domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

初詣と初登山は宝登山へ。

a0138134_15484781.jpg
初詣に行くなら登山も兼ねて。
そんな風に思うようになってしまった自分に少し驚きつつ 、秩父にある宝登山と宝登山神社に行ってきました。
宝に登る、もしくは宝の山に登る?
なんて縁起もいいですしね。

ところが、最寄駅に着いたら東上線は人身事故ではストップしていました…。

仕方がないのでメトロで池袋に出て、西武線・特急レッドアロー号に乗り秩父経由で秩父鉄道・野上駅を目指します。

当初の予定より40分ほど遅れましたが、特急で旅気分を味わったので、まぁよしとします…。

お正月の東京は空気が澄んで凛としていて好きなのですが、秩父まで来るとその澄み具合も格段と上がります。

いつもにぎわっている野上駅ですが、本日は私を含め3人下車したのみ。
のどかな町中を抜け、登山口へ向かいます。
民家の軒先を通り抜け、冬枯れの長瀞アルプスを歩いて、宝登山を目指しました。
a0138134_15415733.jpg
時々登りがあるものの、なだらかな尾根道を歩くことが多いこのコース、登山初めにはちょうど良い感じです。
a0138134_15451970.jpg
実は宝登山は3回目。
この山唯一の、ちょっとした難所である急な階段は、後半に現れます。
最初の頃、ゼーゼーいいながら休み休み登っていましたが、今では一気に行けるようになりました。
a0138134_15463675.jpg
頂上からは秩父の町並みと武甲山が!
そして大好きな両神山が雄々しい姿を見せていました。
a0138134_15475566.jpg
今年は見るだけでなく登りたいものです。

時々吹く風は冷たいものの、穏やかな日差しに包まれた
過ごしやすい新春の1日。

a0138134_15494078.jpg
蝋梅も少しだけ咲いていました。
青空と黄色い花の組み合わせは爽やかで素敵です。

小一時間ぼーっと山を眺め、空を満喫し、お昼とコーヒーをいただき、隣のおじさまと山談義をし、宝登山奥宮に参拝。
a0138134_15532380.jpg
秩父の神社でよく見かける狛犬ならぬ、狛狼。
眼光鋭く、野性味満載で素敵です。
a0138134_15332242.jpg
下山後は宝登山神社に参拝。
今年も健康で山登りができますようにお祈りしました。
a0138134_15554304.jpg
電車の時間まで間があったので、長瀞にも寄って帰還。

充実の初登山&初詣でした。

本日のログ。
a0138134_11461462.png
a0138134_11462539.png

[PR]
# by alexcorgi | 2018-01-03 15:32 | 山・ハイキング | Comments(0)

felice anno nuovo!

a0138134_15120062.jpg
毎年、お正月らしいことを何もしない記録更新中。
大掃除も、御節もなしの年明けですが、
スケジュールノートだけは更新。
a0138134_15553656.jpg
初めてモレスキンポケットのデイリーにトライ。

と言っても、通常のスケジュールはいつも通りのクォバディスのビジネス。
a0138134_12521584.jpg
バーチカルタイプはお仕事には欠かせません。
ロディアの16も一緒なので、メモもとれます。

モレスキンは、日々の記録や覚書、思ったことなどをつらつら書くためのもの。
カバーはハードタイプとソフトタイプがあるのですが、私は断然ソフト派。

手の中にしなやかにおさまって、表紙ごとパラパラめくれる方がしっくりきます。
柔らかい方が自由度が高い気もします、個人的に。

いろいろな書き込みができるよう、
心はしなやかに、様々なことに敏感でありたいと思うお正月。

最後に戌年ということで、うちの近所の看板犬を!
a0138134_16050916.jpg
たばこ屋さんの前を通ったら、店番していました。



[PR]
# by alexcorgi | 2018-01-02 15:11 | ステイショナリー | Comments(0)

2017年 登り納めは高尾山。

a0138134_16314101.jpg
12月は4週続けてクラブで山に行ったので、
久し振りの1人登山です。

冬に1人でも安心して登れる山ということで高尾山へ。
おそらくこの半年で7回目。本当にお世話になりました。

a0138134_16442052.jpg
今回は6号路を。
コースを選べるのも高尾山の良いところです。

1人なので景色を楽しみながら、ゆるりゆるりと。
a0138134_16462910.jpg
6号路のハイライトの沢は結構水が多く、石の上は滑るので、水の中を。
冬でも楽しい、ちょっとした沢登り。
a0138134_16503169.jpg
長い階段を経ての頂上直下のなだらかな坂では、抜けるような空が迎えてくれました。
青い空の美しさにはいつもうっとりさせられます。

暮れも押し迫っていますが、頂上は相変わらず混んでいたので、一丁平まで行くことに。
a0138134_16525336.jpg
ところどころで雄大な富士を見ながら、ご機嫌に歩きました。

一丁平の先の展望台でランチ。
久し振りの豚汁やコーヒー、お汁粉も!
やはり山の上で食べるのは美味しい!

富士山や丹沢の山を堪能して、帰路に。
帰りは階段を避けて巻き道に。

5号路経由の稲荷山コースです。
a0138134_16560906.jpg
なだらかな山道を陽の光を楽しみながら歩きます。
a0138134_16570443.jpg
途中「霜の花」が咲いていました。
植物の茎の周りが凍ってできるものなのだとか。
スライスした薄い氷を巻いたような、しるくのような、とても繊細で可憐なものでした。

下山後は温泉に。
激混みでございました。
a0138134_17262941.jpg
高尾山もお正月仕様に。

慌ただしい年の瀬の、緩やか登山でした。
a0138134_19504377.png
本日も歩きました。
a0138134_19510001.png
ログです。

ちなみに、上高地や尾瀬も含めると、今年33回も山に行っていた私でした。
凝り性の本領発揮…。

来年は目指せ50回?

[PR]
# by alexcorgi | 2017-12-30 16:30 | 山・ハイキング | Comments(0)

初丹沢は、入門の大野山。

a0138134_01045839.jpg
コツコツと東京近郊の低山に登っていますが、
自宅から比較的遠い丹沢は初めて。
今週も入会したての登山クラブの山行です。

小田急線の新松田に集合してJRに乗り換え、谷峨駅へ。

登山スタートです。
ところどころ紅葉の残る山を総勢12人で歩きます。
初心者の私は今回もリーダーの方のすぐ後ろ。

みなさんベテランで、さらに今回は男性も多く、
私の作り出すゆっくりのスピードが申し訳ない気持ちでいっぱいでした…。

途中から樹木が途切れ、左手に富士山を拝みながら空と雲を感じて登ります。
頂上付近は、かつて牧場だったため見晴らしのいい草原になっていて、のどかでとても素敵。113.png

が、登るにつれて富士山に雲がかかりはじめ…。
頂上に着く頃には、覆われた状態に。
自然が相手では、望むような景色がいつでも見られるとは限りません。
残念だけれど、また来る口実ができたと思うことに。

広い頂上からは、丹沢の山々や丹沢湖を臨めます。
a0138134_01135801.jpg
山は、前日の初雪でほんの少し雪化粧。
間近で丹沢の山々を見るのは初めてですが、
雪があると、なんだかアルプスみたいでかっこいい、と素人は思う…。

反対側に目を移すと…。
a0138134_01162053.jpg
相模湾と遠く大島も!

海の存在を感じるのは、神奈川の山ならでは?
それにしてもいつもの奥武蔵とは一味違う、
開かれた景色が広がっていました。
a0138134_01180351.jpg
寒桜も!

頂上での昼食は、おにぎりとミニカップヌードル。
いつも通り、山で食べると美味しさ倍増です。

一人だとこの後コーヒーやお汁粉をいただくのですが、休憩時間が短いのであきらめ、30分後に下山開始。

今回も長い階段の下りを降りました。
落ち葉が敷きつめられた道は、下に小石や枝があることも…。
さらに片側が切れ落ちて細くなった箇所もあり、慎重に下りました。

幸い膝は痛くならなかったけれど、
見学山行に来られた男性に「後ろから見ていたけど、あの歩き方じゃ時間がかかるでしょ。ストックの使い方も、なってないね」と言われ、その通りなので軽く落ち込むことに。
ただでさえ迷惑をかけている自覚があるので、いたたまれない気持ちになりましたが、
同時に、見学できただけなのに、そこにいる一番のへたっぴいにダメ出し…すごいなぁと思ったりも。
いろんな人がいるものです。

先週「しっかり歩いていたわよ」なんて言ってくださった先輩クラブ員の方達の優しさが身にしみました。

下山後は、温泉から宴会コースに。

仕事の飲み会には極力参加しない、協調性なしのレッテルを貼られている私ですが、
勇気を出して参加してみました。

歩き方の疑問などを控えめに尋ねたり、みなさんの登山歴を聞いてみたり…そつなく(と自分では思っている…」当たり障りのない会話をする本当は人見知りの私…。
やはり少し疲れました。

まだまだ面倒を見られるばかりの初心者、
みなさんの心配りに感謝をしつつ2回目の山行は無事終了しました。

本日のログ。
a0138134_01402085.png
行程は。
a0138134_01404309.png
来週もまだまだ修行は続きます。

[PR]
# by alexcorgi | 2017-12-11 01:04 | 山・ハイキング | Comments(2)

明星ヶ岳〜塔ノ峰で富士山を満喫。

a0138134_20313020.jpg
初冬のよく晴れた日曜日、箱根にある明星ヶ岳に行って来ました。

実はとある登山クラブに入会した私、今回が初めてのクラブ山行です。
半年前は山行を“さんこう”と読むことさえ知らなかった私ですが、ピークとかコルとか巻道とか…いろいろな登山用語をふつうに使うようになっていて自分でもビックリ。
この歳になって新しいことを覚えるのは、少し気恥ずかしいですが新鮮で素敵です。

小田原からバスで宮城野橋まで行き、登山口へ。
総勢12人のグループの中で、初心者マークはもちろん私だけ。
皆さんについていけるか、内心ドキドキです。

今回登った明星ヶ岳は箱根の大文字焼きで有名な山。
麓からも大の字を確認できます。

まずはその大の字を目指して!
きつい登りではないものの、いつもは一人でお気楽登山をしている身の上なので、他の方のペースで登るのとに不安はありました。が、幸い少しスローなペースだったので救われました…。

途中木の間から富士山が見え隠れして、陣馬山や奥武蔵から見るより大きなその姿に感激!

大文字焼の上の部分に到着すると、雲ひとつない空に映える雪を被った富士山が現れ、気高く雄大な姿に言葉を失いました…。

雪を抱いた富士山は、有り難さ3割増しです。

いつもは景色に感動し、写真ばかり撮る私ですが、今回は新人として、リーダーそして私にお手本を見せてくださるベテラン女性の方の後に付いて歩く身の上。勝手に立ち止まって撮影することはできず、写真は冒頭の富士山のみ…。
笹のアーチや、黄色い葉の絨毯、澄み切った青空、山を彩る錦の紅葉は心に刻みました。

頂上でお弁当を食べ、下りを経て塔ノ皆を目指します。
途中代の苦手な不規則階段が…両膝が痛くなるも泣き言は言えず、かばいながら頑張って下りることに。

苦手の下りでは、やはり前の人との間が少し離れてしまいました。

あとで皆さんに「新人さんにしてはしっかりついて来ていたわよ」なんて、ねぎらっていただいたのですが、
けっこう必死だったんです、私。

皆さんはとてもスムーズに、簡単そうに歩かれるのですが
私は余計なところに力が入って、力みながら歩いている感じ…。

最後はお寺の裏山に出たのですが、
ここがなぎ倒された竹が地を這うように張り巡らされた荒地で…疲れた身には過酷でした。

ほぼ、4時間の行程で箱根湯本に到着。
紅葉シーズンとあり観光客で賑わう駅から小田急線で帰路に。

箱根は温泉に入りに来るところだと思っていたのですが、登山で来ても楽しいことを発見した嬉しき1日でした。

早くも来週が楽しみです。



[PR]
# by alexcorgi | 2017-12-04 20:29 | 山・ハイキング | Comments(0)