人気ブログランキング |

domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

歴史が変わった日 ジャパン✖️スコットランド。

a0138134_16545079.jpeg
横浜で行われたプールAの最終節に行ってきました。
ベスト8進出を掛けた決戦。 

スタジアムへ行く道すがら、いろいろなバリエーションのタータンキルトのスコットランドの方に遭遇。
日本で言うところの家紋のようなものと聞きますが、こんなに多くを見たのは初めて。
興味深かったです。

前回のワールドカップ、ジャパンのプール戦の戦績は、3勝1敗。
たった一つの敗戦のために、悲願のベスト8を逃しました。
その敗戦相手にここで巡り合うという因縁めいたものを感じつつ、
ティア1のプライドを掛けて全力で来るであろうスコットランドに怖ろしさを感じ、「絶対に勝つ」とか気安く思えない私でした。

日本を襲った巨大台風の爪痕があちこちに残る中、試合前には黙祷がささげられ、続いて君が代。
a0138134_17143149.jpeg
いよいよ運命の80分がスタートです。

序盤スコットランドのインテンシティが凄くて、前半6分にトライ。
鬼気迫るスコットランドに、ちょっと不安になる私。
が、桜の戦士たちは、そんなこと微塵も感じていなかったよう。

相手のキャプテン・レイドローには、過去にキックでやられっぱなしの印象があるので、
反則だけは避けたい、そんなことを思っていましたが、
ジャパンの規律は素晴らしかったです。
a0138134_17181475.jpeg
しかし、この日もきちんと決めていましたレイドロー。

前半20分くらいは、アイルランドの攻撃を受ける形のジャパンの印象でしたが、
徐々に落ち着きを取り戻す日本。

繋いで攻める、そして松島幸太朗のトライ!
俄然元気になるスタンド。

途中、具選手が脇腹を痛めて涙の交代。私もウルウル。
彼を迎えるベンチの温かさが印象的でした。
頑張れ、グーくん次がある!
a0138134_17173083.jpeg
スクラムでも負けていなしし、走りやパスはスコットランドを凌駕していました。

「これまでの4年間、全てを犠牲にしてきた」
インタビューで事あるごとに選手達が言う言葉の重みと覚悟を見せつけられる試合でもありました。

自国開催の地の利はあるといえ、ジャパンはもう「挑戦者」ではなくて、ティア1の国とも堂々と戦える位置まで来たのでは、そんな風に思えた今回のワールドカップ。
想像の遥か上を行くジャパンの活躍を目の当たりにしてただただ感嘆の思いです。

2トライ目の代表初トライという稲垣選手のそれも、体を張るフォワードの男たちの連携から生まれた、アグレッシブで、美しいものでした。

コンタクトスポーツならではの全身全霊で身体を張る姿や
ボールを手で渡していくという行為には、仲間と気持ちを繋いでいく、魂の連携のようなものさえ感じることがあります。
ワンチーム、を掲げるジャパンには、とくにそう感じることが多く、それはとても強く美しい光景として目に焼きつくほど。

前半終了間際には、福岡のあざやかなトライ!
21ー7で前半終了です。
予想もしない展開に、呆然としてました、実は。

後半開始直後には、福岡がまた俊足を生かしてのトライ!
ジャパンのトライはどれもとても印象的な美しいものでした。
a0138134_17410680.jpeg
コンバージョンもきまり28ー7。
その後はスコットランドのギアが一段と上がり、
守るジャパンの展開。
最後、流石のジャパンも満身創痍でボロボロ。
それでも相手を止めようと、最後の力を振り絞っていました。

もう祈るような気持ちで、ずっと肩に力が入りきりで疲れること。
握りしめた手が試合後痺れていたほどでした。

そして、歓喜の瞬間がやってきました。

プール戦4戦全勝で、文句なしの1位通過。

初めてのベスト8。
悲願のベスト8。
先人たちの思いもこもったベスト8。

できすぎです。
a0138134_17445483.jpeg
「歴史を変える」「歴史の創始者になる」
そう選手たちが事あるごとに語った想い、
その瞬間の目撃者になれたこと、本当に感動的でした。
そして有言実行の男たちに拍手。
a0138134_17540585.jpeg
みんないい顔してました。
a0138134_17544713.jpeg
旅はまだ続きます。

次は南アフリカ戦。
今まで見たことのない景色を見せてくれるジャパン。

10月20日は奇しくも平尾誠二さんの命日です。





by alexcorgi | 2019-10-14 17:56 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

ニュージーランド×ナミビア。

a0138134_17011317.jpeg
味スタで行われたニュージーランド×ナミビア戦に行ってきました。
今回のワールドカップ、初の生観戦です。
ハカは裏側でした。
a0138134_18583912.jpeg
ずっと小雨が降っていたのに、キックオフ前に雨が上がり青空が!テンションも上がります。
a0138134_18594389.jpeg
日差しが両国選手を照らして、これから始まる闘いの気分を盛り上げます。

他国の国歌を聴きながら泣きそうになった私、来週のジャパン×スコットランドで君が代を聞いたら確実に泣きます。いや号泣するな。

試合は、前半はナミビアが善戦しましたが、地力に勝るオールブラックスが徐々に本領発揮。
相変わらずボールが、動く動く。
ナミビアのあわやトライか?というチャンスもきちんと摘み取る。きっちりしてます、AB。
a0138134_19004061.jpeg
スクラム組んでも押す押す、攻守全てにハイレベルなのが素人にもわかります。
a0138134_17062995.jpeg
本日のウォーターボーイはボーデン・バレットでした。
兄、弟を見守るの図。

目の前でトライもたくさん見られて楽しき時間でした。
ナミビアの頑張りに黒く染まった会場全体が応援に転じていたのも素敵でした。

私が次にオールブラックスを生で見るのは決勝?
そう願ってます。
a0138134_17054267.jpeg
試合後、ブームのお辞儀パフォーマンスも二カ国で。

スタンドには色々な国の人がいて、まさにこれがワールドカップなのだと実感。とても素晴らしき空間で、すてきな時間を過ごせました。

来週のジャパンは決勝トーナメントを掛けた試合。
ドキドキです。

by alexcorgi | 2019-10-06 17:00 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

マルキージオ引退‥Grazie di tutto!

a0138134_02105366.jpeg

とうとうこの日が…。
生まれた時からユヴェンティーノ、7歳からユーヴェの下部組織で育ったクラ王子、引退を表明しました。
33歳。十字靭帯損傷さえなければ‥と思わずには入られませんが、マルキージオのおかげで味わえた数々の歓喜を思えば、ありがとうの気持ちしかありません。

美しい顔に似合わなぬ熱い闘志。
静かなる情熱。溢れるユーヴェ愛。
ピッチの中はもちろん、外での紳士的な振る舞いも好きでした。お洒落な佇まいも。
 
私の中で、一つの時代の終わりを告げた瞬間です。
10代でデビューした時から知っている一番かわいくて頼りになる“うちの子”でした。
a0138134_01411513.jpeg
みんながクラ王子とのショットをアップ!
a0138134_21403580.jpeg
アレ、クラ王子と続いた私のアイドルは、今はベルナルデスキ ?
もう少し活躍してくれるといいのですが。

a0138134_01592717.jpeg

アレは、ボールボーイだった頃のクラ王子を知る存在。
一人の少年が選手として、人として成長する様をずっと傍で見ていてくれたのですね。
そんなあたたかいコメントをしていました。
a0138134_02134115.jpeg
ユーヴェの下部組織でずっと一緒だったセバも。1年ローンで出されたエンポリでもチームメイトでした。もちろんアズでも。

心にポッカリ穴が空いたような寂しさを秋の空を見ながら感じてます。

今でもユーヴェの試合はもちろんスカパーとダ・ゾーンで見ているのですが、
ロナウドが来たあたりから、どうもブログにアップする気が起なくなってしまった私。
今のユーヴェは知らない人のよう…そんな気持ちもしています。
ユーヴェは、過渡期を迎えているのでしょうね。
色々な変化についていけないオールドファンです。

それでも
Forza Juve! Fino alla fine!

in bocca al lupo,Claudio!

そうそう、イニエスタもアップ!
a0138134_02252190.jpeg
あなたの不在でカルチョも変わる‥そんなニュアンスの言葉を送ってくれました。

ありがとう、イニエスタ。

by alexcorgi | 2019-10-04 01:38 | カルチョ/スポルト | Comments(0)