人気ブログランキング |

domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

2009年 12月 18日 ( 3 )

アレックスさん、走る

a0138134_1824375.jpg

マンションの最上階にあるドッグランに久しぶりに行ってきました。
アレックスさんは、マンション全体が自分の家だと「大きな勘違い」をしているため
マンション内であるドッグランでは、残念ながら他のワンちゃんと仲良くできません・・・。
警戒心むき出しでガウガウしたり、興奮したり。
なにしろ自分のテリトリーと思ってますからね・・・。

一方、外面キングのアレックスさんは、近所の公園のドッグランでは超ヘタレの「大人しいわんこ」。
いろんな方に「大人しいコーギーちゃんね」とか「人懐っこくてかわいい」とか言っていただいております。
その度に「この、ネコ(?)かぶり!」と内心思う飼い主なのでした。

今日はマンション内のドッグランに、誰も居ないのを確認して行ってきました。
1時間余り秋もせずボール投げ&キャッチを繰り返し大満足の模様です。

ドッグランから見える夕焼けがきれいでした。
a0138134_18292626.jpg

by alexcorgi | 2009-12-18 18:29 | コーギー・アレックス | Comments(0)

冬の花

a0138134_1710575.jpg

冬にブルーの花も趣があって素敵だなと思い、今週はこの組み合わせにしました。
ブルーの実とブルーの花に葉の組み合わせは爽やかでいい感じです。
by alexcorgi | 2009-12-18 17:11 | 暮らし | Comments(0)

このミステリーがすごい

a0138134_1284241.jpg

最近すっかりアマゾンでの本購入が定番化して、書店に行く回数が減りました。

それに比例するように読書量も減少傾向。
本屋さんに行くと、表紙に惹かれてジャケ買いしたり、
思わぬ掘り出し物に当たることも多くて楽しかった気がします。

少し前までは海外ミステリーに凝っていて
年末に発表される「このミステリーがすごい」の中で半数以上が既読ということも多々ありました。

今年は見てみたら、なんと1冊もなかったです・・・。

で、10作の中に上のドン・ウィンズロウの「犬の力」を発見し、早速ポチっ。
アメリカの麻薬捜査官の30年に及ぶ戦いを描いた上下巻の大作です。

なぜ、この本を?
それは、この作者のニール・ケアリーシリーズが好きで全作読破。
ストーリーテラーとしての能力の高さとユーモアにいつも楽しませてもらっていました。
ニールのシリーズが終わった時は、なんだか大切な友人と二度と会えない気分になったもものです。

映画にもなった「ボビーZの気怠く優雅な人生」をはじめ日本で刊行されている作品は
どれも面白くてお勧めです。


ほかにもシリーズもので好きだったのは、ハーラン・コーベンのマイロン・ボタイラーシリーズ。

ストリートキッド上がりの減らず口の探偵(本職は学生)ニールと
スポーツエージェントの探偵マイロンは、
どちらもウイットに富んだ会話が得意でちょっとヘタレクンでもあります。
正統派の探偵からは外れていますが、人間味があって好感が持てます。

なにしろマザコン気味だったり、あまのじゃくだったり・・。
個性豊かな登場人物も魅力的。

マイロンシリーズは、日本で6作目まで刊行されひと段落。
本国アメリカでは、2.3年前に5年ぶりくらいに7作目が発売され、8作目もでました。
が、日本での発売の予定はないそうです。
(版元の早川書房に電話して聞いてしまいました、思わず)

アマゾンになってひとつ困るのが、文庫カバーが付いてこないこと。
鞄の中に入れっぱなしにして、ボロボロにしてしまうことが多々あり、
革製の文庫カバーを使っています。
写真は土屋鞄という革専門店のもので、肌ざわりと質感がいい感じで
使い込むほどに味がでてきます。
a0138134_1462421.jpg

by alexcorgi | 2009-12-18 01:46 | 読書・映画・音楽・アート | Comments(0)