人気ブログランキング |

domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

胃瘻について・・・。

石原氏の発言で「胃瘻」という言葉を知った方もいると思います。

石原氏のニュースは・・。

自民党の石原伸晃幹事長は6日のBS朝日の番組で、
高齢者の終末期医療でおなかの外から直接胃に管をつないで
栄養を補給する「胃ろう」を受ける患者に関し、
「映画で、寄生したエイリアンが人間を食べて生きているみたい」と述べた
映画「エイリアン」に出てくる地球外生命体を引き合いに出したことで、
患者の親族ら関係者の感情を逆なでする発言として批判も出そうだ。

石原氏は「社会の最下層で身寄りもない人の末期医療を担っている所に行くと、
意識が全くない人に管を入れて生かしている。
何十人も寝ている部屋を見たとき何を思ったか。エイリアンだ」などと述べた。

それに対してはもちろん批判の嵐。

小宮山洋子厚生労働大臣は
「病気の方、ご家族に不快な思いをさせる言葉の使い方は慎重であってほしい」と批判。
2008年に亡くなった父、加藤一郎元東大総長が、最後の1年間、
胃ろう措置を受けていたことも明かしたという。

それを受けて
「私は人間の尊厳を重んじなければならないと絶えず言っていて、
私自身もそういうこと(胃ろう措置)は夫婦の間で行わないと決めている」。

大方の報道や個人の意見は

胃瘻をしている人と家族を傷つけるデリカシーのない発言。
政治家としての資質が問われるというところに集約されています。


飼い主の母も胃瘻で命をつないでいます。

ボンボン育ちの甘ちゃんに何の期待もしていない飼い主は
別にエイリアンと言われたことに傷ついたりはしません。
エイリアンと思う感覚と、それを発言してしまうことに幼さや浅はかさを感じますが・・。

胃瘻についてのエイリアン発言がクローズアップされていますが、
そのあとの「社会の最下層」という発言のほうが問題だと考えるのは飼い主だけでしょうか?

たぶん石原氏は特別〇護老人ホーム、もしくは療養型の病院を訪問したのでしょう。
お金持ちの石原氏には縁のないところですね。

その施設にいる方のことを、社会の最下層という発言をするデリカシーのなさ
自分の周りの世界が世の中のすべてだと思う傲慢さ、無神経さ、
人としてのバランス感覚の欠如。想像力の欠落。

政治家以前に人としてもどうかと思います。
知性のかけらさえお持ちでないのでは?
と疑いたくなります。

彼は何のために政治家をしているのでしょうか?


胃瘻の是非はまだ飼い主の中で結論付けられない問題です。

医学の進歩で胃瘻形成して寿命が延びる。
そのことが当人と家族にとって幸せなのか?

それは人それぞれ・・・。
by alexcorgi | 2012-02-08 21:42 | 介護 | Comments(2)
Commented at 2012-02-08 23:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by alexcorgi at 2012-02-09 09:23
鍵コメの方へ

そうなんですよ。
ただの人畜無害ないい年したお坊ちゃまだと思ったら
とんでもないお馬鹿さんだったという・・・。

まあ、ポチに偉そうに言われたくないでしょうがね(^_^;)

全体をyoutubeで見たのですが、もう突っ込みどころ満載で・・。

胃瘻≒エイリアン発言より、もっとひどいことたくさん言ってます。

褒められると木に登るタイプです(^_^;)
が、記事の部分は引用なので、私の文ではないんですよ~。