domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

奥日光は芽吹きの季節。

a0138134_22252818.jpeg
伯母から東武鉄道の株主優待券をもらったので、それを使って日光に。
3年半ぶりの日光、どこへ行こうかと迷ったのですが、リハビリハイクも兼ねて、竜頭の滝→戦場ヶ原→湯滝→東照宮という以前と同じコースを取ることに。

9時過ぎに東武日光駅に到着し、湯元温泉までのバスフリーパスを購入。
駅前の金谷ホテルベーカリーでアンパンなども購入して、いざ竜頭の滝へ。
標高は、先日行った三峰神社より200メートルくらい高いだけなのですが、北に位置していることもあり、いろは坂では生まれたばかりの緑を存分に楽しめました。
木によって、様々な緑のバリエーションがあることにいつも感動させらせます。
a0138134_08424899.jpeg
いつもながら、青い空と新緑の組み合わせにうっとり。
春の喜びに溢れる姿は、純粋に混じり気のない感動をプレゼントしてくれます。
若いっていいなぁ、とおばさんの感想です。

竜頭の滝を堪能した後は、戦場ヶ原へ。
a0138134_18544676.jpeg
湿原はまだ冬枯れ中。
木々もまだ芽吹きの季節を迎えたばかりで、これから色を取り戻して行くのだなぁと思ったら、来月も優待券を使って戻ってこようと思ったり…。

時々差す日差しを感じながら、コーヒーを飲んだり、アンパンを食したり、ひとり旅の気ままさを満喫。

人も少なく、景色を独り占め状態のところが多々あり、その度に立ち止まって休憩、コーヒータイムと相成りました。
a0138134_08495451.jpeg

途中かなりの数のバードウォッチングの方達と出会ったのですが、みなさんバズーカ砲ばりの望遠レンズを抱え、カモフラ柄に身を包んでいました。
ネイチャーカメラマンか!と、笑っちゃうくらい本格的な方々でした。
a0138134_10025501.jpeg
親切なおじさまがキビタキがいると教えてくれました。
私のコンデジではこれが限界…。

風もない静けさに満ちた空間に、鳥の鳴き声だけがする世界が心に沁みます。
a0138134_08595408.jpeg
戦場ヶ原はリトル尾瀬という感じで木道も整備されていて歩きやすいのもよいところ。
a0138134_08535783.jpeg
川沿いの道などをゆっくり歩いて、約5キロの道のり、終点の湯滝を目指します。
a0138134_09015616.jpeg
この頃には青空が広がり滝とのコントラストが雄大で美しく、自然っていいな、山って素敵だなと山への思いがフツフツと。

滝に沿った階段を上がると、滝の始まりがあります。
a0138134_09035570.jpeg
ここまでくると急に硫黄のにおいが!
この先の奥日光湯元温泉には次回泊まりたいものです。

ここでハイキングは終了。
次なる目的地東照宮へ。
a0138134_09055423.jpeg
以前お参りした後に良いことがあったので、今回も!
健康で心おだやかに過ごせますように、とお願いしてきました。
a0138134_09074448.jpeg
緑の美しい東照宮周辺でした。

総走行距離は12キロあまりでしたが、東照宮の階段を下りるのが怖かった、以外は問題無し。
高低差のない道なら長距離を歩いても大丈夫!
ということで、来月は大好きな上高地に行こうと深夜バスの予約を敢行。予約の変更も可能なので、
お天気を見ながら日程を決めたいと思います。

備忘録
荷物も少なく、平坦な道のりのハイキングだからと、街用リュックで出かけたら首と肩が痛くなりました…。
歩く場合は、ウエストベルトや、チェストストラップの付いたものでないとダメですね、反省。

本日のログ
a0138134_22524436.png
歩いた道は
a0138134_22530187.png


[PR]
by alexcorgi | 2018-05-13 08:33 | 山・ハイキング | Comments(0)