人気ブログランキング |

domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アッズーリ ( 25 ) タグの人気記事

さよならEURO2016。

a0138134_13513254.jpg

満身創痍で、それでも全員で戦い抜いたイタリアは、
ベスト8で大会を去ることに。

スポーツに「たられば」はなし!
とわかってはいますが、左の山ののどかな感じが羨ましい。

まあ…死の山にはいったからこそ実力以上の力を発揮したアッズーリともいえますが。

ユーヴェファンとしては、イタリアがドイツに負けることは
ユーヴェがバイエルンに負けるのを見るようで
ことさらこたえます。

いつも冷静なジジの流した涙に朝からもらい泣き…。
バルザーリもインタビュー中に涙をこらえきれずにいました。

ベテラン勢の涙には、いろいろな思いがこもっているようで、本当に切なくなります。
よその国の代表のことなのに、悲しみを引きずってます。

PKが5人ずつできまらない…久しぶりに見た気がします。
相手キーパー・ノイアーもさすがでした。

あと少しだったのに、全力で戦ったのに、
チームの一体感は大会一だったのに。
運を天に任せるPKで敗戦。
勝者と敗者の間に横たわる境目は、残酷なまでに深いです。

こんなことで心が折れるユーヴェのディフェンス陣ではないから、
来シーズンのCLに期待します。

実力だけではなく、いろいろなものが絡み合い、
さらに運が巡ってこないと無理だとはわかりつつ、
ジジにどうしても大耳を掲げてほしいと思う。
それはユヴェ―ンティーノの切なる願いではないでしょうか。

ザザ、きみは一からやり直し!
より強くなって欲しいと願わずにいられません。
ユーヴェの先輩陣の中でなら、きっと勝利のメンタリティーの継承ができるはず。

この大会、ボヌッチはさらにステージをあげた気がします。
後ろからの組み立てももちろんですが、
試合中のpkキッカーを任されるディフェンダーというのもすごい…。

ユーヴェファンとしては、彼は世界的ディフェンダーだと思うのですが
どうもWOWOWの放送では違うような…。
そもそも、WOWOWはアッズーリを正統に評価してない気がしてしまいます。
日本のマスコミはアッズーリに冷たい気がしてなりません。。

ジジの国家斉唱をもう聞けないのかと思うと、ほんとに寂しいです。

バカンスで英気を養って。
来期もFORZA JUVEEE.


それにしても、ブッフォンが去った時のアッズーリとユーヴェのことを思うと…
今から心配になってしまいます。

キーパーとしてはもちろん、精神的支柱としての役割は計り知れません。
by alexcorgi | 2016-07-03 14:02 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

アッズーリ、スペインに勝利!

a0138134_321870.jpg

いよいよノックアウトラウンドに入ったEURO2016。
グループリーグを頑張って1位で通過したばかりに、
とんでもない山に入り、さらにベスト16でスペインが相手という運の無いアズ…。
と思っていたのですが、やはり『期待されてないとき」のイタリアは強い!

序盤は、面白いようにボールがまわり、テンポもよく完璧に試合を支配していました。
スペインがまったくスペインらしくいられない。
お得意のパス回しもままならない状況です。
一方、イタリアのインテンシティは研ぎ澄まされマックス状態、チームはまさに一体。
1+1=10的な素晴らしさです。
そして、デ・ヘアの好セーブに阻まれていたゴールをこじ開けたのはキエッリーニ。

この大会のキエは本当に充実してます。
時々出る彼の荒さが、その極限の集中力のためかなりをひそめて、ソリッドなプレーが光ります。
いつも自信なさげなデシリオ君でさえ、立派なアズ仕様ディフェンダーになっていました。
イタリア自慢の守備が、コンテの戦術が、チーム全体に浸透してます。

ピルロと仲の良い代表歴の長いデロッシも、今の代表は過去最高だと言ってます。
中盤の要のマルキージオとヴェラッティを失い、
翼をもがれたアッズーリは、お互いが深く結びついた感じでしょうか。
一人ひとりはほかの国に負けるけれど、
全員で“勝ちたい”という強い気持ちをがあふれ出ているよう。
チームとしての意志という側面では、スペインに勝っていたように思います。

思えば…前回のEURO2012の決勝の時、
アズの面々は試合前の通路で情けなくも自信なさげな顔をしていました。
それを見た時に、負けるだろうなと思ったら案の定。
そういう気力の充実ってにじみ出てしまうのだろうと思った次第…。

とはいえ、相手はスペイン。
徐々にペースをつかみ、そうなると見ている方はドキドキ。
守れ、守り切れ! と祈るように見ていました

最後は家の中で座ってられずに立ってウロウロ…。
ジジ、頼もしかったです。

そして最後はアディショナルタイムのペッレの歓喜!
ベルギー戦と同じです。

ペッレ、攻撃の中心選手ですね、もはや。

モラタはBBCの前では沈黙。
まだまだ役者が違いました。

イタリアが美しくも強く硬い守備を披露するたびに
ディフェンス陣+ブッフォンの評価が上がり、
さらにそれがユーヴェで構成されていることに注目が!

皆さんが褒めちぎってくださるのがとてもうれしいです。

次はドイツ。

まだまだ厳しい戦いが続きます。
a0138134_3204648.jpg


ザザとモラタの再会。
a0138134_3233724.png

ジジのマイブーム。
a0138134_3242659.jpg

ミステルも。
a0138134_4182540.png

ピルロ自宅でニコラ君と観戦。
a0138134_4172575.jpg


試合後のちょっとキュンとしたカットは…。
a0138134_11253373.png

ジジが盟友カシ―ジャスと親交を温めているところに、
かまってちゃんのモラタ登場!
が、いっこうにかまってもらえずカシとお話し中のジジに抱きつくモラタ。
かわいすぎました。
挨拶が終わった後にお父さん(?)に抱きしめてもらっていました。

試合後のバス。
a0138134_11265586.jpg

みんないい顔してます。

デシリオ君、ユーヴェで揉まれたらもっといいディフェンダーになると思います…。

by alexcorgi | 2016-06-28 03:20 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

アッズーリ、早々にグループリーグ突破。

a0138134_10502231.jpg

最後のユーロだからでしょうか、いつも以上に国歌を熱唱し、テンション高めのジジ。
ゴールポストに飛びつくなんてパフォーマンスは、このユーロで初めて見た気がします。

絶対的存在の俺様イブラが率いるスウェーデンに、
87分のエデルのゴールで勝利したアズさんたち。

シャビさんにアンチフットボールと言われたり…堅守=面白くない、
なんて言う昨今の風潮の批判対象にもなったユーヴェやアッズーリ。
ところが、ベルギー戦で見せた闘志あふれる堅い守備は、もはや芸術の域?
“これぞイタリア”なんて評価されていました。
そうすると、アッズーリの守備=ユーヴェということにもスポットがあたり、
ユーヴェの守備陣への称賛があちこちで…。
ユヴェンティーノとしてはうれしい限りです。

a0138134_10533920.jpg

今回も、頑張りましたよ、うちのディフェンス陣。
イブラにほとんど仕事をさせませんでした。
とはいえ、一撃で決めてしまえる人なので、ひやひやしたことも多々ありましたが。

ベルギー戦が闘志を秘めた戦士だとしたら、今回は労働者?兵士?
アズさんたちは全員で与えられたタスクをハイレベルでこなしていました。

気が付けばすでに2勝して、フランス、スペインと共に
予選通過を決めました。

しかしながら華の無さは健在で、
得点しているのにペッレとエデルは全く持ってメジャー感無し。
怖さもありません。
でもこういう労働者系の選手をコンテは好む気がします。

エルシャラも出してほしいですが・・・。

そういえば、まったく筋肉がついていないように見えるピャニッチです…。
a0138134_117595.jpg


クラ王子はトリノ市内の本屋さんでサイン会。
a0138134_111289.png

順調に回復しているようです。
by alexcorgi | 2016-06-18 11:12 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

アッズーリ勝利!

a0138134_875933.jpg

ユーロの初戦。
アッズーリは世界ランク上位のタレント軍団ベルギーに手堅く勝利!

中盤の要であるマルキージオとヴェラッティを欠いた今回のイタリア。
中盤から前にスターがいないイタリア…。

良くて引き分けかな…なんて思っていてごめんなさい。
途中まで「コンテってジャッケリーニ好きだな。得点の匂いがしない子なのに」
なんて思っていてごめんなさい…。

イタリアはイタリアらしく、全員が一丸となりよく走り、よく守りました。
って…コンテユーヴェを見ているよう?

事実、3バック+ブッフォンはユーヴェ産。
4人で過してきた濃密な時間を思わせる連携っぷりに胸が熱くなります。

ボニーは守るだけではなく、お得意の後方からの組み立てでも力を発揮。
彼の美しいフィードから、元うちの子ジャッケリーニが決めた1点目。
もうウルウルでした。

思えば初めてユーロを真剣に見始めたのは2000年。
マルディーニ、ネスタ、カンナヴァーロ、デルピエロ、インザーギ、アルベルティーニ…。
きら星のごとき華のあるその姿に、ユーヴェファンからすっかりアッズーリファンにもなった私。
あれから幾年月、華は全くない今回のイタリアですが、
熱い闘志と情熱、美しくも硬い守備は健在でした。
a0138134_8221729.jpg

相変わらずの熱唱だった国家・マメリの賛歌。
他人の国家を一緒に歌いながらすでに涙目のイタイ私でした。

前評判が悪くても、選手が小粒でも、しっかりと内包しているイタリアのDNA。
かたい守りと、相手の力を吸収してここぞという時に反撃にでるメンタリティはさすがでした。

カテナチオというのは、ガチガチの守りの戦術ではなくて、
自分たちのゴールを死守するという崇高な精神なのでは?
なんて思える朝でした。

これで12人のユヴェンティーニは全員初戦勝利ですね。
FORZA AZZURRI!!
FORZA JUVENTINI!!!

最後に、ようこそピャニッチ。
a0138134_9121971.png

by alexcorgi | 2016-06-14 08:34 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

アズさん、ユーロ予選通過。

a0138134_13133954.jpg

アゼルバイジャンホームで1-3で勝利し、
来年のEURO本戦出場が決まったアッズーリです。

最近「締まらない」「ゆるい」試合しかしてないアズさんたちですが、
負けはしないんですよね…。(そこがユーヴェと違うところ)

今回も、0-1からまずいでフェンスで同点に追いつかれ、
ユヴェさんたちの責任重大、という展開でした。

ラグビーW杯のスコットランド×サモアの熱く、厳しく、ソリッドな試合を見た後だっただけに、
アズさんたち緩慢なプレーにちょっとため息。

ルーツは同じなのに、サッカーとラグビーって本当に違うのだとしみじみ思ったりしました。


W杯とEURO予選という違いは理解しつつも、
もう少し覇気が欲しいと思う昨日の試合でした…。

クラ王子は何をしていたかというと、何やらロンドンで現代美術鑑賞?
a0138134_13232387.jpg

何時?
とつぶやいておりました。
by alexcorgi | 2015-10-11 13:23 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

ニコ・コバチ監督がセクシーでした?

a0138134_2052563.jpg

来年行われるユーロ2016の予選中のアズさんたち。

お疲れのユーヴェの面々が、それでもスタメンを張らないといけない…。
それくらい悲しい状態のアズさんですが、
クロアチアホームでの無観客試合は、しまらない内容で引き分けでした。

そんな中私の心をとらえたのは、ニコ・コバチ監督。
a0138134_20563444.jpg

ユーヴェに在籍していたロベルト・コバチの兄.

口の悪いユーヴェファンに偉大な兄と比べられて
「偽小鉢」とか言われていたことのあるロベルトさんでした…。

お兄さんのニコ・コバチ監督
現役時代より髪がさっぱりして、
知的な感じがさらに増してます。

指示の仕方なども静かに熱く、かなり素敵でした。

代表監督ではずっとドイツのレーヴ監督が一押しでしたが、
小鉢監督に鞍替えしようかと思うくらい・・・。

なんてくだらないこと言っている場合ではないくらい
2位で危機的なアズさんたち。

時々顔と名前が一致しない選手もいたり、
全体に小物感が漂うところも将来が不安になる要素です。
世代交代もうまくいっていないような気もします。
脚を10針縫ったというジジの状態も心配ですが、
ユーヴェもアズもジジの後釜を見つかられないことも不安ですね。

そういえば、今朝のコパ・アメリカのパラグアイ×アルゼンチンを見てびっくり!
ロケ・サンタクロスがまだいました。

そしてまだ33歳とのこと。

マルディーニと同じくらいだと思っていました…。
by alexcorgi | 2015-06-14 20:49 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

本日のマルキージオ──会見編。



ブラジルの「カーザ・アッズーリ」での会見、6月10日の担当はクラ王子でした。

いつもと変わらぬ落ち着いた受け応え。

初戦のイングランドについて語っています。

もの凄い、要約、超訳をすると・・。

2年前のユーロで対戦した時とは、選手も違い、状況も違う。
彼らも良い時を過ごしているし、とても難しい戦いになるだろう。

ユーロから、選手たちは経験を積んできた。
彼らも進化し、私たちも前に進んでいる。

この2年ワールドカップのために闘ってきた。
その結果を出す時だ。

フルミエンセとの試合ではピッチの上で湿度に対応するのが難しかった。

しかし、モチベーションは上がっている、イングランドとの戦いはいつでも大きな挑戦だね。

的なことをしゃべっています。


写真はこちら・・・。
a0138134_1103163.jpg



にほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
by alexcorgi | 2014-06-11 11:00 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

なんでも似合うマルキージオ。

a0138134_1047321.jpg

代表のお揃いウエアのうちの子(?)達。

マルキージオ、ピルロ、ボヌッチです。

なんでもない丸首のネイビーのトップスは、実は着こなすのは難しそうなアイテム。
事実、ピルロやボヌだとイマイチ垢抜けません・・・・・。

が、クラ王子だと…スタイリッシュになるから不思議です。

贔屓の引き倒し的な側面もありますが・・・。

実際に見てはいないのですが、連日朝のワイドショーの「イケメン特集」を賑わしているらしいクラ王子。

とうとうユーヴェの子が発見されてしまいました。

これだけ取り上げられるとイタリアの活躍次第ではファン獲得も夢でない?
熱いプレーも見てくださって、その後にユーヴェファンになって欲しいと心から願ってます012.gif

にほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
by alexcorgi | 2014-06-10 10:53 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

アッズーリの親善試合。

a0138134_10314670.jpg

ブラジル入りしたアズさんたちは地元のクラブチーム・フルミネンセと親善試合をした模様。

メンバーは…GKをペリン君がつとめていることからもわかる通り、
控えメンバー中心。

“ザ・華が無いイタリア”の形相です。

ちなみに前列左からチェルチ、アクイラーニ、インシーニェ、アバーテ、パローロ。
後列左から、モッタ、ダルミアン、ラノッキア、パレッタ、インモービレ、ペリンです。

アッズーリファンの私でも顔と名前の一致しない人がちらほら・・・。

今回のフォワードのインモービレやインシーニェは色気が無いことこの上ない・・・。

そして、まだ居るラノッキア君です。
調子の上がらない我がバルザーリの代役、ということでないのなら、
是非唯一のインテルとして残っていただきたい。

結果は5-3でアズの勝利でした。

最後にアズさんたちの公式“イケメン仕様”写真。
a0138134_10363457.jpg

お~~闘志を内に秘めた戦士の佇まい。

カッサーノ写真にのみ、うっすらとした悪意を感じてしまいました。
a0138134_10372046.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
by alexcorgi | 2014-06-09 10:36 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

アッズーリの面々。

a0138134_11445331.jpg

GK
1 ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)
12 サルヴァトーレ・シリグ(パリSG/フランス)
13 マッティア・ペリン(ジェノア)

DF
2 マッティア・デ・シリオ(ミラン)
3 ジョルジョ・キエッリーニ(ユヴェントス)
4 マッテオ・ダルミアン(トリノ)
7 イグナツィオ・アバーテ(ミラン)
15 アンドレア・バルザーリ(ユヴェントス)
19 レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)
20 ガブリエル・パレッタ(パルマ)
24 アンドレア・ラノッキア(インテル)

a0138134_11454671.jpg

MF
5 チアゴ・モッタ(パリSG/フランス)
6 アントニオ・カンドレーヴァ(ラツィオ)
8 クラウディオ・マルキージオ(ユヴェントス)
14 アルベルト・アクイラーニ(フィオレンティーナ)
16 ダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)
18 マルコ・パローロ(パルマ)
21 アンドレア・ピルロ(ユヴェントス)
23 マルコ・ヴェッラッティ(パリSG/フランス)

a0138134_11464093.jpg

FW
9 マリオ・バロテッリ(ミラン)
10 アントニオ・カッサーノ(パルマ)
11 アレッシオ・チェルチ(トリノ)
17 チーロ・インモービレ(ドルトムント/ドイツ)
22 ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)

相変わらず24人います・・。

Forza Azzurriiiiiiii!!

それにしても、華やかさに欠けます今回のアズ。
そのうえ、漂う微妙な小物感・・・・。

華と存在感ではこの頃が最強なのでは・・・。
a0138134_11515041.jpg

2002のアズさんたちです。

迫力あります。

あの当時から正ゴールキーパーの座を守っているジジ、凄いなあ…。


にほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
by alexcorgi | 2014-06-06 11:46 | カルチョ/スポルト | Comments(0)