人気ブログランキング |

domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

まほろ駅前多田便利件by三浦しをん・・。

a0138134_17274083.jpg

今更ながらの「三浦しをん」ブーム中の飼い主です。

「まほろ駅前多田便利件」は直木賞を受賞した大ベストセラー。
そういう賞を獲ったものに興味がなくスルーしていて、今更な感じで読んでみたら・・。

面白くて、ついつい漫画にまで手を出しました。

主人公は便利屋を営む不器用な30男・多田啓介。

そこに偶然転がり込んできた行天(ぎょうてん)と男二人
(行天は何もしてないというか邪魔になっているという節も・・)の
便利屋稼業生活が連作で綴られます。

二人は高校時代の同級生なんですが、
学生時代の行天は誰とも口を利かず、唯一言葉を発したのが多田が遠因で
技術の時間に彼が小指を切り落とす事故にあったときにに発した「痛い」のみ・・。

幸い指は縫い合わされて、その後はいつも通り誰とも口を利かなかった・・という設定なんです。

それが、30歳になって再開した彼は風変わりなところはそのままに、多弁になっていたり・・。

過去の傷から自由になれなず重いものを背負った二人、
そこに娼婦や薬の売人といった脇役の濃いメンバーがからんでストーリーは展開します。

便利屋なのに、持ち前のお人よしぶりを発揮して危ない橋を渡らざるを得ない多田と、
そんな多田を冷静に見つめて、いつもは邪魔ばかりするのにときどき助ける行天。

不器用な男二人の醸し出す雰囲気が何とも切なくて、
そしてアンバランスだからこその魅力があります。


感情の起伏がないように見えて、実は「誰かのために」熱くなる部分を持っている行天。
妻に裏切られ、さらに生まれたばかりの息子を突然死で失ってなお自分を律する多田。

張りぼてのような薄っぺらい救いは一切なくて、
でも日々の暮らしの中で、人は再生できるというかすかな希望が散りばめられています。

小説→漫画と呼んだのですが、漫画のほうも原作者が「この人に!」と指名しただけあり、
原作の世界を活かしながら、漫画という媒体の「絵で語る」アプローチがしっかりされていて
独立した作品としての完成度もかなりなものでした。

瑛太、松田龍平主演で映画化もされているとか、そちらも制覇せねば。

続編の「まほろ駅前番外地」は、本編の主人公はもちろん、脇役をメインに据えた連作で、
登場人物の背景がわかって、「まほろ」を立体的に楽しめます。

ちなみに「まほろ市」は「町田市」のことで、
かの地に2,3度だけしか行ったことがない飼い主にも臨場感を持って街の雰囲気が伝わってきます。

映画も見てみたいなあ・・・でも行天が松田龍平というのは
個人的には納得できないなあ・・。
by alexcorgi | 2012-06-13 17:53 | 読書・映画・音楽・アート | Comments(0)