人気ブログランキング |

domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

千畳敷〜木曽駒ケ岳 極上の夏休み。


a0138134_13405217.jpeg
駒ヶ根のホテル千畳敷に泊まり、山と花と星を楽しむ夏の休日を過ごしてきました。

先週に引き続き「誰でも登れる百名山」シリーズとして、木曽駒ケ岳に。

まずは、標高2612メートルにあるホテルにチェックイン。
今が盛りのお花畑のガイドツアーに参加して、カールを一周。
花々の名前などを教えてもらいました。
a0138134_09134251.jpeg
今回の収穫、写真の左下の3センチくらいの白い可憐な花を咲かせるチングルマがバラ科の樹木だったということ!
マッチ棒くらいの幹になるに10年かかり、年輪もあるのだとか。びっくりでした。

千畳敷は、今が盛りとさまざまな花が咲き乱れていました。
a0138134_13513247.jpeg
17時の最終ロープウェイが下りると、千畳敷はホテル宿泊者だけに。
静かなカールの宝剣岳に夕日が当たり、山が燃えているようでため息ものの美しさ。

夜には満天の星を満喫。
東京より明らかに大きく輝く北斗七星や鮮やかな赤色の火星、そして天の川!
空というよりも、すぐそこに宇宙を感じるような…地球が一つの惑星だと感じる瞬間でした。
a0138134_13542119.jpeg
2日目は夜が明ける前に起きて、朝焼けを見に。
南アルプスの山々の稜線と富士山がピンクに染まっていく様に、素敵な1日になる予感しかしません。

ホテルにおにぎりの朝食を作ってもらい、6時半に木曽駒ケ岳へ向かい出発。
この時間はまだロープウェイも動いていないので、カールには私と友人だけ!
贅沢の極みです。

a0138134_14075644.jpeg
花々と山と青空の競演が美しく、なんども立ち止まっては見つめてはため息。
a0138134_14090623.jpeg
白いコーンのようなコバイケイソウは、今年が4年に一度の当たり年なのだとか。
a0138134_14103904.jpeg
黄色い花はミヤマキンポウゲなど。
この辺りは八丁坂といって本日のコースの中での難所なのですが、この景色に癒され励まされ登り切ると、そこは乗越浄土。
a0138134_09321320.jpeg
ホテル千畳敷が遙か下に見えます。
a0138134_14132654.jpeg
右手には気持ちの良い稜線が連なる伊那前岳。
a0138134_09183706.jpeg
左手には岩肌鋭い宝剣岳。

カールから一段上がった世界は、見渡す限り山、山、山…信州の魅力が詰まっていました。
まさに浄土です。

コーヒータイムを楽しんでから中岳へ。
a0138134_09342219.jpeg
頂上はゴツゴツとした岩の重なり、なんだかカッコいい!

そして、いよいよ本日の目的地、中央アルプスの主峰・木曽駒ケ岳が姿を表します。
かなり急な大きない石のくだりを経て、いよいよ木曽駒ケ岳!
a0138134_14362909.jpeg
登り切ると。
a0138134_14545614.jpeg
360度の大パノラマ。
a0138134_14553594.jpeg
正面に見える単独峰・御嶽山の堂々たる山容に心奪われ、
a0138134_09230359.jpeg
乗鞍や穂高の北アルプス勢の華やかさにため息。
a0138134_09325444.jpeg
南アルプスと富士山もはっきり見えました。

お天気にも恵まれ、とても素敵な千畳敷、木曽駒ケ岳の旅。
最後はいつも通りこまくさの湯に入ってさっぱり。
18時のバスで観測史上初の40度越えを記録したという灼熱の東京へ…。

楽しき旅も終わりです。
……………………………
新宿〜駒ヶ根バスターミナル〜しらび平〜千畳敷。
千畳敷カール切符利用。
バスターミナルからしらび平のバスの乗り降りは自由な上、こまくさの湯の割引券も!
小銭を出さなくても済みますし、便利でお得です。





by alexcorgi | 2018-07-24 13:39 | 山・ハイキング | Comments(0)