人気ブログランキング |

domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

絶景の富士を見に、御坂黒岳へ。

a0138134_10550725.jpeg
富士山を見ながら登山してきました。
新宿からバスで河口湖に行き、そこから路線バスで天下茶屋へ。
待っていたのは河口湖と富士を望む絶景。
丹沢や奥多摩から見るいつもの富士山さんより雄々しい姿を裾野まで見せていました。

絶好の登山日和です。

今回は、同世代の女性3人で。
久し振りにアルプス用の登山靴で行ったら、足の甲や土踏まずの足攣り‥芍薬甘草湯を飲みつつ登ることに。

さらに前のは全く眠れなかったので、登りの休みの頻度がすごいことなる始末。
「すみません、ちょっと休みます」の連打?

登山を始めたばかりの頃を思い出すような、少し登っては息が切れて休むという展開に。
反省しきりでした。
a0138134_11055036.jpeg
山は新緑の季節を迎え、生命力をみなぎらせて、笑っていました。そんな緑に励まされつつも、
足攣りもあって、皆さんに迷惑かけまくりです…。
それでもコースタイムで黒岳山頂へ。
a0138134_11052721.jpeg
展望台からこんな景色が待っていました。
a0138134_11050849.jpeg
まさに眼福。
毎日こんな雄々しい富士山をみられるなんて、河口湖地方の人が羨ましい。

ゆっくり休んで下山は広瀬方面へ。
この時はそれが地獄の行程だと知るよしもなく、富士山を見て喜びにあふれていた私でした。

広瀬への下りは、800メートルの高低差の尾根を、ほぼ直滑降のように下ります。
それがザレていたり、滑る赤土だったり。
つまり、ものすごく歩きにくく恐怖の道だったのです。

ところどころにロープが張ってあるのですが、一番欲しいところにないという‥。
おかげで、時に滑り台を滑るようにお尻で下りました。
「無理ですって」と心の中で呟きつつ。

そんな緊張の下りが2時間半も延々と続き、膝も精神も疲労困憊。

ロープがかなり出てくるので、アドバイスされてストックをしまったら、これが結果的に良かったのが本日の収穫。

木を使いながら、足下を確かめて降りる方が、屁っ放り腰にならずスムーズにいけました。
前回、山梨の御前山の急な下りでは5,6回尻餅をつきましたが今回は一度も転ばずに下山。

下りの写真はありません‥。
目の前の道に集中するあまり、そんな余裕はありませんでした。
a0138134_11154679.jpeg
ようやく緩やかになった頃に撮った一枚。

しかしこの後もロープはありました。
最後まで気の抜けない、私にはかなり過ぎたコースでした。

今回プロトレックを使っていたのですが、下りで何度も標高を確認。
登りで「あと何メートル」と確認することはあつても、下りでそんなことをしたの初めて。

それくらい辛かったということですね。

下りてきたら河口湖は中国の方や欧米の方ばかり。
見渡せば、路線バスも日本人は私たちのみでした!

河口湖駅に着くと、発着の案内板が中国語で、周りはみんな中国人。
まるで中国に来た気分でした。
インバウンド、まだ続いてたのだとシミジミ思った夕暮れでした。
a0138134_11350831.jpeg


by alexcorgi | 2019-05-26 10:54 | 山・ハイキング | Comments(0)