズマン・パドイン、カサレスが5連覇すべてにかかわったメンバー。

そして、初のスクデットではしゃぐディバラは、マグナムボトルのシャンパンをラッパ飲み。
a0138134_23244992.jpg

それを「あ~あ」って感じで生あたたかく見守るボニー。
a0138134_2326117.jpg

「お子ちゃま、大丈夫?」と苦笑いです。

歓喜の輪の中に怪我で離脱中のカサレスが居なかったのがとても寂しい…。

そして、イタリアの新聞やラジオのニュースでは、
モラタがマドリーに帰ると盛んに報道されています。

誰が去っても、誰が加入してもユーヴェを応援することにかわりはないのですが、
今年のメンバーは特に好きだったんですよね。
誰が欠けても偉業は成し遂げられなかった…
そんな風に思える結束した雰囲気を醸し出していたので。

モラタ、クアドラはやはりさよならでしょうか。
そしてベラルディがやってくるのでしょうか。
さらに、アッレグリの望むトップ下のプレーヤーも?

そういえば…ユーヴェが5連覇をしようと、
本田のミラン(?)が負けたことしかニュースにならないんですね…。
[PR]
by alexcorgi | 2016-04-27 23:36 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

ユーヴェ、五連覇達成!!

a0138134_0223734.png

理想はホームで試合終了→スクデット、と行きたかったのですが、
ローマさんのいらぬ頑張りのおかげで、スクデットが決まってしまいました。

確か昨年もユーヴェの試合の無い日に、2位のローマが負けて、スクデットだったような…。

ユーヴェの選手は、ヴィノーボで練習後にみんなでローマ×ナポリをテレビ観戦。
その後祝勝会だった模様。

クラ王子も参加していました。
a0138134_0364058.jpg

みんなで5連覇の5!

アレッグリを胴上げ。
a0138134_0373768.jpg

相変わらず34回だと主張しているのはご愛嬌。

序盤10試合で勝ちポイントが12だったチームが、
その後の25試合で24勝1分け。

「持ち直しても今年は3位かな」なんて悲嘆に暮れていたあの頃には思いもよらなかった
スクデット獲得です。

思えばあの序盤のつまずきがあったからこそ、
チームが一体となり一丸となってこの偉業を達成できたのでは?
なんて思えるほど一つの強固で美しい集合体になったユーヴェ。

終わってみれば(まだ終わっていませんが…)、
5つのスクデットのうち唯一の4月獲得のスクデットです。

それにしても、解説の方たちは相も変わらずピルロ、ビダル、テベスの移籍を持ち出して
「背骨の抜けたユーヴェ」とかおっしゃいます…。
ユヴェの背骨はジジ→ボヌッチ→マルキージオですから!
ユーヴェファンなら認識しているこの事実ですが、専門家にはわからないんですね。

CLこそ敗退しましたが、今年のユーヴェは昨年より着実に進化していて、
さらに未来を感じさせることも付け加えたい。

Siamo campioni d'Italia!!!!!
追記
a0138134_13495059.jpeg
a0138134_13500805.jpeg
a0138134_13502416.jpeg

[PR]
by alexcorgi | 2016-04-26 00:33 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

負ける気がしない…。

a0138134_036551.jpg

昨年の10月、序盤で早くも4敗したころは
「勝てる気がまったくしない」と本気で思っていましたが、
最近では…あまり負ける気がしません。

鋭さとか、激しさとか、わかりやすい上手さはないのですが“強い”んです。
ラツィオの新人監督、弟インザーギの言葉を借りると
「ユーヴェは火星人のチームのようだった」。

そうなんです、なんかこう…次元が違うんです。
セリエにおいては。

ちなみにイタリアでも異次元の異星人のような人を「火星人」と形容するんですね。

セリエでなら、チームの要のマルキージオを失っても、エルナネスでどうにかなる。
モラタもザザも控えにしておくにはもったいないですが、
ベンチで心からチームメイトを応援していて、ピッチに出れば輝きを見せる。

シーズン序盤にはかみ合わなかったいろいろなものが
磨かれ、こなれ、しなやかに強く結びついた感じです。

a0138134_044487.jpg

オフィシャルですから…というのを抜きにしても雰囲気がよいのがわかります。

選手の結びつきが強く、いい意味で家族のよう。

こんな写真も。
a0138134_8294454.jpg

ユーヴェの堅牢な砦。
a0138134_8305810.jpg

そして未来。


クラ王子はおうちで長男ダビデ君と観戦していた模様。
a0138134_047774.jpg

マルキージオ家の棚にあるのは、「お騒がせな人」に送られる金のバク賞のトロフィー?
クラ王子がもらうとは思えないのですが…。

次節はいろいろと因縁のあるフィオレンティーナ戦。
ユーヴェが勝ち、ナポリが負けるとスクデットが決まってしまう?

フィレンツェの方たちはユーヴェのことが大嫌いなので、
できたら次々節のホームで優勝が嬉しいです。

Forza Juvee,fino alla fine!
[PR]
by alexcorgi | 2016-04-22 00:49 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

ユーヴェ、危なげなく勝利。

a0138134_093213.jpg

「ユーヴェの試合がいつも先にあって、後から試合するうちは不利だ」
と、不満をの声をあげていたナポリのサッリ監督。
ようやくユーヴェの前日に試合をしたものの…
思いのほか素晴らしかったインテルに敗戦。

というわけで、今節勝てば勝点差は9に。

そんなプレッシャーのかかった状態でも取りこぼさないのがユーヴェです。
自滅という言葉から最も遠いところにいます。

ケディラ、ポグバ、クアドラと技ありゴールが続いて、
最後はユーヴェのタリズマン(お守り)パドインが決めました。

チームメイトの嬉しそうな顔から、彼の立ち位置がわかります。

イタリア人のツイッターでも…
「お、タリズマン登場!」「世界一のスーパーサブ」「ユーヴェのお守り!」
などパドインのタグが地味に盛り上がっていました。

無事に勝利して、スクデットへ向けて盤石の態勢のユーヴェですが…
またしてもクラ王子が…。

本当に今シーズンの彼は怪我とお友達状態。
ガゼッタの情報でも詳しいことはわからないのですが、
膝の負傷のよう。
rottura del crociato
という表現から十字靭帯損傷?
タンカで運ばれる涙のマルキージオ! 
の写真の下には、絶望の表情のクラ王子。
心配です。


最近は黒子に徹することが多く、
その存在の重要性をユーヴェファン以外にはあまり理解されていないクラ王子ですが、
ユーヴェの魂を体現する唯一の選手ですからね…。

追記 マルキージオのSNSより…。

Appena rientrato a casa.
La notizia della risonanza non può che farmi star male,ma questi sono i rischi del nostro mestiere.
Ho forza e tanta voglia di tornare bene e il prima possibile.
Intanto dentro di me la gioia è grandissima per questa vittoria... Sempre più vicini al grande obiettivo!!
Bravi ragazzi.
Fino alla fine,non molliamo MAI!!

家に帰って来たよ。
検査の結果は残念なものだったけれど、
こういうことは僕らの仕事につきものだからね。
強い意志で、もっと強くなってもどってくるよ。

話はかわるけど、この素敵な勝利を喜んでいる自分がいるよ。
偉大なる目標に近づきつつあるね。
みんな最高さ!
最後の最後まで我々は降伏することはないね!



やはり十字靭帯損傷のようです。
今期は終了、ユーロにも出られないとのこと…。

ボヌッチのコメント。

Forza Claudio Marchisio vinceremo per Te e ti aspettiamo più forte di prima!!!

頑張れクラウディオ・マルキージオ。
僕らは君のために勝つよ。
そして強くなって戻ってくることを待っている。

in bocca al lupo!!!!! claudio!!!!
[PR]
by alexcorgi | 2016-04-18 00:23 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

ユーヴェ、今節も勝利。

a0138134_13444792.jpg

日本時間の今朝行われた試合、ユーヴェはミランホームで勝利。

ここ22試合で21勝1分という驚異的な数字を叩きだしているユーヴェ。
少し傲慢な言い方になってしまいますが、
もはやセリエにおいては負ける気があまりしないレベルに到達している感があります。

合宿明けのミランは球際も激しく、インテンシティは高め。
追い詰められたかつての名門は一矢報いようと躍起になっている印象でした。
対するユーヴェは、すべての歯車がかみ合わない感じで…。
クラ王子は久しぶりに消えていますし、連携も途切れがち…。
唯一ジジのみが気を吐く展開。

といっても一人ひとりの能力の高さが要所要所で冴えて決定機をつくりだしたり、
相手のチャンスをつぶしたりと、大人な感じを醸し出していました。

ミランに先制されるも、ジジ→モラタ→マンジュキッチというシンプルなラインで同点に。
そうなると“最後はきっと勝つのだろうな”と普通に思える、信じられるような安定感。
そして最後はポグバの技ありゴールで逆転。

チームの一体感とか、お互いへの信頼感とか…そうしたメンタルな部分は、
実はかなり重要なのでは。
ミランの選手が醸し出す雰囲気とユーヴェのそれはかなり違うとしみじみ。

調子が悪いのに、きっちり締めてしまうところはさすがです。

残り6試合。
自分たちが負けない限り追いつかれることはなし。
そしてそんな局面でも決して浮足立つことはないユーヴェです。

Forza Juve,fino alla fine!!!
[PR]
by alexcorgi | 2016-04-10 14:10 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

La Juve non molla mai!

a0138134_0445670.jpg

決して最後まで降伏しない。
そんな姿を見せてくれるユーヴェですが、
今節も1-0での勝利を手にしました。

インターナショナルマッチウィーク開けのエンポリとの一戦。
自国に帰って代表に参加した選手が多いユーヴェと違い、
エンポリは休養十分。
高いインテンシティを発揮して、ガツガツと攻めてきます。

惜しいシュートを決めきれない場面が多々ありましたが、
マンジュキッチの1点を守りぬきました。

ここ21試合で、20勝1わけ…どれだけ勝負強いのでしょう…セリエにおいて。

そして、本日行われたナポリ×ウディネでは、同じビアンコネロのウディネさんが大健闘。
ナポリに土がついたため、6ゲーム差の首位です。

帰って来たクラ王子は、ユーヴェの攻守の要として大活躍。
地味だけれど、本当に気の利く、なくてなならない選手です。

昔はサスペンションで出れないと、
クルバに行ってティフォージと応援していたボヌッチですが、
今は家族と一緒に関係者席に。
a0138134_054219.jpg

大人になりました、ボニー。

週末はクラシコやら岡崎のいるレスターなどを観戦。
録画しておいたクラシコ見ながら思ったこと…。
バルサ命の羽中田さん、きっと気もそぞろでユーヴェの解説をしていたのでは?
バルサ負けましたし…。

レスターは本日もきっちりと1-0(ウノゼロ)で勝利!
スタジアムのレスターサポーターの嬉しそうな顔を見ていると
こちらまで嬉しくなってきます。

降格争いをしていたチームが栄冠を手にする。
滅多にみられないおとぎ話のような優勝を見てみたいと切に願います。

アーセナルの稲本、マンチェスターユナイテッドの香川と違い、
岡崎は主力として活躍しての優勝。
Forza Oka-chan!!!

それにしてもレスターのサッカーは直線的でシンプル!
セリエとの違いを見るたびに感じます。
[PR]
by alexcorgi | 2016-04-04 01:00 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

ジジ、無失点記録歴代1位に。

a0138134_1174554.jpg

先週はゾフの、今週はロッシの記録を超えて、セリエの無失点記録を更新したジジです。

いろいろな思いを抱えているであろうトリノダービーは、
終わってみれば4-1で勝利しました。

つかみかけた勝利が、指の間から零れ落ちる砂のように儚く消えたバイエルン戦。
中盤の心臓であるマルキージオと、前線の宝石ディバラを欠いたユーヴェは、
選手全員が全身全霊で戦ったと思うのです。
でも最後は、ベンチの差が出たような・・・・。

未だ敗戦を受け止められない私ですが、
今日、まっすぐに前を見つめて力強く歩むユーヴェの選手に泣きそうになりました。

Grazie ragazziiii.
Amo la Juve per sempre.
[PR]
by alexcorgi | 2016-03-21 01:33 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

サッスオーロにリベンジ完了。

a0138134_15385472.jpg

ビッククラブに強い、難敵サッスオーロ相手にきっちり1-0で勝利したユーヴェ。
アンダータで負けた相手ゆえ、負けるわけにはいきません。

ディバラの鮮やかなゴールは、
“デル・ピエロゾーン”を彷彿とさせます。

右利きのアレの左45度、左利きのディバラの右45度。
美しい弾道を描き、キーパーが決して届かない角度で
ゴールに吸い込まれるシュートには華があります。

見ているものにワクワクをくれる選手が我がチームにいる嬉しさ。
スタジアムのユヴェンティーノの誇らしげな表情が印象的でした。

最近少しお疲れ気味だったディバラが、
バイエルン戦を前に印象的なゴールを決められたのも嬉しい限り。

クアドラとのコンビも本日はほぼ完璧。
躍動感に溢れていました。

クアドラさん、本当に欠かせない存在になってきましたが、
フィニッシュの精度は相変わらずです…。

少し前までは“おっさん集団”と呼ばれていたうちですが、
今は、これからのサッカー界を牽引するかのような綺羅星のような若手が多くいます。

ヴェテランと若手が一体になり、
国籍を超えて一つになっている感のあるユーヴェは
見ていて楽しい限り。

a0138134_1539148.jpg

ジジの無失点記録もゾフを抜いて2位になりました。

昨日はあの震災から5年。
マルキージオがインスタにアップしていました。
a0138134_15402570.jpg

デルピエロが提唱した『友達プロジェクト』の時の写真です。
若いですクラ王子。
このときすでにダヴィデ君のパパでしたが。
私たちも忘れてはいけないと、改めて思った昨日でした。

アリアンツアレーナでの闘いは、きっと厳しいものになると思いますが、
Forza Juveeee!!
Fino alla fine!!!


それにしても川勝さんはディバラが大好きですね・・。

[PR]
by alexcorgi | 2016-03-12 15:42 | カルチョ/スポルト | Comments(2)