人気ブログランキング |

domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

ぼくはネンディ。。

a0138134_13575827.jpg

小学校低学年のころに初めて図書館で
自己セレクトで借りた本だと記憶している『ぼくはネンディ』。

その後「ネンディのぼうけん」として再販されていたものを図書館で借りてみました。

「そうそう、このイラスト!」と懐かしさがこみあげてきて・・
「あれ、この絵って『いやいやえん』と同じだ」と気づきました。
『ぐりとぐら』も同じです。

子供の頃はそんなこと思いもしませんでした。

幼稚園の頃によく読んだのは、たぶん岩波書店の絵本シリーズで
『ちびくろさんぼ』『きかんしゃやえもん』『ひとまぜこざる』(今のおサルのジョージ)が
特に記憶に残ってます。

ほかに大好きだったのは『ももいろのきりん』そして『ちいさいモモちゃん』。

本の角が擦り切れるほど繰り返し読んだ覚えが。

あれからウン十年・・・・心は汚れて物欲まみれですが、
本好きなことだけは変わってません。

なんて思いながら、読書はあと2冊で終わりの建築探偵・桜井京介シリーズを読んでます。

途中から
「えっ!? 建築探偵はどこにいってしまったの?」
「もはやミステリーでもないのでは?」
「出てきたときから誰が犯人かわかる。まるで2時間サスペンスドラマ?」
「えっと、狙ってますか? いわゆるBLと呼ばれる本の要素?」
なんて気持ちがむくむくわいてきておりますが・・・・。

主人公の出自は予想通りでした。
あと1冊でシリーズラストです。
by alexcorgi | 2012-02-11 14:09 | 読書・映画・音楽・アート | Comments(4)
Commented by アレママ at 2012-02-11 22:57 x
子供時代の思い出の本(絵本だったのか?)、私も覚えてるわ~~

母が本好きで、その影響で小さい頃から・・・
あのね、読書に関しては、幼少時代の習慣て大事だよね

ウチの旦那、小説とか全く読まないもの。
子供時代からそう。彼の母もそう。だから、知識が・・(これ以上が言わないけど)

本好き、勉強好きだった 母に感謝です、本当に。

心は汚れて物欲まみれ、なんですか? ・・同じです(爆)
Commented by alexcorgi at 2012-02-12 00:01
アレママさん

こんばんは。
この本覚えてますか?

初めてです、この本の存在を知っている人に出会う(出会ってませんが)のは!

私も小さいころから本が好きでした。
まだ字が読めないころは、毎晩分厚い昔話の本を読んでもらってました。

が、同じように育てられたのに弟は本は読まない人種です。

昔、メトロポリタン美術館の館長が謎に包まれた
中世の象牙の十字架を手に入れるというドキュメンタリー
「謎の十字架」という本を外出した弟に買ってくるように
頼んだことが。

弟は本を購入して彼女とデート。
彼女は「本なんて読まないと思ったら、こんな本を読むんだ」
とその意外性に驚いたそうです。

で、その彼女は弟の奥さんになり・・。
「読んでたのはkちゃんなのね・・やっぱり・・」と・・。

林真理子好きのその弟の奥さんが私の本棚を観て
「読みたい本が一つもない」とつぶやきました・・。

その時私は「やった! よし!」と思ったものでした。。。

かように心が汚れてます。。
Commented by アレママ at 2012-02-12 00:45 x
私の友人と、子供時代 好きだった本の話で
盛り上がった事あって、彼女も ネンディ好きで
再販(?)されたの買うだか、買っただか、図書館で見ただか…
私は 幼い頃から 本はジャケ買いです
可愛い表紙のばかり、買ってもらってた
だから、日本の童話は 少し怖かった記憶が…

この本、アレコギさんの文具好きの 原点ですね(笑)
Commented by alexcorgi at 2012-02-12 11:43
アレママさん

ネンディ好きの方がいらっしゃって嬉しいです♪

私は海外のお話が好きで、「やかまし村の子供たち」シリーズとかが大好きでした。

「フランダースの犬」は、主人公ネロのあまりのいい子ぶりで拒否。
「母を訪ねて三千里」は、貧乏くさくてあり得ない!
と思ったものです。

そのころから私の中ではイタリア≒貧乏な国という
かなり偏見に満ちた考え・・・。

まさかいい大人になって「愛する第二の故郷」になるとは思いませんでした・・。