人気ブログランキング |

domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

御前山でカタクリを愛でる。

a0138134_08402305.jpeg
本当は三頭山に行く予定が、奥多摩湖を渡る浮橋が渇水のため閉鎖中ということで、前の晩に御前山に変更。

三頭山、大岳山と共に奥多摩三山に数えられる御前山は、春を告げる花・カタクリの山としても有名です。

母が愛したカタクリの花を見たくて、選んでみました。
標高は1405メートル。
先日の鍋割よりも高いです。

始発に乗って7時18分に奥多摩駅に到着。
ゴールデンウィーク2日目の晴天とあって、人で溢れていました。
多くの人は川苔山の方面へ。大人気です。

私たちは2番のバス停から満員のバスに揺られ、奥多摩湖へ。
こんな景色が迎えてくれました。
青い空と新緑、絶好の登山日和です。
a0138134_10011132.jpeg
今回は奥多摩湖畔から登り、境橋に下りる定番のコースをセレクト。
カタクリの時期とあって混雑を予想していたのですが、意外に人が少なく、静かな登山を楽しめました。

このコースの登りの難所は、序盤です。
奥多摩湖半を歩いて、登山道に入るといきなりの急登です。
ホームマウンテンが高尾山の私にはかなり酷な試練の坂。
「お先にどーぞ」を繰り返し、ゆっくりゆっくり登っているのに息が切れます。
最初の10分で脹脛がパンパンに!
予防のために足つり防止の漢方・芍薬甘草湯を服用しました。

一回水分休憩をして、1時間余りでサス沢山に到着。
a0138134_10082155.jpeg
眼下に奥多摩湖。だいぶ登ってきました。
展望台からは大菩薩嶺なども見えます。
何度でも訪れたいほど好きな大菩薩嶺。
新緑の頃に再訪したいものです。

5分だけ休んで、次なる惣岳山へ。
緩やかな登りは、ボディブローのように効く感じでした。
ちなみに奥多摩湖から惣岳山までのこの尾根は、
大ブナ尾根といって奥多摩急登のひとつに数えられるそう。
前回の鍋割の階段に比べたらまだ登りやすいレベルでした。時々平坦な道があるところも息を整えるに効果的。
とはいえ、全体にゼーゼーハーハー言っている私。
その横を、ベテランと思しきおじさまおばさまが音もなく過ぎて行きます。
a0138134_10314431.jpeg
途中富士山発見! テンションアップ!
奥多摩でもこんなに間近に見ることができるのだと感動しました。
1時間40分ほどで、惣岳山に。
持ってきたパンを食べつつ、小休止。
塩味の効いた桜蒸しパン、美味でした。
a0138134_10331111.jpeg
こんな富士山も見えました。
富士山見るとテンションが上がるのは日本人のサガ。
みなさんカメラに収めてご満悦。
私も気分をアップさせて、御前山を目指しました。
a0138134_10350973.jpeg
この辺りからポツポツとカタクリが。
群生というのは大げさで、ポツリポツリという感じでした。
それでもピンクの可憐な花に元気をもらい、最後の登りにかかると、ここがぬかるんで登りにくい‥。
絶対に転びたくない気持ちからか、変なところに力が入って疲れること。
どうにかクリアして山頂へ。
展望がないと悪評高き山頂は、北側の斜面の木々が伐採されたせいか、山々が広がっていました。
遠くには雪を被った山も。
a0138134_10394550.jpeg
立派な山名の石塔も。
a0138134_10402867.jpeg
昼食を食べて、景色を楽しんでから下山。
同行のチャレンジャーUさんが、奥多摩駅に直接下りる鋸山経由のロングコースをしきりに勧めるも、
ぬかるみ体験後の私は拒否。下りのぬかるみは鍋割で懲りましたから。
ビビリの本領発揮です。
a0138134_10431130.jpeg
下りは思いの外緩やかな道で、花を撮影するゆとりも。
a0138134_10435467.jpeg
ヤマツツジや新緑を楽しみ「こんな下りじゃ物足りない」なんて調子に乗った発言も。

が、イチョウ広場を過ぎて登山道に入ると、あたりの景色は一変。
a0138134_10461750.jpeg
「滝だ!」なんてうかれていたのも最初だけ。
定番コースなのに誰もいない足元の悪い岩だらけの沢を二人で下る心細さ。
時折川にかけられた橋がなければ、登山道かも疑いたくなるレベルの荒れた道でした。

そして、その橋の一つで、自分のビビリ度数の高さを再認識。
斜面の道を繋ぐように掛けられた丸太4本の橋は、山側が朽ちています。
左の丸太は、綺麗ですがそちら側には谷が。
完全に固まりました。
バンジージャンプを躊躇してる人のように、最初の一歩が出ない。
平坦な道や上り坂ならまだしも、下りの傾斜でこの状況。
「行かなきゃ、いやむり」と心の中で大葛藤。
右を見れば朽ちた丸太、左を見れば谷。
もう泣きたい気分でした。
意を決して一歩踏み出し、あとは勢いで。
絶対に克服はしてません。また同じ状況になったら固まります。
a0138134_10574523.jpeg
誰もいないこんな暗い空間は、一人では絶対にいたくない場所でした。
水の傍は、癒されるところと怖さを感じるところがありますが、今回は完璧に後者。

ワサビ田を過ぎて舗装道に合流してホッと胸をなでおろすと、人の声が聞こえてきました。
皆さんは舗装道を下ってきたようです。
なんと、登山道を下ってきたのは私たちだけでした‥。
a0138134_10593763.jpeg
ここからは安心して新緑を楽しみバス停へ。

本日も転ぶことなく平成最後の登山は無事終了。
御前山は地味ーに辛い、訓練登山のような山行でした。

もっと上を目指したい、もう少し負荷のかかる登山がしたい。
そんなことを思い始めた今日この頃です。
が、同時に登山には性格が現れるのかなぁとも思い始めました。

私は結構慎重です。
「行っちゃえ」とか思わないようです。
まあそれは自分の実力を信用していないから。
知らないところに出かけていくのは大好きですが、山での想定外の行動はダメみたいです。

初めての、そんなに人のいない山にはまだまだ一人では行けそうにありません。

by alexcorgi | 2019-04-29 09:55 | 山・ハイキング | Comments(0)

なんだかなぁの高尾山。

a0138134_17572362.jpeg
寝坊のため、御前山を諦めまたしてもしても高尾山へ。
先週見たユーチューブの「山旅クラブ」の歩き方を実践してみようと稲荷山コースを選んで、段差の上り方を実践。

先週の鍋割に比べたら、ハイキングです。
休憩なしでもみじ平にサクッと到着、80分。

葉桜が青々と美しく、日差しは初夏のようで少しギラギラ。
桜吹雪が時折舞う、素敵な空間です。
そんな中で気持ちよくおにぎりを食べながら景色を満喫していてら、
風上からタバコの匂い‥いやだなぁと目をやると、
いかにも運動していそうな背筋の伸びた髪の長い若い女性が、スパスパしてました。
しかも灰を足元に!

タバコを吸う権利は認めます。
でも灰はダメでしょう👎
と暗い気分に。

そういえば、登りで歩き方練習しながら下を向いて歩いていたら、若いトレランの女性に体当たりされたことを思い出しました。

私のような年代のおばさんの傍若無人ぶりが問題になることが多いですが、街中でも若い女性の周りの見えなさが気になる今日この頃です。

そして、下りには生まれて初めて救急セットが役立つことに‥。
a0138134_18064780.jpeg
花を愛でたりしながら歩いていると、尋常じゃない感じの子供の泣き声が。

近づくとお父さんと思しき男性に抱かれ、頭から血を流した3、4歳くらいの女の子が。
その周りには大人4人、子供3人に犬。
オロオロしてらしたので、持っていた三角巾と包帯、消毒液をお渡ししました。

泣き叫ぶ子供にみんなの視線が集まって、他の二人のやはり同じくらいの子は、斜面に張り付いて泣きそうな顔をしてました。
とても狭い道だったのに、他のハイカーは御構い無しに通り過ぎて行くし、二次災害の心配も。

高尾山とはいえ山です。
しかも6号路は道が細かったり、ゴツゴツとした石が重なるところも。
コンバースのバッシュで子供を抱いて下りるなんて‥。

親が山のことを知っているならともかく、ハイキング気分で子供を危険に晒すなんてちょっとなぁと思ってしまいました。

血は出ていたけれど、意識もしっかりしていたし、たぶん重症ではないと思います。
消毒して三角巾で頭を覆い、包帯をしたのを見届けて先に下りることに。

いつも荷物を軽くするために救急キットを置いていこうか迷いますが、やはり必要だなぁと改めて思った今回の出来事。

その後も下っていると、16時過ぎているのに6号路を登ってくる軽装の家族連れ。
500ミリの缶チューハイの缶を手に千鳥足で登ってくる普段着のカップルなどに出会いました。

ハイシーズの高尾山は、普段山では出会わない人たちが多い印象です。

登山自体はサクッといけるものでしたが、色々考えさせられる1日でした。


by alexcorgi | 2019-04-21 17:56 | 山・ハイキング | Comments(0)

鍋割山で鍋焼きうどん。

a0138134_10134132.jpeg
ずっと行きたかった鍋割山。
ずっと食べたかった鍋焼きうどん。
やっと叶いました。

へなちょこソロハイカーの私にとって、標高差900メートルは及び腰になってしまう領域。
兼ねてから行きたいと思いつつ、なかなか実行に移せませんでした。
初めての山、今までよりハードルの高い山は自ずと後回しに。

今回はグループ登山、ということですリクエストしました。
同世代の女性3人の3回目の登山です。

上級者、中級者の彼女達にやっとついて行くいつまでたっても初心者の私。
一人だったらすぐ休んでしまうところも、みんなと一緒だと不思議と頑張れます。
ずっと喋らなくてもいいところ、テンションが高めでないところ、人と比べないところが居心地のいいグループです。

ほぼ始発に乗り7時台に渋沢駅に集合。
だらだらと林道を歩くのは避けたいので、二俣ゲートまでタクシーを使うことにしました。
こういうところもグループ登山の良いところなんですね。
a0138134_23454509.jpeg
こんな空が迎えてくれます。
うっとりするような青い空に、テンションが上がります。(あくまでも自分比で、周りからは察知できないと思います)
a0138134_23462096.jpeg
沢を越え、いよいよ登り始めます。
登りのコースは、後沢乗越経由で、鍋割山山頂へ。
a0138134_10394405.jpeg
途中の鍋割名物のお水。
リーダーだけはザックに入れましたが、私はパス。
ごめんなさい、無理です‥いつか運びたいと思います

前の男性は、4リットルボトルを4本に、小さなものを2本詰めてました。有難や‥。

コースは、丹沢名物の木の階段が多い苦手なタイプでした。
1番のお荷物の私がマイペースで写真ばかり撮っては‥ということで、写真はありません、登りの。

途中ゼイゼイハーバーと息が上がり、一人だったら確実に立ち止まっているところも、前を行くリーダーの淡々としたペースに励まされ、必死に着いていきます。

30分から1時間に一度の休憩も入れつつ、コースタイム より20分くらい巻いて頂上へ。
a0138134_23300485.jpeg
水曜日に降った雪の残る山頂です。
天候不順で3週間順延になっていた鍋割山。
この日きて本当に良かった、待った甲斐があった‥そう思える美しい富士山と雪のコラボでした。

で、冒頭の鍋焼きうどん。
これも一つの目的でした。
a0138134_10383565.jpeg
疲れた体に染みる甘辛いつゆの味。卵もかぼちゃの天ぷらも美味でした。
11時過ぎに到着したのでまだ並ぶほど出なかったのですが、12時過ぎには長蛇の列。
程なく売り切れたようでした。
a0138134_10431764.jpeg
富士山を見ながら念願の鍋焼きうどんを食し、食後は海側に。霞んでいますが、相模湾が広がる絶景。
丹沢の山は富士山、南アルプス、眼下の海と、華やかさがありますね。

たっぷりと休んで、出発。
下りは小丸尾根を。
鍋割山稜コースは、脇にかなり雪があり、なんかこう‥アルプスにいるようなワクワクを味わえました。
雪のアルプスとか行ったことはありませんが、経験者である同行者も雪解けのアルプス気分と言っていたのであながち間違えではないようです。
a0138134_10453400.jpeg
なんて、余裕があったのも小丸まで。
小丸尾根、溶けた雪のせいで田んぼのような状態のくだり140.png
いきなりの“困る尾根”でした。
前を行くリーダーは経験値からか、ストック無しでスイスイと‥。

私はストックに頼り、おっかなびっくり及び腰。
途中「どこに足を置けばいいですか」と泣き言も出る始末。

ドロドロの道で転びたくはない、そんな恐怖心も追加されて緊張を強いられる困難な道のりでした。

念のためチェーンスパイクも携帯していたのですが、付けた方が良かったのか?

まあ、そんな道もわずかで終わり、あとはいつも通りの苦手な下りに。

最初のぬかるみでのロスにより、コースタイム 1.1倍での下山でした。
しかし、怖かった‥今までで一番怖かったかもしれません。
こんな道は一人では無理なので、グループ登山が与へてくれる安心感がありがたかったです。

下山後は、渋沢駅前で今後の作戦会議。
GW前半 奥多摩 三頭山
5月は日本山岳会主催の地図読み講習の座学と実践。
6月は八ヶ岳赤岳 小屋泊登山。
7月は常念岳燕岳縦走。
8月は立山薬師岳。
と、私大丈夫か?な計画が決定。

トレーニングを心に誓った夜でした。

そして、本日は軽い筋肉痛。
が、いい年してハマった登山に未だ夢中な私です。

by alexcorgi | 2019-04-14 10:13 | 山・ハイキング | Comments(0)

高尾山でのんびりお花見。

a0138134_19162414.jpeg
奥武蔵の棒ノ折山に行く予定でしたが、明け方に同行の知人から電話があり体調不良によりキャンセル。
山の用意はしてあったので一人でも行ける所、ということでまたしても高尾山へ。

高尾山は桜の名所でもありますが、山での見頃はまだ先。
1番の名所、小仏の桜はまだ2分咲きとのことだったので期待していなかったのですが、麓では青空に映える桜が迎えてくれました。
この辺は街と大差ないようです。

9時前に高尾山口駅到着。
紅葉時期並みの人の多さだったので、
静かな病院裏コース〜3号路で一丁平へ。
いつも通り、そんなに人がいない山道を歩きました。

a0138134_19220844.jpeg
予想外に一丁平の桜は見頃!
風はそよそよと清々しく、陽は光を含んで眩いばかり。
薄い水色の空を背景にしたさくらのうつくしさは格別でした。

おにぎり食べたり、チーズケーキとコーヒーを楽しんだり、本を読んだり。
結局2時間も春の山で桜を満喫。
a0138134_19245887.jpeg
下りは稲荷山〜6号路。
スミレや二輪草がひっそりと咲いて、日を浴びていました。
気の早い木々は若草色の新芽をほころばせて、そこかしこに喜びが溢れる春の山です。


by alexcorgi | 2019-04-06 19:15 | 山・ハイキング | Comments(0)

山ウェアいろいろ。

a0138134_20591527.jpeg
雨でなければ、毎週のように山に行っています。
そして、増え続けるウェアやギア。

相変わらず、紺、白、黒、グレーが中心の地味路線継承。
最近のお気に入りの組み合わせは、パタゴニアのネイビーのクラウドリッジ ジャケット、ノースフェイスのギンガムシャツ、そしてガレージブランドであるロウロウマウンテンワークスのブルーのチビタビトート。

山でも街でも同じような色で同じような組み合わせ。

遭難したら発見が難しい配色です…よくないと思いつつ。
a0138134_21110282.jpeg
こんなのもお気に入り。
ホグロフス のレインウェア・リム3。ゴアテックスなのに薄くてシャリシャリしないところが好きです。
右の袖口をネジってそこにコンパクトに収まります。
出したてはシワシワです。
ノースフェイスのボーダーTは、グレーとネイビーの色違いで購入。
ボーダーもギンガムチェックも普段から大好きなアイテムです。

山でみんなで写真を撮ると、自分の地味さ加減、
山感低めな感じを思い知ります。
他の女性が蛍光色やパステルカラー、ビビットな色を着ている横で、一人作業員のような私です。

で、少しだけ色に挑戦したいと思い、こんなものを購入してみました。
a0138134_21085512.jpeg
実生活では着ないパープル。
差し色にいいかなと。
a0138134_21092206.jpeg
明るめのブルーも。
二つともパタゴニアのフーディニ。
胸のポケットにクシュクシュとコンパクトに収納できる優れもの。
普段からバッグに一つ入れておくと、
寒い時や小雨の時に便利に使えます。
a0138134_21143871.jpeg
こちらは冬の間お世話になったマムートのフリース。
パタゴニアのR2と交互に着ていました。
オリオンと名付けられたちょっと雰囲気のあるブルー。この辺が私の派手の限界です。
a0138134_21162710.jpeg
地味なウェアの首元はボーダーのガーゼタオル。
街中でもTシャツの襟元にサッと巻いたりしてます。

タオルとしてもアクセントとしても活躍する有能さんです。



by alexcorgi | 2019-04-03 20:57 | 山・ハイキング | Comments(0)