人気ブログランキング |

domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ロンドンオリンピック ( 16 ) タグの人気記事

レスリング、米満選手 金メダル獲得。

a0138134_2220519.jpg

24年ぶり、日本男子レスリング金メダル。

ロンドン五輪全日メダル獲得達成。

オリンピック史上400個目の記念メダル。

さらに、今回総メダル数が38個と日本オリンピック史上最多更新。

と記録尽くめの最終日のゴールドメダルです。

日本の有終の美を飾ってくれた米満達弘選手、おつかれさまでした。
「女子」「女子」とか連呼しておりましたが、
男子も素晴らしかったです001.gif

それにしても、あの虎ユニは最後まで「微妙」でした…。

特に男子の虎はなんか、マヌケ感さえ漂う…大の男が虎?

大阪のおばちゃんの「シンボル」の虎ですから、
男子にはちょっと…。
by alexcorgi | 2012-08-12 22:14 | カルチョ/スポルト | Comments(6)

村田諒太選手ゴールド、バレー女子銅。

a0138134_13372627.jpg

ボクシングの村田選手金メダル。

東京オリンピック以来のこの種目のメダルとのこと。

ロンドン五輪は「初」や、「48年ぶり」に代表される久しぶりのメダルが多いですね。

総メダル数も今のところアテネと並び最多だとか。
そして毎日メダリストが生まれています。

飼い主のオリンピックが終わった発言をしましたが、まだ語る?

飼い主がよく見る好きな競技のほとんどが終わって、
心の中で終了の秋風が吹いていました・・。

が、そこは「メダル獲得か?」のニュースをきいて、ちょっと見てみる?
になる一般大衆です。

昨日はみんなでバレーボール女子の銅メダル獲得の試合を見たのですが、
誰も1セットの点数がわからないという無知ぶり・・。

そうなんです、スポーツ好きの飼い主ですが、バレーボールには興味がないんですよ・・。

昨日のみんなの統一の意思は「とにかく韓国に負けてはダメ」といいうもの。

前日のサッカー男子での敗戦は、サッカーファンだけでなく広くショックを与えている模様。

点数が上がるにつれて、「21点で終わり?」「え、24点じゃないの?」
「あれ、まだ終わりじゃない」なんて頓珍漢な会話が交わされる始末。

ちなみに元バレー部も一人。

ルールさえしらない女子たちは、銅メダル獲得に
「ロンドン五輪の日本代表は女性がよかったよね」と大盛り上がりでございました。

朝起きると、ボクシングの村田選手の金メダルのニュース。

男子も奮起?

「痛み」に弱い軟弱飼い主は、他人事とはいえど,
どうも殴り合い的なボクシングも苦手なんです。

レスリングや柔道にはない直接的な「痛み」を感じてしまい
いたいたたまれない気持ちになってしまう・・。

16日間のアスリートの祭典ももうすぐ幕を閉じます。

素敵な時間をありがとう。

って、まだ終わってませんから・・・。
by alexcorgi | 2012-08-12 13:28 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

お疲れ様でした・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

U23代表、お疲れ様でした。

いろいろな気持ちがあるけど、敗者は多くを語らず・・。

日程が詰まったコンペティションのなかで、
走るサッカーをやり続けるのは困難なのでしょうか?

いろいろと考えさせられました。

難しいですね、サッカーって。


でも、胸を張って帰ってきてください。


けっして男子と女子を同列にして比べるという発想ではなくて
なでしこって、いろいろな意味ですごいと改めて思いました。

U23限定という出発点がそもそも大きく違うわけですが、
想いは下の世代につながることを信じたい・・。
by alexcorgi | 2012-08-11 08:47 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

王者さおりんと、なでしこさんに拍手。

a0138134_10313221.jpg

霊長類最強、の異名をとる吉田沙保里選手。

伊調選手に続き、オリンピック3大会連続の金メダルです。

世界中のこの階級の選手が「打倒吉田」を目指して10年余り。

研究しつくされ、彼女に不利なようにマットが改良されたなんて噂も出る始末。

そんな「吉田を倒せ!」と世界統一の強烈な意志という逆風をものともせず、王者の貫禄で圧勝。

危なげない試合展開であっさりと金を手にする姿は絶対王者の風格でした。

今回初めてお父様がセコンドにつき、優勝後、父上を肩車。

彼女にしかできないものすごい親孝行ですね~♪


そして・・・・・なでしこ・・・。
a0138134_10315936.jpg


銀メダルです。

序盤、圧倒的なアメリカ優位の展開で1点を先制されました。

正直、アメリカの強さに「これは歯が立たない」と思ったのも事実。

決定力の差もあり、ファーストハーフは1-0.

セカンドハーフにも1点を入れられ、2-0のスコア。

なでしこさんたちがすごいのは、ここで諦めないこと。

その精神力の強さ、しなやかな折れない心に感嘆。

チーム一丸となって、相手ゴールを目指す姿は、
まさに心が一つになったかのよう。
チームスポーツの理想形のようでした。

そしてゴール。

選手の気迫、選手の思いが画面からもあふれ出てくるレベル。

素晴らしいよ、たくましいよ、誇らしいよ、なでしこさん。

しかし、残念ながら追いつけませんでした。

ピッチで悲嘆にくれる選手たちに、飼い主ももらい泣き。

でも続く表彰式では、はじける笑顔で列を作って登場しました。

素晴らしい銀メダルだと思います。

女子サッカーに日本あり!
そう世界に示した、なでしこさんたち。
お疲れさまでした。

余談ですが赤いユニフォームには最後まで違和感が・・。


最後に、浜口京子選手残念でした。

試合後の父上母上の夫婦漫才・・・・かな~りウケました。
浜口家、一番強いのはお母様ですね。
by alexcorgi | 2012-08-10 10:32 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

頑張れ、サムライブルーの巻。

a0138134_13593668.jpg

メダルを掛けたロンドン五輪のサッカーは、「中南米対決」と「東アジア対決」になりました。

欧州人は蚊帳の外・・・。

サッカーにおいて飼い主は韓国に少し特別な負の感情を抱いています。
(サッカーだけですよ・・)

さかのぼること10年前、日韓W杯のベスト16の戦いが、
飼い主の愛するイタリア代表アッズーリと韓国だったのです。

あの時のイタリア代表はサッカーファンだけでなく広く一般に「イケメン軍団」として知られ、
極東の国ではまさかの「ホーム扱い」的な人気がありました。

グループリーグをそんなアットホームな日本で戦って、韓国の地でかの国と合いまみえたアズ。

そこには、大きな横断幕が・・・。

ご丁寧にイタリア語で「ここはイタリアの墓場」と確か書かれていました。

異常ともいえる圧倒的なアウェイの雰囲気。
イタリアに不利な誤審につぐ誤審、
さらにラフプレーで足を踏みつけられて負傷退場した当時うち(ユーヴェ)のザンブロッタ・・。

アズさんたち、心身ともに傷つけられ散りました・・。

そんな記憶を思い出して、奇しくも日韓戦になった3位決定戦に胸が痛くなる飼い主。

A代表は昨年圧勝しましたが、オリンピック代表は?

誇りと威信をかけた戦いに、是非とも勝利してほしいです・・。
頑張れ、サムライブルー!

ってことで、ウルトラマリンブルーのマリボウルとリモージュのサッカーボールのコラボです。005.gif

アッ、でもサムライブルーはA代表の愛称だったりするんだった・・・ま、いいか・・。

韓国サッカーへの感情がイタリアに由来するところが、飼い主の微妙~な立ち位置?
日本人だろ、飼い主・・・。

さすがに、サポーターとはおこがましくて名乗れませんが、
すでに立派な「日本代表ファン(にわか認定)」なのでは? と思う今日この頃。

昨日の試合内容の敗戦が結構堪えましたもの・・。

そういえば先日のeuro2012のベスト8でイタリアにPKの末に敗れたイングランド・・・。
なんと17年間(それとも19年?)もPKで一度も勝ったことがないイングランド・・。

イングランド人のコメントがちょっと笑えるものでした。

「ほんと、マンチェスターユナイテッドのファンでよかったよ。
もしイングランド代表のファンだったら、心が折れるよ。
だって17年もPKで負け続けているだぜ」

とか

「リバプールファンだけど、最近のリバプールとイングランド代表はどっちがひどいかな?
CL決勝でミランにPKで勝利したリバプールのほうが、はるかにましだね。
ほんと、イングランドファンじゃなくてよかった」

とか・・・・。

「他人事なの?」と日本人としては思う・・。

あくまでもクラブチーム>>>>>>>代表なんですね。
イタリアでもよく言われたのが
「代表が一番人気なんて日本は変わっている」って・・・。

イタリア人は普段はアッズーリにあまり興味はありません・・。
トーナメントに勝ち進んでいる調子のいい時だけ熱心に応援します・・。

ちなみに日本人なのにアッズーリを応援している飼い主は「スーパー変な人」認定でした・・。
一応場の空気を読んで、あえて言わないことが多々・・。
by alexcorgi | 2012-08-09 14:09 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

日韓戦か・・・。

オリンピック、U23代表メキシコに敗戦です。

敗者は多くを語らず・・・。

足が止まってしまって、得意の機動力や連携がなりを潜めてしまいました・・。

ここ一番で力を発揮する、その難しさ・・。
この経験は将来の財産になることを希望します。

立秋を過ぎた日、昨日までの暑さがと違い肌寒さを感じる日本の朝です。

オリンピックの3位決定戦で日韓戦・・。

メダルは獲得しましょう!
アジアの王者は日本ですから。

選手の心が折れていませんように。
by alexcorgi | 2012-08-08 08:45 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

なでしこ、決勝へ。

a0138134_3212868.jpg

なでしこ、フランスを下して決勝進出です。

後半すぐに追加点で2-0とし、その後はフランスの猛攻に耐えるなでしこさんたち。

1点をとられ、スイッチの入った大柄なフランス人が大挙して
小さなキーパー福元に襲い掛かります。
そしてpk献上…相手が失敗…。

「延長?」というシナリオが頭をよぎりましたが耐えました、なでしこ。

しのいでしのいで勝利を手にしました。

W杯優勝は偶然ではない、日本は女子サッカーの「強国」なのだと改めて思って、
その事実にちょっとした感動を味わう真夜中。

追われる立場で挑んだオリンピックに、きちんと結果を出し続けるなでしこさんたちは、
精神力も技術も兼ね備えた稀有な存在。

佐々木監督の策もぴたりとはまって、一丸となったなでしこさんたち。

ここまできたら悲願の金メダルを!

是非、男子も続いてほしいと願ってやみません。
by alexcorgi | 2012-08-07 03:31 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

“すけ”さんがいっぱい、の件・・・。

オリンピックを見ていて、○○すけって名前が多いなって気になりました・・。

サッカーと、あとはメダルを獲得した人を並べてみたら・・・。

サッカー

永井謙佑(ながいけんすけ)
鈴木大輔(すずきだいすけ)

安藤駿介(あんどうしゅんすけ)
村松大輔(むらまつだいすけ)

水泳

北島康介(きたじまこうすけ)
入江陵介(いりえりょうすけ)
萩野公介(はぎのこうすけ)

体操
田中佑典(たなかゆうすけ)

“すけ”さん大活躍です。

あと、体操は内村航平、加藤凌平が活躍。
サッカーの徳永悠平もいましたね。
“平”さん率もけっこう高し?

PCの前で仕事から逃れようとしている、いつもの飼い主のひとり言でした・・・。
by alexcorgi | 2012-08-05 17:36 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

競泳ニッポン。

a0138134_11202683.jpg

金メダルこそなかったものの、今回の競泳ニッポンは大健闘。

さらに見ていて「爽やか」な素敵な選手ばかりでした。

最終日の花形、男女のメドレーリレー。

男子はこの種目初めての銀メダル。

松田選手の「康介さんを手ぶらで返すわけにいかないと3人で話しました」発言。

思わず4年前の、それこそ“奇跡”の陸上400mリレー銅メダルを思い出してしまいました。

最年長の朝原選手にメダルを!と一致団結したあの時のメンバーの熱い思い。
一人一人の力の総和だけでは測れない、目に見目ない想いが生き物のように結果を生み出すさま。

その事実を再認識して胸が熱くなりました。

基本個人種目である陸上や競泳の選手たちがひとつになる。

それぞれの気持がつながれ、大きなうねりとなって踊りだす。
そして、想いは次の世代に着実に継承されていく・・。

試合後の少年のような素直な喜び具合も素敵でした。

そして女子も!

寺川選手と鈴木選手の晴れやかな笑顔は、個人種目の時より輝いているように見えました。

日本チームの祈りの強さはほかのどのチームに勝るものだったと思います。

ロンドンオリンピック前半を盛り上げてくれた競泳ニッポンの皆さん、お疲れ様でした。
はじける笑顔にたくさんの元気をもらいました。

楽しい時をありがとう。

後半、レスリングに期待してます、飼い主。

さおりん、頼むぞ!
by alexcorgi | 2012-08-05 11:33 | カルチョ/スポルト | Comments(2)

日本、ベスト4一番乗り。

a0138134_22192780.jpg

日本の攻撃の生命線ともいえる永井の負傷離脱。

永井が抜けてからちょっと意気消沈しているように感じられて、
一瞬心配しましたが、持ち直して終わってみれば3-0。

点も入り、しかも4試合連続完封という完璧な展開でした。

日本代表の試合をこんなに落ち着いた気持ちでみられるなんて!
それも負けたら敗退のノックアウトラウンドで!

感慨深いです。

危なげないという言葉がぴったりの内容で、
相手のチャンスを組織できれいにつぶしに行く様は観ていて気持がよいほど。

マヤブログをずっと読み続けているマヤニスタ飼い主的には、
代表レギュラー組最年少(香川と同学年)のマヤが、いじられキャラのマヤが、
やらかし癖のあるマヤが、
チームに安定をもたらして、風格さえ感じさせる雰囲気を醸し出し、
完璧なる守備の統率だけでなく点まで入れる!

もう感無量、恐悦至極。

まだまだ成長途中の23歳。

これからも楽しみです。

アベックでメダルも射程圏内。

がんばれニッポン!

はやぶさが戻ってきてくれることを切に願います。もちろん東もね。
by alexcorgi | 2012-08-04 22:27 | カルチョ/スポルト | Comments(0)