人気ブログランキング |

domani sara' un giorno migliore

alexcorgi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:日本代表 ( 20 ) タグの人気記事

うっちーのメンタル。

a0138134_1333756.jpg

飼い主、ことサッカーに関しては
ユヴェントス>>>アッズーリ>>>>>>>日本代表という非国民であることはいつも言ってますが、
それでもそこは日本人。

にわか印ではありますが応援してました、今朝。

いろいろな意味で差がありすぎて、
どこをどう修正したらいいのかというより、一から出直しレベル?

ブラジルの判断の速さと上手さに、アズだったらどう対応するのか?
すでに心配はイタリアのこと?

フッキやネイマールをユーヴェのバック3人は止められるのか?
あのタフなディフェンスをバロやエルシャーラウィは突破できるのか?

中盤はどちらが制するのか?
ピルロ封じはされるのか?

かなり楽しみです。

日本代表にもどります。
周りが「優勝」と声高に連呼する中で、ひとり冷静に見えたうっちー。
が、試合で一番熱かったのは彼だった気がします。

1対1でも十分に戦えていましたし、
なによりも静かなる闘志を滾らせて、いい顔してました。

今野、吉田は涙目になっていましたし、
長友は自らの優勝する発言を「笑えるレベル」と自虐分析してました。

他の選手も顔におびえが貼りついているようで、
ブラジルをリスペクトしすぎな感が・・・。

戦う男の顔をしていたのは、本田&内田に見えました。

試合の最後、一人積極的に上がって戦う姿勢で仲間を鼓舞しようとしたウッチーの奮闘は、
残念ながら仲間たちには届いていなかったような・・・が、彼がシャルケで培った
闘う男のスピリットは、これからの代表に必要だと思わずにはいられません。


熱い人、冷静な人、いろいろな人がいた方がグループは強固になると思います。

人間往々にして、熱く語る人の方が、折れやすかったりします。

うっちーのマイペースは、隠そうとしても時々零れ落ちてしまう負けず嫌いと闘志は、
彼のしなやかな強さの静かなる証。

試合後のコメントも、もう次の試合にフォーカスされていましたし・・・。

ブレのない強さを持つ彼が、うち(?)の左サイドとどう対峙するか?
見てみたいですね。

今のアズはネイマールのようなポジションの人はいませんが、
左サイド(デ・ロッシになるのか?ディアマンティ?)とどんな絡みになるか、楽しみです。

それともサイドアタッカーとしてジャッケが出るフォーメーションでしょうか?
うち(ユーヴェ)の選手ですが、ジャッケだったら、うっちーの方が有利なような気もします・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
by alexcorgi | 2013-06-16 13:50 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

デルピエロも日本を祝福。

オーストラリアと1-1で分けて、開催国以外で一番乗りでブラジルW杯出場を決めた日本です。

おめでとう。

こんな方も早速祝福を!

いい人だなあ、相変わらず。

ちなみにGazzettaにもザックの日本一番乗り!と記事になってました。

本田の目が気になりましたが、やはり彼がいるとボールが動くし落ち着きます。

そして、香川とのコンビも良かったと個人的には思いましたね。

ただ、狭いところを通そうとしすぎかと・・・・そんなことをしていいのは
ポルトガル黄金世代のフィーゴやルイコスタだけなような気がしないでもないです・・・。

交通事故のような失点でしたが、あれで内田選手を責めるのはかわいそう
(欲目じゃなくて・・・)

かなり広範囲に守備をして、シュートのブロックも多々してましsた。

そして守備のかなめの今ちゃん。
本日も素晴らしかったです、堅実で。

本日一番驚いたのは、試合前に仕事しながら国営放送を聞いていた時・・・。

飼い主の理解力が正しければ・・・・・

本田、香川、長友と同列で日本を支える4人として吉田選手の名が・・・・。

どう考えても同じじゃないでしょう、とにわかの飼い主でも思いますが・・・・。

あまりの吉田さんageに驚いて、思わず久しぶりにテレ朝でみてしまいました。


飼い主が知らないだけで、世間では吉田選手はビッグ4なのでしょうか?
by alexcorgi | 2013-06-05 01:18 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

3-4-3.

a0138134_22433198.jpg

いつまでたっても「にわか」が取れない日本代表ファンの、
真正ユヴェントスファンの個人的な意見です。

今のチームに3-4-3は向かないと思います。

近年、セリエの一部とスペインの一部でちょっと復活した3バック。

しかし、後ろ3枚の能力が高くないと、
両翼がさがって5バックになることもあるこのシステム・・・・。

ユーヴェの3バックは、バルザーリ、ボヌッチ、キエッリーニという
対人に優れ、スピードもある程度あり、ポジショニングも危機管理能力も高いという特徴があります。

さらに、最終ラインから前に展開する力も備わっています。

傲慢な言い方をさせていただくと・・・・そんな3バックを見慣れた身には、
日本のCBは、3バック向きのスキルを持ち合わせていないと・・・・。

とくに吉田麻也選手。

どうしても真ん中に寄ってきてしまうから、内田選手がカバーに入らざるを得ない。

吉田選手、固かったですね、動きも表情も。


左の今野、駒野の方がまだ機能してました。

右サイドが上がれなかったのは、吉田選手のポジショニングによるものなのかなぁ・・・と少し考えた次第・・・。

うっちーも、サイドバックが本職であの位置は向いていないような、現段階では。
まあ、欲目もありますが、前にでないのではなく、出れなかった気がします。

前線はいつものように決定力不足。

前と後ろをつなぐはずの中盤は沈黙気味・・・。

歯車がかみ合っていない印象でした。

前日来日のブルガリア代表にホームで負ける・・・。

ちょっとショッキングです。

しかし、普通に強かったし上手かった、ブルガリア。

そういえば、最近吉田選手が苦手になっている飼い主です。
昨年はちょっぴりマヤニスタ? とか思っていたのに・・・。

テレビでしゃべっているのを見るたびに、違和感というかズレを感じてしまいます・・・。

他の欧州組は、ランクアップすればするほど謙虚になるのに・・・って・・・。

ブログの面白さが下がってきたのと反比例するように
自己評価がうなぎのぼり? というかもともとあったものがダダ漏れに?

ひょっとして・・・・・この人は、旅人の後継者?
とか思い始めている飼い主。

サッカーで魅せてくれるなら、それだけでOKですけどね。
サッカー選手ですからね・・・。


4日、勝つように祈ってます!
波乱が起きませんように・・・・。
by alexcorgi | 2013-05-30 22:56 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

Buon compleanno ucciiii

a0138134_1415143.jpg

日本時間だと25歳のお誕生日を迎えたうっちー。
(イタリア語だとuchidaはウキダになるのでucci~)
おめでとう!

残念ながら日本はw杯予選初敗戦でした・・・。

アッズーリ好きの友人とLINEで会話しながら観戦。
お互い一番はアズなので、ニュートラルに日本を応援できます。

曰く
「ホンダと長友がいないだけで草食系になるよね」

たしかに・・・・・。
お行儀がよい感じです。

「今日決める」と周りが力む中で、
一人涼しい顔で「べつにヨルダンで決まらなくても、次がある。多くの試合の中の一つだ」とウッチー。

こういう肩すかし発言が好きです。
中身は熱いくせに・・・・。

アフリカ大会の予選で活躍しながら本番直前にスタメンから外されたウッチー。

あのトラウマもこういう発言の要因なのでは?と勘繰りたくなることも・・・。

そうそう、LINEでもうひとつ話したのは入場するときとPKの時の選手の表情について。

遠藤のPK失敗、蹴る前に二人とも「失敗」を予想して的中。
入らなそうな顔でした・・・。

さらに、清武の顔が入場時に通常運転じゃなかったことも感じてました・・・・
そうしたら、なんか凡ミス多し。

昨年のユーロ2012の決勝でも、通路に並ぶアズの面々を見て
「だめかも」と思ってしまったら、案の定玉砕しました・・・。
試合前の通路で、すでにスペインに負けていた感じが・・・・。

逆にイングランド戦では、相手GKのハートが完璧なチキンだと思ったらその通りでした。

小さな不安や焦燥は、知らずに顔に出るものなんですね・・・。
深読みしすぎかもしれませんが・・・・。

日本代表、見据える先はもっと遠くのはず、次回ガンバれ!!!
こんなところでビビっているようでは、長い道のりを歩いてはいけません。
(そんなこと、飼い主ごと気に言われる筋合いはございませんが・・・・)

アジアでは並ぶものがない、比類なき強さを発揮してほしいです。

本田と長友の不在は、暑苦しいストイックさを持った個性の欠如だったのでは、と思ったりする飼い主。

前に何かの記事で読んだのですが、
代表戦の帰りのバスの中などで(疲れている帰りというところがミソ)
本田と長友が日本代表の未来を熱く、どちらかというと暑苦しく語るらしいです。

「W杯で優勝するには?」的な話の内容と、あまりの熱さに、誰もついていけないとか。

旅人さんだったらそれで浮いたままなのでしょうが、
そこは本田と長友のチャーミングな部分と本来の人の好さ、
ピュアな部分がにじみ出ていて認められているのか・・・。

それともほかのメンバーの懐が深いのか、それは個性として認知されているのだとか。

いろいろな個性が集まってこそ、より強固な集合体になるのは想像に難くありません。

本田の不在は、数字的なものはもちろん、
スパイス不足的な感じがしてピリッとしない感が漂うのは否めません・・。

そういえば、本田ユーヴェとか、高徳ミランとか、にぎわってました一瞬。

無いとは思うのですが、高徳ミランなんてことになったら、
ますます日本でのユーヴェの地位が・・・・・。

日本人でミラノダービーなんてやられた日には、
誰もユーヴェのことなんて好きになってくれない・・。

本田が、ユーヴェ?

カラーが違うとと思います。

ユーヴェに誰か一人日本人が来るとしたら・・・・・誰がいいのか・・・・。

もの凄く走れるスタミナ。
戦術理解度の高さ。
チームプレーに徹するスピリット。
勝者のメンタリティ。

・・・・・・・・・・誰だろう・・・・・思い浮かばない・・・・・。

ウッチーの同僚のドラクスラーはいいかも、現在の噂の中では。
あ…日本人じゃないか・・・・。

しか~~~し、セリエは貧乏リーグなので、ビッグネームを呼べる魅力と体力がないのが現実・・・。
by alexcorgi | 2013-03-27 02:01 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

遠藤の存在にピルロを重ねてしまう飼い主・・。

a0138134_2145076.jpg

やっと録画しておいた日本代表×ラトビア戦を観戦。

スタメンを見て・・・「細貝が最初から? 清武もいる・・・ってことは・・・」
そうなんです、遠藤と前田がいませんでした・・・今更の話題ですみません・・・・。

そして、うっちーは38度の熱を押してのスタメンだったとか。
のわりに結構攻めあがります。

が、岡崎のワントップのため、いつもの右のコンビネーションはちょっとした違和感を感じさせる展開。

攻めるも攻めきれない、いつもの日本代表。

親善試合だし、しょうないか・・なんてゆるーく見ていたら、うっちーから岡崎ホットライン
(というか、うっちーのシュートみたいなパスに岡崎が触る?)でゴール!

ニュースで知っていてもなんかうれしい飼い主でした。

萌ちゃん、つぶすのはうまいけど展開力が・・・。
前のほうでためてくれる人がいない・・・。

なんていう日本国民の圧力を感じた、イタリア人にしては「空気を読む男」ザックが
後半から遠藤と前田投入。

遠藤さん、やっぱりすごいです。
この人が一人入ると、チームが急に動き出す。

「違いが作れる」お人です。

ほんと“うちの”ピルロさんなみ。

さしずめ前田はうちのヴチニッチ? 前線で起点を作れ、自分も周りも生かせるタイプ。

なんでもユーヴェにたとえてしまう、重症飼い主です・・・。

ザックはメンバーを固定しがちだと批判されることもあるみたいですが、
やはり、違う人は違うんだなあと・・・信頼度が違う気がします。

後半は生き生きとした有機的な日本代表が垣間見られる瞬間も。

香川→本田のホットラインでゴールも決めて、
良い感じでした。

最近ユーヴェの記事がなかったのは、忙しかったのもありますが、
調子悪いんです・・・うち・・・っていっても首位なんですけどね・・・・・。

イタリアのカップ戦「コッパイタリア」ではラツィオに負けて敗退・・・。、
カンピオナートでも格下にカウンターをくらって2敗したりしておりました。

ユーヴェファンのアイドル、希望の星のクラ王子に加えて
ディフェンスのかなめのキエッロも負傷中だったり
チーム事情はよくありません。

おまけに、その姿を初めて見た時から
「サッカー選手というよりバスケット選手のルックスとたたずまい」と批判的に思っていた
問題児アネルカが来てしまいました。

もう33歳ですし、丸くなったのかな?

フランスの一時代を築いたアンリ・トレゼゲに続き、アネルカまで。
意外にフランス人フォワード好きのうち?

さかのぼると、プラティニもいたくらいですからね。

来週からCL再開。

forza Juveeeeeeeeeeeeee!!!

話は変わりますが、うっちーのシャルケはトルコのガラタサライと当たります。

楽勝?

なんて思っていたら、スナイデルとドログバが加入。

歯車が合うと怖い存在になりそうです。
by alexcorgi | 2013-02-08 22:03 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

アッズーリ勝利。

a0138134_10585387.jpg

アズ、W杯予選のデンマーク戦に勝利しました。

入りはよかったのに、徐々にデンマークに試合を支配され
サイドを突破されまくるイタリア。

アウェイなのに臆すること無く攻めるデンマークの姿に、
4時間前に観た日本を重ねる飼い主でした。

で、押される一方だったアズさん、少ないチャンスをきちんとものにして
あっという間に2得点。

最後に決める人がきちんといます。
同じブルーのジャージなのに、そこが違うんだと思う・・・。


実況の青島さん、
「ユーヴェの選手ばかり」というユアンスのことを何度も繰り返しますが、
今回はジジもボヌッチもでていないので4人でした。

「いつもより少ないですよ!」と一人真夜中にひとり突っ込む飼い主・・・。

一切触れられていませんが、、ローマも3人いるんですよ!
と画面にむかって"突っ込みどころでしょ"とむなしく思う。

ちなみに
ユーヴェ4人
ローマ3人
ミラン2人
チェルシー1人
ナポリ1人

でした。

後半早々そのローマのオズヴァルドが一発レッドの退場になるも、
3-1で勝利しました。

まだ4試合消化しただけですが、今のところグループ首位です。

ピルロのパスの精度は相変わらず高く、本当に頼もしい存在。

週末のナポリとの頂上決戦は、
代表選で疲れている選手が4人もいて、その上ジジが不在なのか?

翌週のミッドウィークにはCLもあるので、
過密日程が心配な飼い主です。

ところで日本戦・・・・ブラジルに「フットボールは楽しく、かしこくこうやれ!」
って教えられたような試合でした。

飼い主特にブラジルには思入れはありません。

同じ南米の雄ならアルゼンチン派なくらいですが、
個人の能力が高い上に人を使うこともできる彼らのサッカーは
一サッカーファンとして見ていて楽しかったです。


日本代表はこの時期にブラジルと試合することで得たものは大きいのではないでしょうか。

来年のコンフェデまでに、少しでも課題がクリアできるとよいのでは。

と思いつつ、ブラジル人のDNAに組み込まれたサッカー遺伝子は
日本人が持ち合わせていないものだと思ったり・・・。

と冷静に考える飼い主はやはり今のところ
アズ>>日本代表という非国民のままです。
by alexcorgi | 2012-10-17 10:59 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

にわかじゃなかった!?

a0138134_21482974.jpg

イラク戦、なんとか勝ちましたが、ホームの試合としては消化不良。

欧州組はシーズンが始まったばかりという状況を差し引いても、
選手のコンディションがまちまちで、
チームとして呼応し合っていない感がありあり。

川島に助けられた試合でした。

それにしても・・・本田が旅人系の俺様にならないことを願うばかりです・・。

ウッチーがいないので、少しだけテンション低めの飼い主です。

岡崎、マヤ、清武は顔つきが変わったなあと、しみじみ思う。
より精悍に、より厳しく男らしく。
気持ちの持ちようで顔つきが劇的に変わる、
その若さに垂涎の眼差しを向ける老飼い主・・。

そういえば、先日納戸から資料を出した時に
みつけたものが!

「にわか日本代表ファン」を自認している飼い主ですが、
実はそうでもなかった?

こんな物が…。
a0138134_2148478.jpg


1999年の日本代表や2000年のシドニー五輪予選の
試合パンフレットです。

シドニー五輪の予選は本山、稲本、中田浩二が好きで
国立に行ってました、けっこう。
たぶんもっとあるはず、探せば。

今観ると、小笠原とか、宮本とかその後の日本を支えた選手の顔が。

そうそう、その時代に遠藤を初めて観て
槙原敬之を最初に観たときとおなじ感想を抱いた記憶が…。

「この顔、放送禁止レベル005.gif」(失礼)

遠藤、あの頃より確実にいい男になっています。

1999年は、ユヴェントスファンであっても、
熱狂的と言えるほどのアッズーリファンではまだなかった飼い主。

日本代表の試合、生で観戦してたんですね。
サッカー好きとして。
チケットもすぐに獲れたし、その頃。

そして、こんなものも発見!

a0138134_2150434.jpg

生まれて初めて見たトヨタカップのパンフレット。
93年のものです。
この時に飼い主のイケメンセンサーが働いて
マルディーニファンにならなくて本当によかった。

そのセンサーは96年のデルピエロを見た時に
劇的に反応! 振り切れました、針。

それ以来、ユヴェントスファンです。
ほんと、93年に間違ってミランファンになっていなくてよかった。

バレージやパパンに反応しなかったことを褒めたい(?)

その選手のプレイはもちろん「顔」も含めた雰囲気が好きというのも
けっこう大切な要素だと言い訳をする飼い主・・。

デル・ピエロを好きになり、ユヴェントスを好きになり
今では誰が来ようと出て行こうと
ユヴェントスファンの飼い主。

そういえば仕事でお会いした、某有名スポーツライターさんも言ってました。

「マリオ・ケンペスがあんなにかっこよくなかったら、
これほどサッカーが好きにはならなかった」と。

男性ですらそれなら、女性はなおさらね!

さあ、お楽しみは終わり。
仕事に戻ります。
by alexcorgi | 2012-09-11 21:51 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

お疲れ様でした・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

U23代表、お疲れ様でした。

いろいろな気持ちがあるけど、敗者は多くを語らず・・。

日程が詰まったコンペティションのなかで、
走るサッカーをやり続けるのは困難なのでしょうか?

いろいろと考えさせられました。

難しいですね、サッカーって。


でも、胸を張って帰ってきてください。


けっして男子と女子を同列にして比べるという発想ではなくて
なでしこって、いろいろな意味ですごいと改めて思いました。

U23限定という出発点がそもそも大きく違うわけですが、
想いは下の世代につながることを信じたい・・。
by alexcorgi | 2012-08-11 08:47 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

頑張れ、サムライブルーの巻。

a0138134_13593668.jpg

メダルを掛けたロンドン五輪のサッカーは、「中南米対決」と「東アジア対決」になりました。

欧州人は蚊帳の外・・・。

サッカーにおいて飼い主は韓国に少し特別な負の感情を抱いています。
(サッカーだけですよ・・)

さかのぼること10年前、日韓W杯のベスト16の戦いが、
飼い主の愛するイタリア代表アッズーリと韓国だったのです。

あの時のイタリア代表はサッカーファンだけでなく広く一般に「イケメン軍団」として知られ、
極東の国ではまさかの「ホーム扱い」的な人気がありました。

グループリーグをそんなアットホームな日本で戦って、韓国の地でかの国と合いまみえたアズ。

そこには、大きな横断幕が・・・。

ご丁寧にイタリア語で「ここはイタリアの墓場」と確か書かれていました。

異常ともいえる圧倒的なアウェイの雰囲気。
イタリアに不利な誤審につぐ誤審、
さらにラフプレーで足を踏みつけられて負傷退場した当時うち(ユーヴェ)のザンブロッタ・・。

アズさんたち、心身ともに傷つけられ散りました・・。

そんな記憶を思い出して、奇しくも日韓戦になった3位決定戦に胸が痛くなる飼い主。

A代表は昨年圧勝しましたが、オリンピック代表は?

誇りと威信をかけた戦いに、是非とも勝利してほしいです・・。
頑張れ、サムライブルー!

ってことで、ウルトラマリンブルーのマリボウルとリモージュのサッカーボールのコラボです。005.gif

アッ、でもサムライブルーはA代表の愛称だったりするんだった・・・ま、いいか・・。

韓国サッカーへの感情がイタリアに由来するところが、飼い主の微妙~な立ち位置?
日本人だろ、飼い主・・・。

さすがに、サポーターとはおこがましくて名乗れませんが、
すでに立派な「日本代表ファン(にわか認定)」なのでは? と思う今日この頃。

昨日の試合内容の敗戦が結構堪えましたもの・・。

そういえば先日のeuro2012のベスト8でイタリアにPKの末に敗れたイングランド・・・。
なんと17年間(それとも19年?)もPKで一度も勝ったことがないイングランド・・。

イングランド人のコメントがちょっと笑えるものでした。

「ほんと、マンチェスターユナイテッドのファンでよかったよ。
もしイングランド代表のファンだったら、心が折れるよ。
だって17年もPKで負け続けているだぜ」

とか

「リバプールファンだけど、最近のリバプールとイングランド代表はどっちがひどいかな?
CL決勝でミランにPKで勝利したリバプールのほうが、はるかにましだね。
ほんと、イングランドファンじゃなくてよかった」

とか・・・・。

「他人事なの?」と日本人としては思う・・。

あくまでもクラブチーム>>>>>>>代表なんですね。
イタリアでもよく言われたのが
「代表が一番人気なんて日本は変わっている」って・・・。

イタリア人は普段はアッズーリにあまり興味はありません・・。
トーナメントに勝ち進んでいる調子のいい時だけ熱心に応援します・・。

ちなみに日本人なのにアッズーリを応援している飼い主は「スーパー変な人」認定でした・・。
一応場の空気を読んで、あえて言わないことが多々・・。
by alexcorgi | 2012-08-09 14:09 | カルチョ/スポルト | Comments(0)

日韓戦か・・・。

オリンピック、U23代表メキシコに敗戦です。

敗者は多くを語らず・・・。

足が止まってしまって、得意の機動力や連携がなりを潜めてしまいました・・。

ここ一番で力を発揮する、その難しさ・・。
この経験は将来の財産になることを希望します。

立秋を過ぎた日、昨日までの暑さがと違い肌寒さを感じる日本の朝です。

オリンピックの3位決定戦で日韓戦・・。

メダルは獲得しましょう!
アジアの王者は日本ですから。

選手の心が折れていませんように。
by alexcorgi | 2012-08-08 08:45 | カルチョ/スポルト | Comments(0)