domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ユヴェントス ( 208 ) タグの人気記事

ディフェンダー大活躍。

a0138134_1365751.jpg

先週のボヌッチに続きバルザーリの、それもまさかのボレーでの得点。
ボヌッチ以上のレア度です。

普段は守備でユーヴェを支えてくれるベテランの得点には、
アッレグリもほほ笑む?
a0138134_1384472.jpg

ジジも嬉しそうでした。

バルザーリのゴールといえば思い出すのは久しぶりの優勝を決めた2012年の最終戦
(だったと思います)。
PKのシーンで誰からともなくバルザーリにキックを促すユーヴェの選手たち。
あのシーズン、レギュラーのフィールドプレイヤーで唯一得点の無かった彼にも得点を!
そんな粋な計らいでした。
PKを決めたバルザーリを、選手全員が全身全霊、さらに全力でで祝福していたのが印象に残っています。

肝心の試合はというと、本日のユーヴェはなんだか締まらない…。
一人ひとりは頑張っているのですが、
攻撃がちぐはぐ…チームとしての一体感が薄かったような気がします。

長いカンピオナート、こんな日もあります。
ずっと0-1で、後半は攻めに来たアタランタ相手に受けにまわることも。
決めきれないシュートがあるたびに、
あとで高い代償を払わせられるような嫌な気がしていました…。

が、途中出場のレミナの個人技からのゴール。
連携にほとんど参加できていなかったレミナですが、決定力はあり。
こうしていろいろな人が得点をしてくれるのも、ユーヴェ流の強さの一因かと思います。

そして、本日もスーパーマリオことマンジュキッチをまた好きになる守備が!
あの全力守備はユヴェンティーノの心に刺さるでしょう!

終わってみれば、結局は手堅くクリーンシートしてしまうところは、さすがです。

ナポリは久しぶりに3ポイントを稼ぎ、
ガルシアからスパレッティに監督が変わったローマは絶好調。
エルシャーラウィもすぐフィットしたローマは、快進撃を続けてます。

乗っているときのローマは超攻撃的で、見ていて楽しく、ユーヴェにとっては怖い存在。
すでに2戦終えていてほんとうによかったです。

ナポリとユーヴェのワンツーはほぼ確定と思いつつも、
気が抜けない日々が続きそうです。

Forza Juvee!!!
Fino alla fine!!!
[PR]
by alexcorgi | 2016-03-07 01:43 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

ユーヴェ、ダービーを制す。

a0138134_727516.jpg

先週、意外な伏兵ボローニャによって連勝が止まったユーヴェ。
その後のバイエルン戦と二つの引き分けを経たこの試合、
今後のことを考えると是非とも勝っておきたい一戦でした。

さすがにインテルも高い集中力を発揮して、
前半はとてもしまった内容。

しかし、せっかく戻ったキエがまたしても故障という、
怪我の連鎖から抜け出せないユーヴェです。

後半ゲームが動いたのはボヌッチのボレー!
何シーズンか前にもダービーでボヌッチの目の覚めるようなボレーがあったような。
最後尾から試合を作ることも多く、おまけに怪我も少ない。
攻守に頼りになる選手になりました。

さすがの連戦で若いディバラとポグバにも疲れが見える中、
年上マンジュキッチは鬼神のごとく最後まで走り回る。
最近、試合を見るたびに彼のことが好きになっています。
ユーヴェのフォワードは、テヴェスを除くと意外と優等生系が多いイメージだったので
彼のようにガツガツ行くタイプは新鮮です。

この試合で勝ち点3を積み上げましたが、
2位ナポリもあまりこけそうにない手堅さを持っています。

気が抜けない戦いが続きますが、
Forza Juveee!!
Fino alla fine!
[PR]
by alexcorgi | 2016-02-29 07:47 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

今更ですがCL。

a0138134_1214697.jpg

多くのユヴェンティーニにとって、
4年前のバイエルン戦はトラウマになるに十分な敗戦、惨劇でした。

久しぶりに戻った欧州の舞台。
グループリーグで前年王者のチェルシーと善戦し1位で通過。
続くセルティックには完勝。
手ごたえを感じ、ベスト4を掛けてのバイエルン戦。
意気揚々と正面から挑み、見事なまでに粉砕されました。

強がりさえ言えないほどの負けっぷりを自覚していたのに、
追い打ちをかけるようにメディアや他チームのファンに叩かれ、
それからは、セリエ限定の内弁慶王のような扱いに。

昨シーズンのファイナリストとして、ようやく取り戻しつつあった欧州クオリティのプライド。

そのプライドを試される試合がこんなに早く訪れようとは…。
昨年とはうってかわったくじ運の悪さを呪いたくなります。

そして試合は…
正面勝負のコンテとは異なる策士アレッグリだから
何かをやってくるとは思ったのですが、ドン引きですか?
というレベルの消極性。

後半2-0になったときは、絶望さえ感じ、あのトラウマの記憶がよみがえりました。

でも、選手は諦めてなかったのですね。
追いつきました。

ホームで2点取られての引き分けは、もしかしたら負けに等しいレベルなのかもしれませんが、
それでも追いついた選手たちのひたむきなプレーは誇らしいレベルです。
ストゥラーロ、ビッグマッチに意外と強いことを見せてくれました。

マンジュキッチの古巣相手のファイト。
ディバラ、ロッベンとのユニ交換。
ジジとヴィダルの抱擁。

いろいろな物語が交差する、とても素敵な充実した時間をありがとう。

残念ながらクラ王子は筋肉系トラブルで10日余りのストップ。
満身創痍のユーヴェは明日朝インテル戦です。

Forza Juveee!!!
Fino alla fine!!!
[PR]
by alexcorgi | 2016-02-28 13:12 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

ユーヴェ、15連勝で首位に!

a0138134_1351057.jpg

10月末の時点で、このような歓喜が訪れることを誰が予想したでしょうか。

10節を終わって、3勝3分4敗。
まさかの黒星先行状態。
私が見始めて20年弱、初めてのことでした。

ファンですらあきらめムードの中、誰よりも諦めていなかったのは当の選手たち…。
「まだスクデットをあきらめていないかって? もちろん。
何故なら我々はイタリアチャンピオンであり、なによりユヴェントスだからさ」
そう言ったマルキージオ。

それは仲間と自分を鼓舞するための言葉だと思っていたのですが、
その言葉を実現するように快進撃が始まりました。

数多くのけが人を抱えながら、フォーメーションをいじりながら、
ユーヴェはしぶとくしなやかに強く美しく結実し、花開いたようです。

ナポリも首位にいるだけのことはあり、
鋭さと激しさを持っていましたが、ご自慢の攻撃力も
ここ一番の集中力を発揮したうちの守備の前では沈黙せざるをえません。

「ザ・ウォール」ことバルザーリ、本当に頼りになりました。
ボヌッチの負傷交代で出てきたルガーニも、
4バックだからかいつもの自信なさげな顔ではなく戦う顔に。

中盤の攻防も熱くタイトでしたが
本日もクラ王子はキレキレでした。

そして、エブラとケディラもさりげなく効いていました。
マンUやレアルから来た彼らは、ここ一番で落ち着きを発揮。
場数を踏んだものが手に入れた強靭さがある気がします。

ポグバもフォーリクラッセであることをそこかしこに魅せ、
ディバラも宝石の輝きを放っていました。

濃密な試合を決めたのは、モラタと途中交代したザザの87分のゴール!
ベンチも一体です。
a0138134_13335781.jpg

誰よりも祝福しているような感じのモラタ。
a0138134_13223966.png


ジジのバルザーリへの「ほんと、ありがと!お疲れ」って感じのショット。
a0138134_13244388.png


試合後の喜びようからもこの試合の大切さがわかります。
a0138134_13254629.jpg


それぞれが自分の責務を全うし、さらにチームとして結束し機能している。
そんなユーヴェ。
とうとう、自分たちの定位置に戻って来たユーヴェ。

これからも旅は続きます。

Forza Juvee!
fino alla fine!!
[PR]
by alexcorgi | 2016-02-14 13:26 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

ユーヴェ、14連勝。

a0138134_1373031.jpg

降格ゾーンにいるフロジノーネ、しぶとかったです。

そしてユーヴェは惜しいシュートばかり…。
勝ってくれるとは信じていましたが、
なかなか相手の守備を崩せない意外にストレスフルな展開…。
ディバラも少しお疲れの模様ですし、
ポグバもいろいろとほんの少しズレていて、
モラタは空回り気味。

それでも、最近は飛び道具のような存在のクアドラさんと
さらに最後はディバラも決めて、めでたしめでたし。

14連勝で来週ナポリとの天王山を迎えることになりました。

途中ボヌが頭を肘で打たれたり、
キエがルガーニと交代したりと、相変わらず「怪我」の呪縛から逃れられないユーヴェ…。

これから大切な試合が控える中、ちょっと疲弊している感じがするのも心配です。

が、上の写真のような笑顔が試合後にみられるなら、
きっとユーヴェの魂を見せてくれるはず。

本日も渋いところに顔を出し、相手の攻撃の芽をさりげなく摘みまくるクラ王子。
さすがに解説の松原さんも褒めてくれてました。

そうなんですよ、うちの王子は働き者で気が利く上に、
最近は審判への抗議係も積極的に引き受けてます。

普段優等生なので抗議の黄紙はもらいにくいと思うのですが、
さりげなく、でもしっかりと審判に言いつのってます。
「うちは被害者ですよ」って感じに…。
悲しそうな顔をすることも忘れません。
あんな端正な顔で悲しそうにされたら、審判も人の子、きっと心が動くはず?
今のところあまり効果は無いようですが。

a0138134_149496.jpg

写真はお疲れクラ王子。
なにしろ試合中はずっと先を読んで頭を使い、動いていますからね、
肉体と頭脳の疲労が人より多めなのは否めません。


そういえば、久しぶりにみたレアーリ君(フロジノーネのキーパー)が
ごつくなっていてびっくり!
10代でユーヴェに来てから他チームで武者修行中です。

ジジがいるだけに、多くのキーパーが他チームへの旅から帰還できないユーヴェですが
レアーリ君には大成してほしいと願うばかり。

本日デビューだったファヴィッリ君(上の写真中央)は
ユーヴェのユース育ちのプリマの子。
ユーヴェ産のアタッカンテはジョビンコ以来の存在。

この子も先日のマンドラゴラらと共にユーヴェの未来をになって欲しいです。

最近は
アッレグリがチェルシー監督に?
カサレスがアキレス腱断絶で今季絶望…。
レアルがモラタ買戻しを決める?

などなどいろいろあり、周りが騒がしいユーヴェですが、
正念場の2月を勝利で乗り切ってほしいと思います。

それにしても、お金に任せてショッピングするプレミアは少し苦手です。
貧乏セリエのひがみですけれどね…。
[PR]
by alexcorgi | 2016-02-08 01:51 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

ユーヴェ12連勝で、2時間だけ首位?

a0138134_22551270.jpg

危なげない勝利…そんなことばがぴったりの最近のユーヴェ。

マンジュキッチが怪我で離脱のため、
アタッカンテの先発はモラタ&ディバラコンビに。

モラタ、期待に応えてドッピエッタ。
顔つきも明るくなりました。

さらにはアレックス・サンドロとポグバも決めて、
もう最後は連携の練習?
正しい崩し方の追求?
という感じのやりたい放題状態。
a0138134_23133137.jpg


コンテユーヴェの記録と並ぶ12連勝で、
11時から試合のナポリを一瞬抜いて今季初首位?
まあ、2時間くらいだけだと思いますが。
a0138134_2315952.jpg


こんなに柔軟なユーヴェを見るのは久しぶり、
というくらいしなやかに強いユーヴェです。
[PR]
by alexcorgi | 2016-01-31 23:00 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

新旧10と21.

a0138134_227435.jpg

ユーヴェの誇る歴代の10と21の系譜。

上から、
デル・ピエロ&ジダン
テベス&ピルロ
ポグバ&ディバラ

面白いことに
イタリア人2人
フランス人2人
アルゼンチン人2人。

それも
10をイタリア人、アルゼンチン人、フランス人が継承し
21をフランス人、イタリア人、アルゼンチン人が継承しています。

21についてはジズーとピルロの間にも人はいますが…。

ユーヴェの大切な背番号を3つの国の人がつないで来たのですね。
どの組み合わせが好きかというと…個人的にはアレ&ジズーが少しだけリード。
何しろ私の初めて見たユーヴェにいた2人ですから。

とはいえ、みんな甲乙つけがたく好きなのも事実。
大人だったテベスとピルロの二人に比べ
今のポグバとディバラのコンビは、伸びしろや躍動感が半端ないですね。

願わくば、しばらくはうちにいてほしいと思います。

先日のコッパイタリアはインテル相手に3-0で勝利。
スカパーでの放送が無かったので試合は見ていないのですが、
モラタの4カ月ぶりのゴールだった模様。

それもPKになったときにクラ王子がモラタに『蹴れ』と言ったとか、言わなかったとか…。
先日の試合でもアレッグリに「アルヴァロ、アルヴァロ~~~」と怒鳴られていたモラタ君。
ファンもチームメイトもみんな心配していたんですね、きっと…。

そして、PKの他にゴールも決めて、仲間みんなに祝ってもらい、
試合後に訪れたリストランテでは、モラタユニを着たファンの大学生・ジャンマルコ君と出逢ったよう。
お食事をご馳走し、サインも上げて、メルアド交換をしたのだとか。

感激しきりのジャンマルコ君がFBにそのことをアップして、ニュースになっていました。

誰かと喜びを分かち合いたい、それくらいうれしかったのでしょうね、モラタ。

マンジュキッチが怪我で1カ月の離脱のユーヴェ。
いまこそ君の出番です、モラタ!

ユヴェンティーニは、昨年あなたがプレゼントしてくれた歓喜の瞬間を
けっして忘れたりはしませんから!

Forza Juveee!!
Coraggio Alvaroo!!!
[PR]
by alexcorgi | 2016-01-30 22:14 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

ユーヴェ、11連勝

a0138134_7185747.png

難敵ローマ相手のホームゲーム。
バルザーリが戻って来て、いつもの3バッグ完成です。

崖っぷちのローマは相変わらず無駄に激しく、
一方試合は支配しているのに点が入らないユーヴェ。

しかし、最近のユーヴェはそれでも「得点してくれる」という期待を抱かせる強さがあります。

そして、もはやエースでアイドルのディバラの歓喜のゴール!
ディバラとポグバコンビの若さと躍動感あふれるプレーには本当にワクワクさせられます。

ネドヴェドの喜びようからも、このゲームがいかに大切だかがわかります。003.gif

11連勝で、ナポリを追随。

ロッカールームは相変わらずの雰囲気の良さ。
a0138134_7304744.png


ポグバポーズにはバルザーリも参加です。
a0138134_7311687.jpg


ヤングユーヴェの面々。
a0138134_0394767.jpg

川勝さんにもかわいいといわれたディバラです。

そしておっさんユーヴェ。
a0138134_0403619.jpg

クラ王子がこちらのグループに入る(勝手に入れましたが)なんて…
月日の流れが怖いです。

爽やかにスタートできる月曜日の朝です。

Grazie Juveee!

Fino alla fine,forza Juve!!!!
[PR]
by alexcorgi | 2016-01-25 07:32 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

ユーヴェ、10連勝で単独2位に。

a0138134_23192486.jpg

もはやユヴェンティーニのアイドルとして君臨している、
といっても過言ではないディバラの大活躍もあり、
ウディネーゼに0-4でしっかり勝利し、連勝を10に伸ばしたユーヴェです。

ウディネのサッカー専用スタジアムのこけら落としの試合。
無慈悲なユーヴェのやりたい放題でした、前半。

思えば開幕戦、ユーヴェホームで初黒星をつけられた相手がウディネーゼでした。
そしてそこから泥沼の中にいるような2か月を過ごしたうち…。
しっかりお釣りもつけてお返しさせていただきました。

ウディネの監督さんの放心した姿をカメラが何度もとらえ、
少し心が痛みましたが…。

ポグバが居なくてもアサモアがリズムを作り、
ディバラはフリーキックという飛び道具も手に入れた感があります。

なによりチームの雰囲気がいいです。
a0138134_23261243.png

試合後のロッカールームの写真をみんながアップしてました。

そして、本日は…。
クラブハウスでランチ中のショット。
a0138134_23265845.png

マンジュキッチ、とても新加入とは思えない貫録。
そして、ディバラのかわいらしさを完璧に打ち消す
その他の男臭いメンバーたちです。

テーブルクロスもビアンコネロなんですね。

ミッドウィークはラツィオ、週末はローマ。
厳しい戦いが続きます。
[PR]
by alexcorgi | 2016-01-18 23:30 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

ユーヴェ、9連勝で2位に。

a0138134_1343742.png

サンプドリアホームでの試合、1-2で勝利し9連勝したユーヴェ。

インテルとフィオが負けたため、2位に浮上です。
ナポリは盤石な戦いぶりで冬のチャンピオンになりました。

マルキージオが累積警告で出場停止、
マンジュキッチとバルザーリが怪我というキーマン3人が不在の中、
なんとかもぎ取った勝利。

カッサーノの得点以降は本当にひやひやものでした。
ルガーニもよく耐えました。

今回は勝った、そのことが一番の試合。
思えば…。
a0138134_13521430.png

10節時点で勝ち点がわずか12だったうち…。
その後の破竹の9連勝で上り詰めました。

10月末には3位に入るのさえ夢のような感じでしたが、
前半を折り返して2位。

取り戻した誇りを胸に、後半戦もForza Juvee!!!
[PR]
by alexcorgi | 2016-01-11 13:55 | カルチョ/スポルト | Comments(2)